◎正当な理由による書き込みの削除について:1レス¥5000円 1スレ¥20000円の技術作業料が発生します。一回分だけの料金で当方管理下の全サイトで作業が実施されます。支払い方法はAmazonギフト券番号。連絡先は当サイトの登録emailへ。

強制的に知能低下する女の子の小説->画像>11枚


動画、画像抽出 || この掲示板へ 類似スレ 掲示板一覧 人気スレ 動画人気順

このスレへの固定リンク: http://2chb.net/r/eroparo/1348387199/
ヒント:2chスレのurlに http://xxxx.2chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

1名無しさん@ピンキー2012/09/23(日) 16:59:59.86ID:q9tAuZYe
生まれ持っての才能をもった
成績優秀な女の子の知能がみるみる低下してしまうシチュって
すばらしいと思うのです。

2名無しさん@ピンキー2012/09/23(日) 17:02:05.05ID:q9tAuZYe
今までテストで好成績をとって、将来も有望され、人望もあったのに
知能低下することで
がんばっているのに理解できない
今までできたことが全然分からなくなり、成績も急降下で挫折する絶望感が最高

3名無しさん@ピンキー2012/09/24(月) 00:34:01.55ID:o/pN5/A2
催眠術でもかけるか

4名無しさん@ピンキー2012/09/24(月) 01:12:14.48ID:SX5w9iZ+
スレチイを見た瞬間、エロ版「アルジャーノンに花束を」を妄想した。
知的障害で性的虐待をされているが、善悪の判断がつかない。
→手術で知能が高くなり、自分がされている事が、悪い事だと知り、拒絶。
→再び知能が低くなり、快楽に溺れていく。

5名無しさん@ピンキー2012/09/24(月) 01:14:02.51ID:SX5w9iZ+
>>4
スレチイじゃなくて、スレタイですね。酔っていて、ごめんね。

6名無しさん@ピンキー2012/09/25(火) 05:29:19.07ID:c3lk8Jxq
これはいいスレ

7名無しさん@ピンキー2012/09/25(火) 09:04:26.35ID:GLA5tJQ3
進学校に通っていた超優等生の子が低下して今まで蔑んでした底辺校に通わされて今度は自分が馬鹿にされる立場になってしまうようなのが定番かな?

8名無しさん@ピンキー2012/09/25(火) 21:15:36.89ID:CtV1hH4z
借金のカタに、薬で知能入れ替えとかも面白い

9名無しさん@ピンキー2012/09/26(水) 23:11:25.95ID:Vv8Bkncg
既存スレで対応可能だろクソスレ立てまくるな馬鹿野郎

10名無しさん@ピンキー2012/09/27(木) 21:03:51.69ID:7RkSKjXb
好きなシチュなんだが、作品はまだかね

11名無しさん@ピンキー2012/09/28(金) 22:04:40.15ID:nJRWZdR7
まだです〜

12名無しさん@ピンキー2012/09/29(土) 05:34:09.34ID:pHT34/gU
女の子が絶望するのに馬鹿だから理解できないということか

13名無しさん@ピンキー2012/09/30(日) 13:18:42.18ID:/1avR2/9
これいいな
今まで優等生だった女の子が馬鹿にされるようになるんだろ

14名無しさん@ピンキー2012/09/30(日) 19:15:51.11ID:930aUf+4
具体的にどんな作品だ

15名無しさん@ピンキー2012/10/01(月) 01:56:00.34ID:10HyxDUO
それをこれから作っていくんだよ
言わせんな

16名無しさん@ピンキー2012/10/01(月) 11:22:36.25ID:8gDQCXwB
「成績優秀だった女の子が、馬鹿になるシチュ」次スレみたいなもんか

17名無しさん@ピンキー2012/10/01(月) 13:55:21.17ID:r+EYKu8U
このスレの趣旨的には、精神的幼児退行とかも含まれるんだろうか?
皆の衆は、どっちにより萌えるんだろうか?
1:元々頭が良かった事自体は覚えており、できたことができなくなって行く事に恐れを抱く女の子
2:本人には自覚なく、頭の悪い自分を疑問にも思わない女の子

18名無しさん@ピンキー2012/10/01(月) 18:26:07.32ID:10HyxDUO
>>17
1からだんだんと2に移行していくのが好きだわ

19名無しさん@ピンキー2012/10/03(水) 23:59:34.41ID:vqdhlCVk
まず1つ作品が欲しいな

20名無しさん@ピンキー2012/10/04(木) 23:23:39.04ID:MMPYgl4G
>>17
プライドの高い優等生が不可逆的に幼児退行していって
最後は一人で何も出来ない赤ん坊同然の頭になっちゃう…ってネタが浮かんだ
>>18みたいなシチュもそそる
悪堕ちの一種みたいなものかな?

21ケン2012/10/05(金) 03:10:37.48ID:UdFI29ag
関東近辺で金蹴りしてくれる女性の方いませんか?
171cmの30歳男性です。
よかったらメールください(#^.^#)
kimuken1111あgmail.com

22名無しさん@ピンキー2012/10/08(月) 00:38:57.00ID:ATSnzQDo
>>21
知能低下していくんだからそんなことしてる余裕ないだろ
焦りとか恐怖とかでいっぱいのはず

23名無しさん@ピンキー2012/10/09(火) 00:44:10.53ID:2pN4elYW
そりゃ金蹴りしてる余裕はないわな

24名無しさん@ピンキー2012/10/09(火) 02:30:24.38ID:VhfzBmfI
たぶん知能が低下しきったらあんまり興奮できない
知能が落ちていっていると自覚している状態が至高

25名無しさん@ピンキー2012/10/12(金) 21:05:22.77ID:C/2owNOy
生まれつき頭がいい学年1番の女の子なんだけど
頭が良いことを鼻にかけてて
周りのことをバカにしてたんだけど
ある日、不思議な力で
突然知能が下がりだして
最後には、その日の宿題も分からなくて
今まで馬鹿にしてたクラスメイトに聞きまくるようになるっていう話はまだですか?

26名無しさん@ピンキー2012/10/12(金) 21:11:35.88ID:C/2owNOy
超頭が良くて、あんまり努力しなくても
才能だけでいつも学年1番の女の子がいて
その女の子はそういう境遇から
性格もすごい優しくて、気品があって、尊敬されてるんだけど
目茶苦茶がんばってもがんばっても、万年中位下の
才能のない女の子に1日だけという条件で
知能入れ替えの術をほどこされた結果
一生知能が入れ替わったままになって
最初は、努力でテストの点をカバーしようとしたけど
今まで分かってた物が
勉強しても勉強しても分からなくて
成績最悪で性格も歪んで
今まで手にしていた地位から転落する女の子の話でもいいです


27名無しさん@ピンキー2012/10/12(金) 21:13:34.75ID:C/2owNOy
それか単純に
成績トップの女の子が
万年2番の女子から逆恨みされて
オナニーする度に少しずつ馬鹿になる黒魔術をかけられて
我慢するんだけど
その術と同時にかけられた淫魔術のせいで
我慢できずにオナニーしてしまって
それからはなし崩し的に
どんどんオナニーを重ねて、バカになっていく話でもいいです

28名無しさん@ピンキー2012/10/13(土) 04:31:08.71ID:JsOTJ8fN
大麻吸うと知能下がるよ。
普通は一時的なものだけど、長期乱用すると回復しない。
合法ハーブもカンナビノイド(大麻)系のはそうなるはず。
合法ハーブはエロに効く物もあるから、そういうのを吸ってるという設定がいいのでは?
そういえば「ケミカルハッピー」という同人誌で、ハーブ吸ってセックスする女の子が描写されてたw

29名無しさん@ピンキー2012/10/21(日) 08:34:43.93ID:c+RkCGn4
ケバ化よりもこのスレに期待する

30名無しさん@ピンキー2012/10/22(月) 04:22:18.65ID:nPCsTukU
ケミカルハッピー買ってみたが
アレ絶対作者もハーブやってるだろw

31名無しさん@ピンキー2012/10/26(金) 21:23:01.73ID:UjXUeupN
優等生堕落スレにこのスレっぽいのがあった。
知能じゃなくて、才能とレベルだったけど

32名無しさん@ピンキー2012/10/27(土) 12:08:23.69ID:VU7pek8t
白痴萌えもここでいいっすか?

33名無しさん@ピンキー2012/10/30(火) 21:45:45.98ID:wmn8B0ZC
そのままいけばエリートなのに、つまらないことで下流の人間になるのはいいな

34名無しさん@ピンキー2012/11/06(火) 21:25:33.09ID:hWlonUSo
交換条件とか?

35名無しさん@ピンキー2012/11/12(月) 00:01:56.49ID:TnkzpwG2
>>25-27
よし、お前が書くんだ

36名無しさん@ピンキー2012/11/13(火) 03:30:40.56ID:CFFYmGiJ
作者が削除しちゃったんだけど、天才 科学者が歴史改変に部下の裏切りで失敗してすごい馬鹿になっちゃう小説があったな

37名無しさん@ピンキー2012/11/13(火) 11:15:10.56ID:xQoZCmrm
>>36
未完だが保管庫にあった
www40.atwiki.jp/odchange/pages/186.html

38名無しさん@ピンキー2012/11/14(水) 00:02:11.89ID:DQzUi6Nh
ウイルスに感染して徐々にゾンビになってしまうとか

39名無しさん@ピンキー2012/11/14(水) 03:23:03.44ID:UnoHUv7r
それだとエロゲの姦染が近いかな

40名無しさん@ピンキー2012/11/23(金) 11:25:06.18ID:KSVMQHMU
新作まだか

41名無しさん@ピンキー2012/12/03(月) 14:32:53.85ID:Xr8/6zhh
頭悪くなる女の子に興奮するとか趣味が悪いな

42名無しさん@ピンキー2012/12/12(水) 21:29:17.35ID:bpWJhXMh
雑談スレ

43名無しさん@ピンキー2012/12/23(日) 23:41:29.18ID:LnS5Rn1x
介護プレイ?

44名無しさん@ピンキー2013/01/03(木) 21:59:46.93ID:J9gfs34i
あけおめ

45名無しさん@ピンキー2013/01/16(水) 21:53:56.40ID:q3yxCm+5
具体的にどういうシチュをいうんだ
超能力とかか

46名無しさん@ピンキー2013/01/28(月) 02:37:19.88ID:QvFimbWh
そもそもこれ優等生堕落系スレの亜種だろ
あそこの住人は類似スレ立てすぎ

47名無しさん@ピンキー2013/02/17(日) 22:15:42.95ID:hSEJQwzW
1つも作品がなく落ちるとか好きなシチュだけに惜しい

48名無しさん@ピンキー2013/02/18(月) 03:30:35.17ID:rcyTtYb3
馬鹿になるスレのときに
これとピッタリのシチュのが投下されたことがあったな。

49名無しさん@ピンキー2013/02/22(金) 11:19:22.86ID:nQW6gj2s
僕にとって姉は憧れの存在だった。
スポーツ万能で成績優秀、そのことを鼻にかけることもなかったから周りの誰からも慕われていた。
つややかな長い黒髪と気品さを感じさせる表情も姉の怜悧さを際立たせていた。
順風満帆そのものだった姉の人生が変わってしまったのは今から三年前、中学二年生の冬の時だ。

50名無しさん@ピンキー2013/02/22(金) 11:47:32.42ID:nQW6gj2s
その日の姉は昼ごろから体調がすぐれなかったらしい。
学校から帰宅した後すぐに近所の診察所に行き、そこでインフルエンザと診断された。
インフルエンザに罹ったことは気の毒だったが、2、3日もすれば回復するだろうと僕は楽観的に考えていた。
姉の病状が急変したのは翌日の朝だった。突然、姉の体がけいれんを始めたのだ。
全身をガタガタと震わせ、何らかの幻覚に怯えて僕や母親の呼びかけには反応することはなかった。
救急車に搬送され、姉は市立病院へと入院することになった。医者からはインフルエンザ脳炎の状態にあると告げられた。
意識の混濁した状態が長く続いたが、何とか姉は危篤状態から脱することは出来た。
だが、脳炎の後遺症で姉の利発さは消えてしまっていた。

51名無しさん@ピンキー2013/02/22(金) 12:20:46.62ID:nQW6gj2s
姉の知的レベルは三歳児程度にまで退行してしまっていた。
突然泣き出したりするなど、情緒も不安定になり、自分の意志を上手く伝えられなくなったからか、一人でトイレに行けずに粗相をするようになってしまった。
このような状態で、今までの学校に通学することは不可能だった。
厳しい受験を勝ち抜いて合格した名門の私立校だったが、姉の進学の道は閉ざされてしまった。
現在、姉は地元の養護学校に通っている。

52名無しさん@ピンキー2013/02/22(金) 12:24:53.69ID:qfwDxPTS
素晴らしい

53名無しさん@ピンキー2013/02/22(金) 12:27:10.18ID:nQW6gj2s
姉の境遇を聞けば大抵の人は、憐みと同情の感情を抱くだろう。僕もそうだ。
だが同時に僕は、姉が周囲の期待に応え続けることへのプレッシャーに苦しんでいたことを知っている。
その重圧から解放されたことは姉にとってわずかながらも幸福なことであったのではないか。
屈託の無い笑顔を見せるようになった姉を見るとそんな考えが頭の中に浮かぶことがある。
何かスレの趣旨とはズレてしまったかも
連投してごめん

54名無しさん@ピンキー2013/03/13(水) 19:43:54.89ID:ezMX3Ca7
女「おぎゃwww相対性理論おいしいれす(^p^)」

55名無しさん@ピンキー2013/03/27(水) 21:17:21.88ID:JmB+C/+N
勉強すればするほど知能が低下する。
エッチすればするほど知能が上がる。
女A「どうして勉強しているのにわからないの!理解できないの!」
女B「やべ、なぜか学年1位になっちゃったよあたし」
女Aは貞操観念が強いが為に、
女Bはビッチな為に。

56名無しさん@ピンキー2013/03/31(日) 22:36:10.43ID:dJKVLaGN
知能が下がっていく事に苦悩してあがくんだけどどうにもならずに最終的に自分が優秀だったことも忘れてしまうくらい知能が低下するのがいい

57名無しさん@ピンキー2013/04/13(土) 08:51:57.35ID:XfLFEgek
駅の階段でぶつかった真面目な女子高校生とギャル高校生が入れ替わり、
真面目な女子高生はギャル高校生の体になって、体が求めるままに、SEXや飲酒、タバコ・・・
元に戻ったときはしゃべり方もギャル高校生になっていて、速攻ギャル高校生のファッションに変身。
金髪、ミニスカ、ピアス。勉強もしなくなって、どんどんおばかに、ビッチに成り下がる。こんな感じは?

58名無しさん@ピンキー2013/04/13(土) 20:23:23.06ID:u6YeWZ2/
書いてください

59こいのぼり2013/05/20(月) 14:56:05.84ID:S8Xlnp+J
57です。
「優等生を堕落させたい2」の910〜に投下しましたが、状況設定がうまく書けずに挫折しました。
自分の中では、ギャルの体になった真面目な優子の精神が、ギャルを装ううちに、「これ位いいよね」「彩ならこれ位するし」
と自分から彩になりきっていき、楽な方楽な方に染まっていくことを表したかったのですが・・・
逆に彩は、真面目な優子の体を扱えなくて、頭が覚えていることをそのままストレートにしてしまうとか、
例えば、机の上にあったタバコを咥え、火を無意識につけて吸ってしまっているとか。
体の疼きに耐えられなくなって、夜の街に繰り出し、行きずりのSEXをしてしまい、お金までもらって自己嫌悪に落ちるとか。
ネタを頭の中だけで妄想していることしかできません。
当面SSに挑戦することは止めます。

60名無しさん@ピンキー2013/05/23(木) 08:21:48.42ID:QzGeTKXj
残念。誰かいませんか?

61名無しさん@ピンキー2013/05/29(水) 01:02:06.30ID:QSbZ6z4u
おむつ的妄想スレの七夕の話とかこれに近いかも。
元の子は優秀な子でもなんでもないけど。

62名無しさん@ピンキー2013/06/04(火) 07:15:22.93ID:+HG8Q4BT
過疎
保守

63あは〜んNGNG
あは〜ん

64名無しさん@ピンキー2013/06/21(金) 21:33:24.24ID:Q0gqLbmz
強制的に知能低下する女の子の小説->画像>11枚
強制的に知能低下する女の子の小説->画像>11枚
強制的に知能低下する女の子の小説->画像>11枚

65うふ〜んNGNG
うふ〜ん

66名無しさん@ピンキー2013/07/30(火) NY:AN:NY.ANID:u1FW6ziG
知能低下してほしい

67名無しさん@ピンキー2013/07/30(火) NY:AN:NY.ANID:J5Hr2S7o
なるたるに幼児退行しちゃう子いたな

68名無しさん@ピンキー2013/08/16(金) NY:AN:NY.ANID:OynL+V2P
>>67
あれは良かったね
喰霊とかうたわれるものとかも良かった

69名無しさん@ピンキー2013/09/07(土) 20:20:55.84ID:YCcUgkh+
うーん

70名無しさん@ピンキー2013/09/10(火) 07:13:58.24ID:RclWCrQR
成績優秀で真面目な女子高校生がライバル友人の陰謀で、ボーイフレンドを紹介され、
かれからSEXの手ほどきを受け、SEXを知って、真面目な探究心からのめり込む
勉強もおろそかになり成績は急降下、学校にも居辛くなり、サボることを覚え繁華街に、
元々淫乱な素質があった彼女は、彼氏だけでは物足りなくなり、円光で親父のねちっこいSEXも経験
中学時代のヤンキー先輩に円光しているこが見つかり、ヤンキーのセフレに
毎日サルの様にSEXしていると楽しくて家出状態でカレの家に住み着く
彼の求めで、言われるままにギャル化して、金髪・ピアス・タトウーまで彼の趣味に染まり
タバコから薬物にまで手を出し、知能低下は一層進み、優等生時代の面影はない
一度家に帰るも、変わり果てた娘の姿としゃべり方に驚愕、妹に悪い影響を与えるとの考えから見捨てられる
親からも見捨てられ、アホ馬鹿ギャルビッチの完成、学校も退学なり真面目な少女がまた一人いなくなった
こんな実写見てみたい

71名無しさん@ピンキー2013/09/19(木) 07:13:30.25ID:hcPFBxf0
優等生を堕落させたいスレが4に更新されて、盛り上がっている
こちらにもSSの投下ないかな?

72うふ〜んNGNG
うふ〜ん

73名無しさん@ピンキー2013/10/01(火) 07:22:14.52ID:Cef0DMsK
職人さんいませんか?

74名無しさん@ピンキー2013/10/01(火) 12:36:43.56ID:TH8mRM5x
涼宮ハルヒが馬鹿になって
今まで馬鹿にしてたコンピ研その他の
学校中の男どもに全裸で飼われて輪姦されまくる
孕まされて妊婦腹になって泣いてるんだけど
何で自分が泣いてるのか解らない程知能低下してる

75名無しさん@ピンキー2013/11/02(土) 09:49:49.73ID:FH0XpwF0

76名無しさん@ピンキー2013/11/17(日) 18:00:48.23ID:lICfddAh
ハルヒが馬鹿になる…
のss書けそうなんですけど
書いてもいいです?

77名無しさん@ピンキー2013/11/17(日) 19:41:52.43ID:km5tI6af
うぇるこめ

78ss初心者2013/11/17(日) 23:27:38.88ID:lICfddAh
文芸部室にて。
ハルヒ>ニヤニヤ…
キョン>(何をニヤニヤとしているんだ?珍しい。)
ハルヒよ。一体何を見てるんだ?
ハルヒ>強制的にバカにさせられる優等生のシュチュのssに決まってるじゃない!なんだかハマるわぁ!ほらっ!キョンも読みなさいー
キョン>(なんだぁ?この胸糞悪いはなしは。)
そんなに、おもしろいか?
ハルヒ>まったくっ!見る目が無いわねーっ!
キョン>(そういや明日から期末だよな。)
そうかい。

79名無しさん@ピンキー2013/11/28(木) 17:21:03.18ID:2Utpl9Zr
続きは?

80名無しさん@ピンキー2013/12/03(火) 12:09:23.81ID:FkEVFm9O
9月14日
中学生を誘拐した。
―運転中に偶然見かけた女子生徒に欲情し、無理矢理車に押し込み、自宅の地下室に監禁―
自分でも随分と行き当たりばったりの行動をしたものだと思う。一連の犯行を目撃されなかったのは幸運であった。
しかし、後始末の事を考えると気が滅入る。体を縛られた状態ながらも女子生徒は僕に対して罵りの言葉を浴びせてきた。
その内容は、「どうせすぐに捕まるのだから早く私を解放しなさい」とか「こんな方法でしかコミュニケーションが取れないのか」といったものだ。
よく見れば気丈な態度を保っていると言えるだろうが、僕にとっては偉そうで生意気な子供でしかない。凌辱を加える前に何か手を打たなければならない。
手っ取り早く女子生徒を殺害してしまい、その後屍姦するという案を最初に思いついた。
だが、死体遺棄によるリスクや、楽しみがすぐに終わってしまう事を考えるとそれを実行する事は出来ない。
うまくあの女子生徒を口封じ出来る方法を他に考えなくてはいけない。

81名無しさん@ピンキー2013/12/03(火) 12:23:59.28ID:FkEVFm9O
9月15日
睡眠を取った後、薬物を使用するアイディアが浮かんだ。
直接的な暴力で屈服させる事が出来ないのであれば精神に揺さぶりをかければいいと思いついたのだ。
覚せい剤や大麻では足がついてしまう恐れがある為、不審に思われない購入理由を考えてからホームセンター等で大量にシンナーを購入した。
二段式の台車を引きながら、地下室へ行くと女子生徒から罵りの言葉を浴びせられた。当然だろう。
それには耳を貸さずに僕は「小便はしないの?手伝ってあげるけど」と床にあるバケツに目線を移しながら尋ねた。
逃亡される事がないよう、用を足す時は僕の介助によって用意したバケツで済ませる事になるとは言っておいたのだが、
女子生徒からは「あんたみたいな男の前でそんな事する訳ないでしょ!」と返された。
「じゃあ、食事にしよう」と言っても「どんな物が入っているかわからないご飯なんて食べないわ!」と同じ調子で突き返された。
僕のような変質者に放尿の様子を見られる事や手助けをされる事を嫌がっているのだ。まあ、これも当然の事だろう。しかしこちらにとってそんな意思はどうでもいい。

82名無しさん@ピンキー2013/12/03(火) 17:57:47.56ID:w9IHI+XC
期待してる

83名無しさん@ピンキー2013/12/03(火) 23:41:53.36ID:FkEVFm9O
「それならこれを最初にしちゃおう」
そう言って下の段に置いてあったシンナーの一斗缶を目の前におくと、それまで強気だった女子生徒の表情がにわかに強張った。
「な…何をするつもりなの……?」と恐る恐る尋ねてきた女子生徒に対して僕は答えた。
「これはね、シンナー。君に吸ってもらおうと思って」
「な、何でそんな物を吸わせようとするの!?」
「いやー、仮に君に逃げられちゃうような事があったら色々面倒でしょ?出来るだけ長く一緒にいられる方がいいしね」
ビニール袋にシンナーを注ぎながら女子生徒の顔を覗くと、怯えの色を見る事が出来た。
どうやら僕が身代金目的で自分の事を誘拐したと考えていたらしい。身体に直接危害を加えるような真似はしてこないとでも踏んでいたのだろう。とんだ見当違いだったが。

84名無しさん@ピンキー2013/12/04(水) 00:36:50.87ID:uQMRCv24
>>82さん、ありがとうございます

「や、やめて…そんな物を吸わされたら、わ、私…」
「まあ、吸ったら吸ったで結構いい気分になれるかもしれないし。物は試しだよ」
「ご、ごめんなさい、今までの事は謝りますから、ゆ、許して…」
許しを懇願する女子生徒の言葉に適当な相槌を打ちながら、僕は彼女の顔をビニール袋で覆うとした。
だが彼女は必死に体をよじって袋から逃れようとする。
「あんまり手荒な事はしたくないんだけど…しょうがないな」
ひとまずビニール袋の口を閉め、床にゆっくりと置いた。そして、女子生徒の方を向いて―
ドゴッ
右足でみぞおちを思い切り蹴り上げた。
「ウグッ…!」
たまらず嘔吐する女子生徒。一回だけでは不十分だ。7、8発続けて腹を蹴る。鈍い音がしばらく地下室に響いた。
腹部への蹴りを止めると女子生徒は再び嘔吐し、制服の胸元を吐瀉物で汚した。
「う…うぅ…」
ぐったりとした様子の女子生徒を抱きかかえて椅子に座らせ、縛られた状態の手足を椅子の骨組みへとさらに縛りつけた。
性器に血の滾りを感じながら僕はビニール袋を再び手に取った。
「ようやくやりたい事が出来るよ」
そう呟きながら僕は彼女の口と鼻をビニール袋で覆った。

85名無しさん@ピンキー2013/12/04(水) 17:24:38.94ID:CV2PwAYd
これはいい流れ

86名無しさん@ピンキー2013/12/05(木) 07:07:25.37ID:BdssRKEd
84>>さんGJです
久々に期待の予感、気長に待つ

87名無しさん@ピンキー2013/12/05(木) 21:45:50.82ID:ebLd5DDZ
気化したシンナーを吸引し始めると女子生徒の表情は次第に弛緩したものになっていった。
意識が朦朧となっているのか、どこか眠たげである。
吸引から5分ほど経ったところで女子生徒の様子に変化が現れた。
制服のスカートに吐瀉物とは違う染みが現れたかと思うと、それはじわじわとその面積を広げていった。失禁したのである。
女子生徒はこの地下室に連れてこられてから一度も用を足さなかった。僕に対して放尿の様子を見せる事を何としても避けたかったのだろう。
一日以上も尿意に耐え続けた女子生徒に対して僕はある意味感心した。が、その努力も結局は無駄に終わってしまった。
「オシッコさせる手間が省けたね」
ビニール袋を外すと女子生徒の顔は、吐瀉物と涎と鼻水、そして涙でくしゃくしゃになっていた。
変質者によって自分が無様に失禁させられた事実を受け入れる事が出来ないようだ。
「そう落ち込まないでよ。こういうのは我慢し続けると体によくないよ。それに久しぶりに思いっきり出せてスッキリしたんじゃない?」
そう僕が言うと女子生徒は声を上げて泣き始めた。
地下室に響く泣声を煩わしく思いながらも、僕の心は充実感に満たされていた。
「とりあえずこのままだと風邪ひいちゃうから下着とスカートは脱がすね」
骨組みに括り付けられたロープを外し、僕はスカートに手をかけた。女子生徒にはもう抵抗する気力はないようだ。

88名無しさん@ピンキー2013/12/06(金) 07:24:14.91ID:kk3pqoNm
おおっ!
今日もありがとう
ますますよい展開

89名無しさん@ピンキー2013/12/07(土) 22:12:30.92ID:MNrrRuqa
応援して頂き本当にありがとうございます
続きを投稿します

スカートと同時にパンツを脱がし、台車の方へと放る。
まだ毛の生えそろっていない局部に目を向けながら下履きを全て脱ぎ捨て、僕は女子生徒の胸元に手を伸ばした。
シャツを引きちぎって白のブラジャーを剥ぎ取ると、控えめながらも健康的にピンと張った乳首が露わになる。
左側の乳首を指先で摘むと、女子生徒の体が小さく震えた。
「本当なら沢山遊んであげたいけど…あまり長い時間は我慢できないから巻いていくよ」
そう言いながら僕は右の乳首に吸い付く。

90名無しさん@ピンキー2013/12/07(土) 22:14:33.01ID:MNrrRuqa
女子生徒の嗚咽に喘ぎが混じってきた事を確認して、僕は左手を局部に伸ばした。
先程失禁した際の尿とは異なるぬめりの液体を掌に認め、僕は顔を上げた。
すでにいきり立っているペニスへコンドームを付ける。
本当ならこんな物は付けたくないのだが、
女子生徒が妊娠してしまったら後々面倒な事になるだろうから致し方ない。
ペニスは既に爆発寸前といった様子であり、僕は自身の早漏を呪った。
だが、目前に待ち受ける快楽の前にすればその事は許容出来た。
女子生徒の太ももを左右それぞれ掴み、間髪入れずにペニスを性器へと挿入した。
「ぎっ…!」
女子生徒の苦悶の表情と悲鳴を前に、早くも僕は絶頂を迎えようとしていた。
ここでもう射精してしまうのか。不本意だ。
「あぁ畜生!ざっ残念だけど、ここで出すっ!」
叫びと同時にコンドームの中が精液で満たされた。勿体無い。だがとりあえずの目的は達成する事が出来た。ひとまずは納得しよう。

91名無しさん@ピンキー2013/12/07(土) 22:18:55.15ID:MNrrRuqa
ペニスには、混ざり合った愛液と血が絡みついていた。
中学生であるから当然処女だろうとは思っていたが、この血を見て僕は女子生徒の処女を奪う事が出来た喜びを噛みしめた。
女子生徒は強姦のショックで放心した様子だった。そんな彼女の為僕は耳元に口を近づけた。
「そんなに落ち込まないで。これからは君には沢山シンナーを吸ってもらうよ。そうすればセックスも段々楽しくなっていくはずだからさ。」
破いた服の代わりはちゃんと用意するから心配しないでねと付け加えて、僕はシャワーを浴びる為に地下室を出た。

92名無しさん@ピンキー2013/12/08(日) 00:30:21.31ID:r48kbbiw
12月14日
女子生徒を監禁し始めてから三ヶ月が経った。
あれから女子生徒の素性に関して、本人やテレビ等での報道から色々と情報を得る事が出来た。
女子生徒の実家は僕も何度か世話になった事がある大病院を経営しているようだ。
着ていた制服から、彼女が地元でも評判の良い中高一貫校に通っていた事はわかっていたが、
彼女は学内でも特に優秀な生徒として一目置かれていたらしい。
両親のような医者になるという目標を達成する為、一際勉強に取り組んでいたようだ。
中学生の割に僕よりもよっぽど意識が高いと言えるだろう。
だが、ここ三ヶ月の間に僕から受けた処置によってその夢を叶える事は困難となったかもしれない。
最初にシンナーを吸引させた日から今日まで、僕は彼女に対して昼夜問わずに様々な有機溶剤を吸引させ続けた。
最初の内は抵抗を示していたものの、二週間程経過した頃からは次第に自分から薬剤を求めるようになり、今では完全に中毒者と化してしまっている。
表情からは監禁直後に見られた気丈な態度は消え失せ、口元から涎を垂らしながら虚ろな目を天上に向けている事が多くなった。
排泄に関しても、暴行から逃れる為にバケツでの処理を受け入れるようになった。
しかし、ここ最近ではバケツを用意する前に粗相してしまう事が度々ある。吸引の影響で体が思う様に動かないのだ。
いずれも監禁開始直後からは想像出来ない姿である。

93名無しさん2013/12/12(木) 19:10:17.88ID:syMwHC8a
私的にむっちゃ良かったです( ̄^ ̄)ゞ

94802013/12/15(日) 16:23:25.31ID:g4wtSk8P
>>93さんありがとうございます。
話を中断したままで放置してしまい申し訳ございません。
時間が取れ次第、作品を再び投下していきたいと思います。
勝手なお願いでありますがどうか気長にお待ちください。

95名無しさん@ピンキー2014/01/05(日) 00:24:52.53ID:pfE18WA3
永遠に待ち続ける

96名無しさん@ピンキー2014/01/19(日) 21:20:40.88ID:+QNLX6ae
知能を低下させたら、セックスの知識も失われる。

97名無しさん@ぴんきー2014/01/20(月) 17:28:27.78ID:YizmxUBj
この板のシチュ好きなのに、作家さんあんまりいないよね……。

98名無しさん@ピンキー2014/03/04(火) 21:47:12.77ID:DL7ibk3Q
旧劇のその後って感じの
「痴呆状態で全裸のアスカに、優しくご飯を食べさせて、甲斐甲斐しく介護しているシンジ」
という絵が良かった。

強制幼児退行ってこのスレに合うかなあ。
ピシッとスーツを着こなした、頭のキレる女性が5歳児以下の知能にされて……
少女趣味な服を着たり、女児向けアニメの「なりきりセット」みたいな玩具で遊んだり。

99名無しさん@ピンキー2014/03/09(日) 22:10:42.00ID:9avSohST
>98
いいねーwそんな感じの。
みなさん、このシチュのssを読みたいときってどんなサイトみます?

100名無しさん@ピンキー2014/03/19(水) 07:19:33.39ID:K1+LvvkD
やっぱり薬物系じゃないと強制的には知能低下しないかな
監禁・調教してSEX漬けで色ボケにしてしまうのが好きなんだが
そういうのは、どう?

101名無しさん@ピンキー2014/03/20(木) 08:19:52.05ID:4UBwi2VV
>>98
>>100
どちらのシチュエーションも好き

102名無しさん@ピンキー2014/03/29(土) 07:22:46.70ID:LHymlKYB

103名無しさん@ピンキー2014/04/01(火) 17:59:40.14ID:Pj1U/xHb
中学の時の女友達がシンナーやってて不登校なってたけど、
あうあうあー的な感じになってたらしい。

104名無しさん@ピンキー2014/04/02(水) 22:59:05.07ID:Q76XDOi9
知能低下の方法で知能入れ替えとかもありじゃないですか?

105名無しさん@ピンキー2014/04/04(金) 00:09:35.17ID:p0qc4F+6
女の園な女学園が乗っ取られて学園ごと総魯鈍化
獣同然に堕とされた少女たちの狂乱地獄が出現

106名無しさん@ピンキー2014/04/05(土) 09:28:43.58ID:NNrwU5Ix
>>104
ありあり

107名無しさん@ピンキー2014/04/05(土) 18:07:37.23ID:6Rj0v2fC
知能入れ替えの場合対象はなにが好きなんですかねー。
優等生→不良
→小学生
→赤ちゃん
→動物(?)
だいたいこんなもんですかね。
気が向いて時間があったらみじかいやつ書こうかな。

108名無しさん@ピンキー2014/04/05(土) 18:26:17.28ID:LNUgJ41Q
OLやキャリアウーマンと幼稚園男子の知能を入れ替えとかどうだろう

109名無しさん@ピンキー2014/04/10(木) 18:19:05.31ID:YLzspy23
知能入れ替えなら同年代の方が好みかなあ
その方が優等生と劣等生のギャップが生えるし屈辱も大きくなる気がするんだ

110名無しさん@ピンキー2014/04/16(水) 15:52:50.46ID:QF5rzHKO
〜能力コピペ〜
優等生から励まされた劣等生がそれを嫌味に感じ、昨夜手に入れた能力で自分と同程度の知能にしてしまう。しかし、なぜか劣等生の知能がだんだんと上がっていき立場が逆転。
〜妹の黒魔術〜
頭の良い、中3の姉に小馬鹿にされ学校でみつけたおまじないの本に従うとなんと、知能が入れ替わってしまった!
小2の頭になってしまったお姉ちゃん、受験日までに戻らなければっ。

111名無しさん@ピンキー2014/04/16(水) 18:56:13.67ID:hJWavtzz
>>110
能力コピペの方は読んでみたいネタだな

112undefined2014/04/18(金) 19:11:16.11ID:IgE+h67P
黒魔術の方読んでみたいです。

113名無しさん@ピンキー2014/04/18(金) 21:14:07.57ID:fXFSZDCW
OLやキャリアウーマンと幼稚園男子の知能を入れ替え。。。
なかなか話が浮かばなくて私じゃ書ききれないかも。
どちらも見たいと言われたので、
落ちは思いついていた
能力コピペの方から書いて行きたいと思います

114undefined2014/04/18(金) 22:59:15.33ID:IgE+h67P
頑張ってください。
期待して待ってまーす。

115アキ!2014/04/19(土) 00:11:56.72ID:+ZDggOZO
投稿者名があった方がいいのかな?
〜能力コピペ〜
キャラ紹介。随時追加していくつもりです。
優等生
…中村 愛
…明るく元気で趣味はダンス。なんでも要領良くこなすためあまり苦労はしていないが、しっかり勉強もする女の子。クラスの委員長的存在で、尾崎とは幼馴染である。
劣等生
…尾崎 楓
…よく遊び呆けており、中学時代に積み上げてきた知識が崩落しているにもかかわらず、それを否定している子。クラスのチャラい系グループにいる。
どちらも、(高2の16歳)



それでは、始まり〜始まり〜。


-能力当選の日-

尾崎「あぁー、中間が終わったからって、かなり歌ったなー」ガチャッ
尾崎「最近、迷惑メールが多いんだよなぁ。変なサイトに登録したっけ?」
尾崎「なんだー?このメール。なになに、ご当選おめでとうございます。あなたは人の能力を喪失または、獲得させる能力を手に入れました。だぁー?ホントっ最近の迷惑メールは笑いをとりにいってるなぁ。」
…などとこのメールに関してはそこまで、気に止めず
やること済ませて布団に向かうのでした。
短いですが、やることあるのでとりあえずあらすじ的なものだけで。
次回は、
-能力使用の日-
です。時間を見つけたら投稿します。

116名無しさん@ピンキー2014/04/21(月) 08:54:54.76ID:QOdhK14P
二人の変化後の立場や周りの扱いがどんな感じか楽しみです

117名無しさん@ピンキー2014/04/22(火) 08:08:24.08ID:0mxR8FyS
実際に子宮頸部癌ワクチンで知能低下の副作用でたろ

118名無しさん@ピンキー2014/04/22(火) 11:18:43.19ID:SS8LiAkD

119名無しさん@ピンキー2014/04/25(金) 07:30:16.57ID:HXAlqloM
アルジャーノンに花束を

120名無しさん@ピンキー2014/05/04(日) 09:52:57.75ID:q3KXAYzu
>>117-118
三次だとただ気の毒なだけでさすがに興奮できんなあ

121名無しさん@ピンキー2014/05/22(木) 07:22:55.25ID:FIggHcAl
保守

122名無しさん@ピンキー2014/06/03(火) 15:28:29.13ID:Zg2TGY1P

123名無しさん@ピンキー2014/06/03(火) 18:09:23.63ID:GaJh4qWt
>>122
こういう系統の大好きです。
他にあったら教えてくださいー

124名無しさん@ピンキー2014/06/10(火) 17:09:59.81ID:nw08/3yf
知能を反比例になるように
リンクさせる。
勉強したから片一方はそのぶんバカに。
バカになれば、その逆に。

125名無しさん@ピンキー2014/06/10(火) 23:31:15.98ID:tPVKdUuK
アキ!さん、お元気でしょうか?
全く投稿もコメントもないので、いそがしいことと思います。
時間があるときでいいので、作品を楽しみにしています。

126名無しさん@ピンキー2014/06/11(水) 00:02:26.68ID:/j431tYh
頭が良いことを鼻にかけていた女の子が
日頃の行いを恨まれて、知能低下させられる話とか読みたい

127アキ!2014/06/11(水) 07:01:10.04ID:yGtFEqJ4
>>125さん
ごめんなさいっ。
現実で色々ゴタゴタがあって続きをしっかりかけておりません…
7月中盤頃には書いていきたいな。と思っております。

128名無しさん@ピンキー2014/06/11(水) 16:12:28.52ID:pCtmtqHU
了解です。
お元気そうでなによりです。
気長に待ってますね。

129名無しさん@ピンキー2014/07/27(日) 19:12:03.89ID:5/ctuEmS
高校入試の日にたまたま風邪で寝込んだせいで
馬鹿高校に進学することになって
最初はこんな簡単な問題バカみたい。大学入試で見返してやるとか思っていたら
いつの間にか、周りと同レベルになっている話が読みたい

130名無しさん@ピンキー2014/07/29(火) 01:49:06.74ID:fyqF/i+I
なんかそんなようなのどっかで見たな
優等生堕落の方だったかもしれんが

131名無しさん@ピンキー2014/07/30(水) 20:29:46.04ID:WBhheyI2
>>130
これだな
普通にありえそうな平凡な堕落なのにメチャクチャエロく感じたわ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15851/1357657598/40-46

132名無しさん@ピンキー2014/08/24(日) 22:48:07.05ID:i7seB1oy
もっとこのジャンルのエロが増えるべき

133名無しさん@ピンキー2014/09/09(火) 07:46:31.18ID:QCEuEtYV
アキ!さんお元気ですか。
あれから何も反応がなく、少し心配です。作品は気にしないのでとりあえず反応を下さい。

134名無しさん@ピンキー2014/09/14(日) 15:06:34.81ID:f2Y+YSlG
【医療】子宮頸がんワクチン、“記憶力の低下”など初の科学的証明 [9/11]
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1410364541/

135名無しさん@ピンキー2014/09/19(金) 21:07:11.59ID:kAHT115l
>>134
上でも言われてたけど、リアルじゃ気の毒なばっかりで全然萌えない。
創作だと興奮するのに……なんでだ。

136名無しさん@ピンキー2014/09/19(金) 21:28:56.93ID:EncBzpCo
リアルだとその後まで考えずにはいられないからな
中出しひとつとっても、妊娠出産育児まで心配してしまう
創作はそこまで気にしなくていい
知能低下した女の子の半生を綴った自伝とかエロパロどころか連続TV小説クラスだろ

137名無しさん@ピンキー2014/11/16(日) 23:44:41.94ID:baQC5B+L
頭が悪くなるウィルスが発見される! 気づかず感染している可能性も
http://ch.nicovideo.jp/kotaku/blomaga/ar665034

138名無しさん@ピンキー2015/05/29(金) 20:38:39.82ID:VdqbWp6E
初期みたいなSSまだぁ

139名無しさん@ピンキー2015/06/28(日) 21:36:51.05ID:3eO5ofuW
人の記憶に好きなことを植え付けられる能力を得た男が、優等生の記憶に、勉強しない、授業中オナニー、乱れた食生活、などの記憶を植えつけ段々と現実もそうなっていく…

140名無しさん@ピンキー2015/06/28(日) 21:39:42.78ID:3eO5ofuW
入学した高校のレベルに強制的に合わせられる世界で←偶然、頭の良い高校に受かったらそのように強制され、逆もまたしかり。
優等生と同姓同名のギャルと間違いで別々の高校に入れさせられる話。

141名無しさん@ピンキー2015/06/28(日) 21:41:39.65ID:3eO5ofuW
日本で小学生のときに射たれる予防注射に含まれていた成分の副作用でそれまで順調に勉学に励んでいた女子高生の知能が徐々に低下していく話。

142名無しさん@ピンキー2015/06/28(日) 21:47:49.53ID:3eO5ofuW
だめだ、昔読んだ作品のあらすじにしかならねぇw

143名無しさん@ピンキー2015/06/29(月) 01:11:21.04ID:xQbYHMeP
>>139
実際に書いてみようと思ったんだが、SSのサイズ的に存外難しいな。

144名無しさん@ピンキー2015/06/29(月) 04:23:14.34ID:0/A4tx6b
記憶操作系は面白そうなんだけどねぇ

145名無しさん@ピンキー2015/06/29(月) 04:51:19.09ID:I21Ac2v+
月島さん!

146名無しさん@ピンキー2015/06/29(月) 07:45:44.65ID:bkrAwijo
まぁ、思い付いたときにシチュエーションとか設定だけでも書いていってスレを活気づけましょうよw
SS書かれたたら最高だけど。

147名無しさん@ピンキー2015/06/29(月) 21:47:31.38ID:STujPv3W
>>140は立場交換スレ、
>>141は優等生堕落スレにあったやつかな?
>>139はMCスレだったか堕落スレだったか・・・・・・

148名無しさん@ピンキー2015/06/29(月) 22:57:48.90ID:bkrAwijo
>>147
139以外はオマージュ的な感じですけどねw
どれもびみょーに自分の趣向とは違うから自分好みに書きたいけど文章にならないw

149名無しさん@ピンキー2015/07/01(水) 11:02:58.39ID:go0gnpNz
優等生堕落スレの避難所にこんなのが来てたぞ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15851/1357657598/260

150名無しさん@ピンキー2015/07/01(水) 21:38:56.14ID:CNokMb6E
>>149
おっ、これはなかなかw

151名無しさん@ピンキー2015/07/21(火) 21:37:37.16ID:YRWTI730
学年上位の女の子が勉強の出来ない女の子になんでしないの?と思っただけだったら解らせてやろうか。とバカにされてしまうはなし。

152名無しさん@ピンキー2015/07/24(金) 12:17:03.59ID:NUUfNiDi
七日で消えた理想の姉ちゃん。
僕のお姉ちゃんは地域の進学校で成績首位になるくらい頭が良くて美人で優しかった。
半年前までは…。

153yumu2015/07/26(日) 13:52:56.85ID:zgE1/WAd
あのさぁ、わたしだって正直こんな事をしたくてしたわけじゃないんだよねぇ。
だって誰だって相性の悪い奴っていうか、むかつく奴っていうか、気の合わない奴っているじゃん。
わたしにとってそいつが泉谷真帆子だっただけでさぁ、別に殺したいとかイジメたいとかってわけでもないんだよね。なんかちょっとイタズラしてやりたいぐらいな感じ?
今ね、その泉谷真帆子が目の前で寝てるんだよね。どこって?真帆子の部屋だよ。
そう、見つかったらさぁ、わたし確実に通報されて警察に捕まっちゃうよね。本当に最悪だし。
それもこれも全部こいつがやったことなんだけどね。
「でさぁ、本当に大丈夫なの、これ?」
「もちろんでございます、誰一人として気づく事はこざいません、時間が止まっている様なものだと思ってください」
「はぁ、さいですか」
なんかこいつの丁寧な口調って調子が狂っちゃう。学校の先生だってこんな喋り方しないよ?
そもそもさぁ、わたしが泉谷真帆子の事が気に食わないって言っただけで、本当に家まで行ってさ、何かしようとかって普通思う?
「んでもって、それで、これからどうすんのさ?」
私の目の前には泉谷真帆子が綺麗な顔をして眠っている。いや、まぁ本当にむかつくんだけどさぁ。
綺麗で清楚だっつうのは分かるけど、自慢してんのがバレバレなんだよねぇ。
それに自分が頭いいの分かっていて、勉強しない人がどうのこうの、教えてあげるどうのこうのって大きなお世話だっつうの。
結局は真面目で勉強しか取り柄のない地味子なくせにさぁ、進学校の中でもあんまし成績良くないわたしたちを見下してるのが丸わかりなんだよ。
「そうですね、初月様が嫌いだと思っている原因を排除するというのはどうでございましょう?」
「……ごめん、よくわかんないんだけど」
「まぁまぁ、まずは服を脱がすのが先ですね、こうしないと上手く出来ないんですよ」
ちょっと、こいつ真帆子の服を本当に脱がしはじめちゃったよ。真帆子も寝巻だけじゃなく下着まで脱がされているのに起きる気配が無いし、どんだけ鈍感なんだよ。
「あのさぁ、これ……マジでヤバいんじゃない?」
「問題ございません」
しれっとした顔で、脱がした服を部屋の隅に放り投げやがった。真帆子はその清楚なイメージよりも濃い目のアンダーヘアーがあらわになるが、意識を失ったように眠っている。
「さて、これで準備は整いました、初月様はこの方が自分を見下したり蔑んだり馬鹿にしたりするところが嫌いかと思いましたので、まずはそこを排除いたしましょう」

154yumu2015/07/26(日) 13:54:38.68ID:zgE1/WAd
「いたしましょうって……どうすんのさ?」
「つまり、二度と初月様に対して優位に立てることが無い様にしてしまうのです」
こいつはそう言いながら手を真帆子の体に沈めた。何ていうのかな、プリンやゼリーに指を突っ込むみたいに、手品みたいに手を真帆子の体内に潜らせた。
「なるほど、面白いですねぇ、この方は勉学に対してかなりの自信がおありのようです、初月様とは気持ちの置き場所が違っております」
「まぁ、何だかんだで進学校で上位の成績者だしねぇ、そりゃわたしとは違うでしょうよ」
「しかしですねぇ……よっと!」
何だろう、空気の流れが変わったっていうか、なんか部屋全体が深海みたいに重く暗くなったっていうか……。
「これで、この方はもう初月様に対して優位に立つこともありません」
「はぁ?わけわかんないんだけど……てか、真帆子なんか変わった?」
真帆子を見てみると顔や体系は変わっていないけど全体の雰囲気っていうか、印象がわたしの知っている真帆子とは別人に感じる。そっくりな他人?みたいな感じ。
「部屋もそれに合わせて少しずつ変化されておりますよ」
こいつはそういって部屋に掛けてあった制服をハンガーごとわたしに見せてきた。
「これって、あれじゃん、朝陽学園の制服」
朝陽学園は県でもトップクラスに偏差値の低い馬鹿高校、本来高校に行くレベルではない、色々と足りていない生徒がどこにも行けなくて入学する様な、つまりはそんな高校。
「はい、現在こちらの方が通っている高校の制服でございます」
「はぁ?真帆子が?」
「それに、ほら部屋も色々と変わっておられますよ」
さっきまでも重い深海みたいな空気はいつのまにかどっかいっちゃっていて、部屋を見回してみると確かにこいつの言う通りさっきまでいた部屋とはかなり違っていた。
「なにこれ……」
整理整頓されていた部屋だったのが、いつの間にか足元は漫画や下着が脱ぎ散らかしてあるし、さっきまで参考書が並べてあった机には雑誌や化粧道具、お菓子が雑に置かれただの物置場となっている。
「おや、面白いものが見つかりましたよ、ご覧ください」
渡してきたのは通学バックだった、しかも開けっ放しで中身はグチャグチャ。中には教科書やノートなんて入っていなくて、代わりに入っていたのは派手な手帳や化粧ポーチ、それにピンク色のこれって……。
「うぇ、なにこれ、ローター?」
「みたいですねぇ」
「なんで真帆子がこんなのもってんのよ……信じらんないんだけど」
「お、これはどうやらテストの答案用紙みたいですよ」
こいつが嬉々として見せてくるので思わず受け取っちゃった。クシャクシャの紙を広げてみると下手くそな文字が現れた。答案用紙はどうやら数学みたいなんだけど。

155yumu2015/07/26(日) 13:58:38.67ID:zgE1/WAd
「えーと……掛け算に割り算、面積の求め方って小学校の問題?しかも結構間違えてるし」
簡単な問題に対し答えは半分も正解していなかった。
たとえば……『次の中で重さの単位はどれですか』って三択問題で『グラム』『メートル』『キロメートル』で答えをキロメートルとか選んじゃっているぐらいお馬鹿さんな解答。
名前の欄には下っ手くそな字で泉谷真帆子と書いてある。
他にも英語や国語の解答用紙をこいつは勝手に部屋から探してきて私に渡してきた。なんでそんなに嬉しそうなのよ。
内容はパッと見て思わず笑っちゃうぐらい酷かった。日本の首都はって問題で「とおきょお」だって、感じで書けないどころか日本語間違えてんじゃん!
自分の名前を英語のスペルで書きなさいって問題は「いずみや まほこ」が「IJUMIWA AHOKO」って下っ手くそな英字で書いてある。
今時小学生だって自分の名前ぐらいスペルで書けるって!こんなテストを見られたら、私だったら恥ずかしくて死んじゃうね。
「あのさぁ、ってことはつまり……真帆子が朝陽学園に通うぐらい頭が悪くなったってこと?」
「簡単に言えばそうなりますね、私は初めからこの方が生まれてこの方勉強が苦手という事にしただけですけどね、その結果色々と世界が小さく変化したのでしょう、この部屋やその解答用紙のように」
「へぇ……それマジ?てことは、真帆子の性格も私の知っている真帆子とは全然別人って事?」
「いえいえ、本人の記憶までは大きく変えられません、この方は初月様と同じ高校で成績上位で自分より成績の低い方を見下していたという記憶は残っております」
「じゃあ真帆子は勉強はできるままなんじゃないの?」
「しかしながら結局は自分は優等生だと思い込んでいる知識の乏しい、勉強の苦手な低能な女性にすぎません」
「何それっ!超うけるんだけどっ!!じゃあ今の真帆子ってプライドだけ高い、ただの頭の悪い馬鹿になってんの!?」
「まぁそうなりますね、でもそれだけじゃ面白くないでしょう?初月様」
「へ、何よ?他にまだ何かあんの?」
「この方の中には勉強をしていたという箇所がスッポリと欠けてしまっております、まぁそれでも問題はないのですが、別の何かを埋め込んでしまっても面白いのではないでしょうか?」
「たとえば?」
「初月様何かご希望はございますか?」
「いやぁ……いきなり言われてもねぇ……」
真帆子が勉強の代わりにやっていて面白い事ねぇ。わたしは先ほどバックの中にあった小さなピンク色のローターを思い出した。
「んーとさぁ……真帆子がエロくなったら面白いんじゃない?自分では真面目で清楚なつもりでも、体はとってもエロエロ欲情しちゃうなんて、プライドの高い真帆子にとってはとってもサプライズだと思うんだけど、どう?」
「素晴らしい演出かと思います」

156yumu2015/07/26(日) 14:04:22.87ID:zgE1/WAd
「あ、でもさ真帆子以外の人に気づかれないようにしてよね、わたしが何かしたなんてバレたら嫌だからね」
「もちろんですとも」
そう言うと、こいつはさっきと同じく真帆子の体に手を突っ込んだ、しかも両手で。なんかこいつは人にこういう事をやると活き活きとしてくるっつうか、テンションが上がってくるみたいで、正直ちょっと引く。
「初月様この方の体をご覧下さい、今度は先ほどよりも変化がよく分かるかと思います」
あんまし、同性の裸体を見るつもりはなかったけど、確かにこいつの言う通り真帆子の体は早回しビデオの様に少しずつ変わっていった。
裸体である分変化は明確だった。
まずこじんまりとしていた小陰唇が肥大していく。
小さく収まっていた形からプックリと大きくなったかたと思うと、収まりきらなくなって大陰唇からビラビラと垂れ下がっていく。
色も綺麗なピンク色から日に焼けた様な色になったかと思うと、パッと見でも分かるぐらい黒ずんでいった。
性格と同じくキュッとしていて真面目そうだった膣は、何度も男性や異物を受け入れた様に遊び人の様にだらしない印象の見た目になった。
見ただけで分かるくらいのユルユルマンコ。今や少し濃い目のアンダーヘアよりも、そっちの方がインパクトがある。
乳首も乳輪が一回り以上大きくなり、乳首の先端もさっきまで小指の先ほどだったのに、今ではサクランボくらい大きくなっちゃってる。
そしてあっという間に小陰唇と同じく黒ずんだ。
真帆子の胸はBかCぐらいしかないのに、乳首や乳輪がとっても肥大して変色しちゃっているからアンバランスでめっちゃ目立っちゃってる。
これって温泉とか行ったら恥ずかしくて見せられないんじゃない?
全体的にスマートだった体型も少しムッチリとして、より女性的な体系へと変わっちゃった。肌も色白だったのに少し焼けたみたいに若干褐色がかっている。
それになんか……臭いもきつく……何ていうのかなぁ、同性特有のムンとした嫌な臭いが体から漂ってわたしの鼻を突いてくる。
髪も黒のストレートだったのに、赤茶でゆるくパーマがかかっているし、よく見ると耳にはピアスの穴まで開いている。あっ、鼻にも開いていた。
手足のネイルは長くのびて派手でラメやシェルが入ったデザインが出来ているし。
さっきまでの真帆子じゃ絶対ありえない変身っぷり、どう見ても遊びまくりのギャルにしか見えない。もはや別人。
部屋を見回してもさっきまで履いていたショーツも派手で透けたものになっているし、なんか大人のおもちゃっぽいものもいくつか転がっていた。
優等生だった記憶を持って今の自分を見たら驚いて気絶しちゃうんじゃない?まぁわたしじゃなくてこいつが勝手にやったことだし、まぁいいか。

157yumu2015/07/26(日) 14:08:13.95ID:zgE1/WAd
「いかがでございましょうか初月様」
「まぁ……うん、そこそこ満足だったかなぁ?こんなの滅多にみられるもんじゃないしね」
「何をおっしゃいますか、あなたが望めばそのたびに私はお力添えをいたします」
「いや、マジで勘弁だって、こんなの何回もあったらわたしが参るって、本当に」
「今や先ほどまで嫌悪していたこの方も、勉強に費やしていた時間が全て女性の快感を刺激している時間へと変化したのですから、今やそちらの方面の秀才ともいえなくもないですが」
「あぁー……まぁそうね、でもこんなになっちゃまともな人生だって難しいかもねぇ、まぁ頭が悪くなったんならそんなことも分からなくなっちゃうから、どうでもいっか」
「きっとこの方も以前の記憶も多少は残っているはずですが、しかし頭では分かっていても、これまでの生活で変化してしまった肉体や経験にはそうそう抗う事もできないでしょう」
「あんだけガリ勉してた時間が肉欲貪ってるようになっちゃったんなら、とんだ変態女だよねぇ、普通じゃありえないし」
「しかしこれであなたにとって脅威でもなければ嫌悪感を抱くこともなくなったのです」
「もっかい聞くけどさ、本当に真帆子がこんな変わり果てた姿になっても誰も気づかないの?」
「はい、絶対に気づく事はございません、変化前を知っているのはこの部屋にいる私たちだけです……部屋の外にある全ての世界は、この方が初めからこの様な存在であったと認識しており、誰一人として変化前の状態など知り得ないのです」
「そっかぁ、まぁ別にいいよね、真帆子も運が悪かったと思って、これから大変だと思うけど楽しく生きてよね、って寝ているから聞こえてないか」
「それでは帰りましょうか」
「そだね、なんか眠くなってきちゃったぁ」
「初月様の家を出た時から時間は変わっておりませんので、戻られたらゆっくりとお休みください」
真帆子の部屋を出ようとしたときに、今になって気になったことをこいつに言ってみた。
「あ、最後に一つ頼んでもいい?」
「どうぞ何なりと」
「明日からの真帆子がどんな感じになったか見てみたいからさぁ、ダイジェストでいいからこっそり撮影してきてよ」
「かしこまりました」
「見てはみたいけど、会いたくはないんだよねぇ……でも真帆子が変化した自分に混乱する姿を想像するだけで面白いかも!」
「それでは初月様、楽しみにしてお待ちくださいませ」
「あんたもお疲れ様、また何かあったら呼ぶかもしれないからよろしくね」
こいつとそんな会話をしてわたしは真帆子の部屋を後にした。
真帆子はわたしたちが来たことなど知る由もなく、気づかないうちに淫乱な変態な馬鹿女になりスヤスヤと眠っている。
大丈夫よ真帆子、わたしだけは以前の真帆子をたまには思い出して、今の真帆子を嘲笑ってあげるから安心して寝ていてね。
おやすみなさい、さようなら。

158名無しさん@ピンキー2015/07/26(日) 19:51:23.44ID:BGWQswNS
>>153-157
新作だーー!

159名無しさん@ピンキー2015/07/26(日) 21:07:41.50ID:RN1W5KxX
これは抜かざるを得ない

160名無しさん@ピンキー2015/07/27(月) 15:32:03.13ID:VpHxY93A
ダイジェストで教えてw

161名無しさん@ピンキー2015/07/27(月) 19:09:18.19ID:SaIK9Rio
最高だった

162名無しさん@ピンキー2015/07/28(火) 22:51:03.26ID:Xg6w0LnD
やっぱり頭がいい女の子が一気に馬鹿になる展開は素晴らしいな。
後日談もすごく読みたい

163名無しさん@ピンキー2015/07/30(木) 20:11:34.88ID:26li6aJQ
おお…これはすばらしい、乙でした
勝手なお願いとはわかっているけど真帆子の内面の変化描写も是非読んでみたいなあ
一人称が「私」から「アタシ」や「ウチ」に変化しちゃうようなシチュがすごく好きなんだ

164名無しさん@ピンキー2015/08/07(金) 21:57:52.84ID:B/5x6jSd
後日談のダイジェストはまだかなぁー?

165名無しさん@ピンキー2015/08/08(土) 06:38:24.59ID:feCIcmqv
クレクレや要望は大体において逆効果

166yumu2015/08/11(火) 19:40:56.30ID:6TMxSA0p
花の高校生活だった。バレー部の主将を務め、学業の方もそれなりに良い成績を保てた。内申点も良かったので、希望していた大学への進学は予想以上にあっさりとしたものだった。
もちろん合格を知った時は嬉しかったし、周りも家族も祝ってくれた。三年間で彼氏は出来なかったけれども、正直自分につり合う異性がいなかっただけで“つくれなかった”のではなく“つくるに値する異性がいなかった”だけ。
周りの女子から見ても、発育は良い方だと自負している。身長169センチ、ウエスト62センチでバストはEカップ、スポーツで引き締まった身体は健康的で同性だって見とれちゃう。後輩の女子だって私のファンは結構多いみたい。
卒業式の日には涙を流して去りゆく私を見送ってくれる事でしょう。
何不自由のない学園生活、小さなころから、他の人では苦労する様な勉強や練習でも、私にとっては半分の時間で覚える事ができた。他の人が大変という事でも、私にとっては退屈な事でしかなかった。
これは遺伝でも環境でもなく私の才能、現に妹はいたって普通の成績でスポーツも得意というわけではない。平凡な両親、平凡な妹、私だけが特別な存在。鳶が鷹をって言うけど、まさにそれね。
羨望の眼差し、同級生のくだらない嫉妬、教師たちの賛美の声、有終の美を飾るに相応しい最後の時間、それもあと少しで終わり、あと何日かで卒業式。

167yumu2015/08/11(火) 19:42:30.11ID:6TMxSA0p
気づくと私は自分の部屋にいた。電気は消えていて窓の外から月明かりが部屋を照らしている。なんだか頭がぼんやりしている。
さっきまで何をしていたんだっけ……?今何時なんだろう。
椅子に座っている私に向かって誰かが話しているのに気付く。
「本当にこれで大丈夫なんでしょうね?」
「大丈夫でございます、軽い催眠状態みたいなものですから」
若い女性と背の高い男性、顔が影になって表情までは分からない。部屋に知らない人物がいるというのに、私は声を上げる事も部屋から逃げる事もできない。半分眠っているみたいに目から入ってくる情報を上手く処理できないでいる。
「初月様、今回は意識がある状態で行えば良いのですね?」
「バカっ!名前呼ばないでよ!」
あの制服って、うちの高校よね……?名前を呼ばないでって言う前にそんな身元が分かる服装で部屋に侵入してくるなんて……。
「失礼いたしました、しかし催眠状態ですのでご安心を」
「……まぁあんたが今まで失敗した事ってないしね、そう、それで今日はこの伊田橋先輩を意識があるままオシオキしちゃおうってわけよ」
お仕置き……私を?なんで?
「かしこまりました、それではいったん催眠状態を解きましょう」
「体は動かせないようにしてよね」
「承知いたしました」
すると男性は両手でパンッと音を立てた。それと同時に私の頭もはっきりとしてくる。
異常事態!逃げなくちゃ!反射的に椅子から立って逃げようとしたけど私の体は動かなかった。
まるで魔法にかかったみたいに関節が動かない。眼球や口、指先程度は動かせるけど椅子から立つことさえ出来ない。
「気分はどうですかぁ?伊田橋利穂先輩っ」
「誰かたすけてぇぇぇぇっっっ!!!」
大きく息を吸って喉を震わせる。部屋に私の声がこだまする。目の前の女性もいきなり大声を出されるなんて思ってなかったみたいで泡を食った表情を浮かべた。
「いきなり大声出さないでよぉ、バカじゃないのっ!?」
「そっちこそもうすぐ誰か来るわよ、逃げなくていいの?」
「残念ですが大きな声を出されてもここには誰も来れませんし、声も外に届いておりません」
背の高い男性は冷静に言葉を返してくる。何なのこいつ、何様?
「はぁっ?あんた達いきなり人の部屋に入ってきて何言ってんのよ!?」
「少し声のボリュームを抑えてもらいましょうか」
男はいきなり私の喉に触れて来た。首でも絞められるのかと思っていたけど、撫でられただけだった。
「初月様、これでもうこの方は大声を出すことはできません」
「そう、ありがとね」
そんなことを言う奴らに対してもう一度大声を上げようとした……のだけれども、出そうとした瞬間に息が漏れちゃう。
どうしてっ?何度大きな声を出そうとしても出てくるのは声にならない吐息だけ。なんでよ!?

168yumu2015/08/11(火) 19:43:43.08ID:6TMxSA0p
「えっとぉ、ようやく話せる環境になったかな?まぁとりあえず無事に三年生を終えられそうで、おめでとうございます」
「卒業のお祝い?あなた、その制服うちの高校でしょ、先輩って事は後輩でしょ」
「いやまぁそうなんだけどさ、確かに同じ高校だし、後輩なんだけど、あなたはもう先輩じゃなくなるからさ」
「そうね、私はもう卒業するわ、それで今日はそのお礼参りにでも来たってわけ?今の状況が犯罪って分かっている?」
「つーか犯罪とかどうでもいいわけですよ、んっとさぁ、あんたさぁ学校でも色々言ってたじゃん、何でもかんでも簡単にこなせるからつまらないとか、本気で努力をした事がないとかさぁ、だから今日はそのお礼っていうかプレゼントをしにきたわけですよ」
私と同じ高校ってことはそれなりに頭が良いはずだけど、喋り方からはあまり知性を感じられない。
「そう、それであなたの名前は?できれば体が動かせるようにしてくれると助かるのだけれども」
「あぁ、それは無理なんで、まぁわたしって結構その場のノリで動いちゃう事があってさ、良いように誘導とかされちゃうときもあるわけですよ、だから今回は前もって考えを紙にまとめておいたんだ」
目の前の女の子はメモ用紙を取り出すと、背の高い男性に渡した。
「はい、これ、じゃあいつもの感じでよろしくね」
「はい、かしこまりました」
男性はまるで飼い主に命じられた犬の様に輝いた目をしてメモを読んでいる。私は何とか反撃のチャンスが来ないか様子を探りながら頭をフル回転させる。
「いつもながら素晴らしいアイデアかと思います」
文字を読む男性は恍惚の表情を浮かべている、正直気色悪い。
「それでは早速、失礼いたしますね」
そういうと男性は私に近づいて……え、冗談でしょ、来ている服を無理やり脱がしてくる。
「ちょ、ちょっとやめて、お願い、写真とか撮るつもり?犯罪だって分かってるの?」
大声が出せないので迫力はないけど、必死に男性の動きをやめさせようとする。
けれども男性はお構いなしに服を脱がせ、躊躇いもなく下着を脱がせ、動けない私を一糸まとわぬ姿にさせる。
今の私では顕になった胸を隠すこともできない。必死に動かない股間を捩らせて秘部を隠すのが精一杯だった。
「さっすがイイ体してるわ、クラスの男子だったら涎垂らすレベルだって、写真撮るつもりなかったけど、記念に一枚撮っておこっかな?」
「撮られますか?」
「んー……けどまぁいいや、さっさとやっちゃって!」
私が口を出す暇もなく二人はどんどんと話を進めていく、私をこんな姿にした罪は軽くないわよ……絶対後で後悔させてやるんだから。

169yumu2015/08/11(火) 19:45:48.89ID:6TMxSA0p
「あんた達、タダじゃ許さないからね、覚悟しておきなさいよ」
「静かにしてください……それでは」
男性は手の指を伸ばすと私のお腹に触れて…………えっ?
「どういうことっ、ちょっとこれどういうことなの?手品?触らないでよ変態っ」
男性の手は私の腹部からずっぽりと中に入っている。
まるで米糠に手を突っ込むようにして私の体内へ手首から先を動かしている。痛みはなく、お腹の中で男性の手が動いているのだけ分かる。
何とも言えない気持ち悪さが背筋に鳥肌をたたせる。
「なるほど、かなりの上玉でございますね、素晴らしい素質だ」
「そう、だからさぁこう言った何の苦労もしないで、のほほんと下を見下している人にはさぁ、一度辛い経験をさせた方がいいと思うのよねぇ、わたし」
「仰る通りかと、それでは……」
男性は手を私の中で握りこむ。言い様の無い気色悪さが全身を包む。
頭が痛い、動かない関節が痛む。気づくと男性は手を抜いて私を見下ろしている。手は体内に入れていたのに濡れている気配すらない。
気色悪さは落ち着いてきたが、なんていうか部屋の空気がおかしい。重力が増しているみたいに、息をするのにも緊張感がある。
それに体の力が抜けたみたいに全身がだるい。体が熱い。
「あ、これってまた色々変わるってやつ?」
「さようでございます、それではより変化を楽しむために私はこの方の前に姿見をご用意致しましょう」
「よろしくー、さて、と伊田橋利穂ぉ、あのさぁもう一回聞くけどさぁ」
いきなり態度が変わった、名前も呼び捨てだ。さっきまでの甘ったるいなんちゃって敬語からまるで先輩が気に入らない後輩に雑用を押し付けるみたいにどこか棘のある喋り方。
「三年生が終わったらさ、あんたどうなんの?」
「卒業して、国立の大学にいくのよ、きっとあなたなんか入れそうにないレベルのね」
「残念でした、それは不正解、あのねぇ普通は三年生が終わると次は四年生になるのよ」
「…………は?何言っているの、うちの高校に四年生なんてないでしょ、それに私は大学にも合格しているわ」
「何言ってんのはあんたでしょ、これから伊田橋利穂ちゃんは小学四年生になるんじゃない」
小学四年生?いよいよ話が通じなくなってきた。この子ちょっとおかしい。

170yumu2015/08/11(火) 19:48:55.14ID:6TMxSA0p
「お待たせ致しました」
男性は私の部屋にあった姿見を椅子に座っている私の前に置く。
目の前にいるのは全裸姿の自分。乳首もアンダーヘアも丸見えの恥ずかしい姿。
「それではゆっくりとお楽しみください」
どういう事だろう?そう思いながら鏡の自分を見ていると妙な違和感を覚えた。しかしその正体はスグに分かった。私の視線が少しずつ下がってきている。
まるで風船の空気が抜けていくように体が縮みだした。
「なにこれ、なにこれ、ちょっとお願い、やめてよ」
Eカップあった胸は徐々に萎んでいく、鏡の自分が変化するのと同じく胸の重みが少しずつ消えていく。
体のラインもメリハリがあったのに、どんどん細くなっていく。鏡の姿は中学生ぐらいに見える。
大人びていた輪郭も幼くなる。逞しく張りのあった体がどんどん小さくなる。
「まって、止めてって、これじゃあ大学に行けなくなっちゃうって、お願いだって、冗談じゃないわ」
「大丈夫だって、利穂ちゃんが行くのは大学じゃなくて小学校だもんねぇ、プッ、アッハハハハ」
女は堪えきれずに涙を浮かべて笑っている。そのイタチ目は完全に私を小馬鹿にしている目線だった。
あんなに大きかった自慢のバストはもう殆ど残っておらず二次生長前の薄い胸板へと変わっていく。
肩幅も縮み、足は床に届かない。身長もかなり縮んでしまっている。細い体はだんだんと大人から子供特有の肉付きへと変わっていく。
はっきりとしていた目鼻立ちは丸く幼い印象になり、くびれたウエストはもうそこには無くおへそを中心にポッコリとしたお腹が目立っていく。
アンダーヘアは完全に無くなり、大人としてのシンボルは無くなる。
もはや高校生とは呼べない、中学生にも見られない、誰が見ても子供、小学生へと呼ぶような体へと若返っていた。
「こ、こんなのってない……」
自分の声も驚くほど幼くなっていた。鏡にいる自分は涙を浮かべて見つめ返している。
僅か数分間で十八年間培ってきた自慢の肉体美はあっという間に未発達で幼稚な情けない身体になってしまった。
手足も短い、性器の有無でしか性別を判断できない、幼い肉体。
「ずいぶんと可愛らしい姿になったじゃない」
「夢でしょコレ……ねぇこんな姿じゃ誰にも会えない……お願い戻して……お願いよぉ……」
縮むのが終わった私は自分の体を直視することができなかった。喋るだけでどれだけ自分が幼くなったかわかる。
もう誰が見たって高校生の私には気づかれない、ガキ、お子様な自分の身体。
「……こんな体にして、私の両親や回りの人たちが黙っているとでも思っているの?あなたたち、絶対後悔させてやるからね……!」
「はっ、後悔するのは自分だっつうの、それにまぁ大丈夫だって、この部屋以外の人は利穂ちゃんは前からずっと小学生だと思っているから、ねぇそうでしょ?」
「その通りです、この部屋以外の人間も世界も全て、この方が現在小学三年生でもうすぐ四年生に進級する小学生だという事に改編されております、その証拠に部屋をご覧ください」

171yumu2015/08/11(火) 19:54:08.90ID:6TMxSA0p
男に言われた通り動かない体で見回してみると、私の部屋が変貌を遂げていた。
机は小さく、それこそ小学生が使う様なカラフルなデザインとなり、カバン掛けにはランドセルが吊るされている。高校の制服は無くなり、さっき脱がされてた服も来ていたものとは違う幼いショーツとネグリジェになっていた。
本棚の参考書等は絵本や漫画になり、布団も小さな子が好みそうなピンク色にハートがちりばめられた恥ずかしいものになっていた。
いきなりの事に頭が追い付いてこない。気づけば部屋には私が高校で使用していたものが何一つと残っていなかった。
座っている椅子もさっきまで床に足が届かないほど高かったのに、いつの間にか今のわたしにピッタリな子供用の椅子に変わっている。
「はーい、それでは四年生になる利穂ちゃんの学力チェックー!」
「は……はぁ?」
あまりの事態が連続で続き、私はもう二人のテンションに付いていけなかった。これ以上いったいなにをしろと言うの?こんな惨めな姿にさせて何をさせたいの?
「高校三年生から小学校四年生になっちゃった利穂ちゃんが、ちゃんと学校のお勉強についていけるかどうか問題を出しまーす!」
「馬鹿にしないでっ!」
私は幼くなった声で怒鳴った。さっきまで大声は出せなかったが、いつの間にか大声を出せる様になっている。喋る度にキンキンとした甲高い自分の声にイラついてしょうがない。
「いいですかぁ、それでは第一問、3かける3はいくつでしょうか?」
「ふざけないでよね!掛け算なんて…………えーと、答えは……んーとねぇ、んーとぉ……」
あれ?あれ?かけざんだから、3が、3つだよね、えーと3が、2つで6で、3つだと7,8、
「えっと……きゅう……でしょ?」
私は自信なさげに答える。
「せいかーい、時間が掛かったけど流石に簡単だったかなぁ?」
わたしの背中に冷たい汗が流れる。おかしい、へんだよ。おかしいって。
「じゃあ第二問、7かける8はいくつでしょう?」
「えっ……」
頭が真っ白になる。えーと、えっとぉ、7が2つで、じゅう、よん。でしょ?手でひっしに数えるけど追いつかない。あれ?だって、なんでこんな、簡単な問題が、わからないの?手の指で数えても計算がぜんぜん追い付かない。
「ブー!時間切れ、答えは56だよー、利穂ちゃん、こんな簡単な問題も出来ないとみんなに笑われちゃうよー」
必死で計算をする私を面白そうに女は見下ろしている。
「ちょっとまって、おかしいの、だってわたし学年でも、せいせきが上のほうなのに、ゆうとうせいなのに」
「そうだねぇ、高校生の利穂ちゃんだったら簡単だったかもねぇ、それじゃあ第三問、次は国語にしよっか、、“固い”の反対はなんて言うでしょうかぁ?」
女は間髪いれずに次の問題を出してくる。
「かたいの、はんたいは……」
固い……えっと、かたいっていうのは、つくえとか石とかでしょ、反対だから……。
こうフニャフニャしているようなものでしょ、布団とか、ゼリーみたいな、えーと、なんていうんだっけ……。
ほわっとしているとか、なんでだろう、いつもだったらこんなのスグに答えられるのに……へん。かたいのはんたいは……。
「答えはわかったかなぁ利穂ちゃーん?」
「えっとぉ、あの……その、ぬいぐるみみたいなやつでしょ……ふわふわのこと、でしょ?」
自分でもあまりに幼稚な答えをしてしまったことに恥ずかしさで顔が熱くなる。
「そうね、ぬいぐるみみたいなのを日本語では“柔らかい”って言うんだよ、覚えたかな?お馬鹿な利穂ちゃん」
「わたしバカじゃないもん!」
叫んだ自分の口調があまりにも幼くなっていて、口にした後から恥辱が込み上げてくる。

172yumu2015/08/11(火) 19:59:29.90ID:6TMxSA0p
「次の問題はそうねぇ……ヨーグルトって何で出来ているかわかるかな?原料を答えてみてよ」
女はまるで、わたしが答えられないのを知っていて、もんだいを出しているみたい。
みてなさい、よーぐるとのげんりょう?えっと、げんりょうって何のことだっけ、んーと、なにで出来ているか答えればいいの?
「えっ……えっ…よーぐるとって、あの甘いやつだから、えーと、白いからぁ、雪、じゃなくて……アイスクリームとかぁ……ちがくて、白いチョコレートとかぁ……」
なんで……なんでこんな幼稚な考えしかできなくなっちゃってるの!?答えようとすると子供みたいな考えしかでてこない!小学生じゃないのに!!
「そろそろ頭の足りない利穂ちゃんでも分かってきたかなぁ?」
「…………わたし、あたまも、小学生みたいになっちゃったの?」
さすがのわたしも認めざるをえなかった。答えようとすると途端に頭から答えが消えてわからなくなっちゃう。出てくるのは幼稚な子供みたいな考えばかり、複雑に物事を考えられなくなっちゃう。
「そうでーす、高校生の伊田橋利穂は何でも簡単にできちゃうっていうから、人生に退屈しちゃっていると思ってわたしがあなたのつまらない人生に変わって、とっても刺激的な小学生の生活をプレゼントしてあげましたぁ!しかもおまけつき!」
「えっおまけ?」
「鏡に映っているいる自分の姿を見て何か思わない?」
「えっ?」
かがみにいる自分のすがたは、とっても小さくて幼くて、今にも泣きそう。そう、本当に小い、小さすぎる……まるで。
「小学生じゃないみたい……」
「その通りでございます」
男の人が間に入ってくる。
「あなたの体は発育にして小学生低学年程度の成長しかしていません、もちろん知能や体力、経験も低学年レベルしか発揮する事ができません」
「えっ!!やだよ!そんなのいや!いやだよ!おねがい、もどしてぇっ!!」
なんで高校でもトップにいたわたしが、そんなみじめな存在にならなくちゃいけないの!?
とっさに言い返そうとするけれど、言葉がなかなか出てこなくて、本当に子供みたいなしゃべり方になっちゃう。
自分の口調に恥ずかしさと怒りが込み上げてくる。
「だってさぁ、今までの利穂ちゃんのまま小学生になっちゃったら、また何でも出来る退屈な人生送っちゃうところだったじゃん?だからわたしが、ハンデをあたえてあげたんだよ」
「は、はんで?」
「利穂ちゃんは四年生なのに小学校一年生レベルの問題しか解けない、発育も遅いし、スポーツも上手くできない、それなら今まで以上に勉強や運動に励んでくれるでしょ?」
「そ、そんなのやだっ!!」
「同い年のみんなが簡単に出来る事も、利穂ちゃんは出来なくなっちゃえば、とっても刺激的だと思ったのよ、ナイスアイデアでしょ?」
「いやっそんなのいらない!いやっ……そんなのわたしじゃないっ!!」
「まぁ、頑張れば人並みにはなれるかもね、せいぜいした事のない努力をしてちょうだいよ」
「そんなのってない!もどさないとひどいから!!おやだって、せんせいだって、ゆるさないんだからね!」
「だからぁ、私たち以外は誰も高校のあんたなんて忘れちゃっているし高校生だった証拠もないわけ、もう誰もあんたを羨ましく思う人なんていないって」
女は笑っているけど、目はとっても冷酷なまでに私を見下ろしている。
「頼りにされるどころか年下にも馬鹿にされちゃうような惨めで恥ずかしい女の子、ねぇ、どんな気持ちよ?スタイル抜群で成績優秀なバレー部のエース部長様が、採るに足らない底辺小学生になっちゃった気分はさぁ?」
「そんなのわからない……返してよ、わたしのこうこうせいの人生を返してよね……!」
頭が上手く回らないし、体も動かない、どうにかしたいけど、どうしていいのかわからない……。

173yumu2015/08/11(火) 20:00:51.66ID:6TMxSA0p
「あぁ、ってか頭も悪くなっちゃってるから理解も遅くなっちゃってるわけね、これはこれで面倒くさかったなぁ……まぁとりあえずノルマ達成って事で帰ろうか、ねぇあとはまたダイジェストでよろしくね」
「かしこまりました、ではこの方には眠って忘れてもらいましょう」
「かえらないで!もどしてよぉ!そうしないと、あなたたちぜったいころしてやるんだから、ぜったいぜったいゆるさないんだから!」
涙交じりで叫ぶけど、女の目はわたしに対してかわらない。
「はぁっ……そうね、じゃぁそんな反抗的な利穂ちゃんへ最後に一つ素敵なプレゼントをしてあげよっか」
「えっ?もどしてくれるの?」
なんでもいいから、以前のわたしにつながるものがほしい。もどしてほしい……。
「まぁ戻るにしても何年かしたら成長して戻るわけでしょ、まぁあんなに良い身体じゃなくて発育の悪い貧相な体かもしれないけどね、それじゃぁとっておきの、今のあんたにピッタリな恥ずかしいプレゼントをあげる」
恥ずかしいプレゼント?
「ちょっとあんた来なさい?」
女は男をよぶ。
「はい、なんでしょうか?」
「あのさぁ、利穂ちゃんはまだ四年生になっても毎日おねしょをしているって事にしてよ、毎晩お布団を汚しちゃう恥ずかしい子にしてあげて」
「なっ!?」
「あと、そう簡単には治らないようにしてよね、バレたら年下の子にも笑われちゃうようにしないとね、スリルがあって面白いでしょ?」
「かしこまりました」
「やだっ!そんなのやだよっ!やめてぇぇぇ……」
おとこが近づくと私のからだにふれる。
そこで、わたしはとっても眠くなって、目をとじてしまって、かんがえられなくなっちゃった。おんなのなまえを思い出そうとするけど……もうなにもおもいだせない……。
「私たちの存在は全部忘れさせてあげるから、目が覚めたら楽しい小学生ライフを満喫してね、伊田橋利穂せんぱいっ!」

174yumu2015/08/11(火) 20:02:08.96ID:6TMxSA0p
書いているうちにジャンルを忘れてしまう罠。今回のダイジェストはそのうち載せる。

175名無しさん@ピンキー2015/08/11(火) 20:35:18.18ID:Uv/rWaI/
前半も良かったけど
最後のお漏らしのところですごい興奮したわ

176名無しさん@ピンキー2015/08/11(火) 21:02:03.96ID:TVjJ2eO8
自分が元は高校生であることは理解していて、おねしょなんて有り得ないことも知っている
なのに漏らしてしまう…四年生だっておねしょはしない年頃なのに、しちゃいけないってわかってるのに…
これは続きを読まずには居られませんね

177名無しさん@ピンキー2015/08/13(木) 12:36:27.64ID:qHfBDUs6
乙乙
改変される前のことを覚えているってのがより屈辱感をあおってていいなあ

178yumu2015/08/13(木) 14:44:29.05ID:K5XaFW09
さてと、今回も初月様のために一部始終をしっかりと撮影しておきましょう。
前回はダイジェストというので短めにまとめてみたら、初月様がもっと充実した内容が見たかったと仰られたので撮り直す事態となりました。
この度はそのようなミスが内容にしたいものです。
私もそれなりに初月様の好みというかシチュエーションが分かってきたので、今回も出来る限りツボを押さえたものにしたいですね。
おっと、目覚めるみたいですね、この方の名前がなんでしたっけ、どうも私は人の名前を覚えるのが苦手で。確か利穂でしたっけ。
思ったより普通の寝起きですね、思考を読むとするなら。
『なんかおかしな夢を見たなぁ……変な人たちに子供にされる夢なんて』
といったところでしょうか?
お、部屋の様子に気づきましたね、自分の身体にも、相変わらず世界が変わった事を知ったときの様子というのは、誰のを覗いてみても例外なく面白いものですね。
利穂もまだ小さな体になれていないようで、起き上がる動作もおぼつきませんね。
「えっ!?夢じゃなかったのっ?嘘でしょっ!?」
ところがどっこい夢じゃありません、現実です。
……おやおや、これはまた……立派なおねしょですね、本人も気づいたようでビッショリと濡れたネグリジェとショーツの染みに混乱を隠せないでいるようです。
見ればベッドの方もシーツだけでなく中身まで染み込んでしまっていますね、寝ているときにちょっと漏らしたというレベルではありません。世界を改変したからでしょうか、毎晩おねしょをしているという事にしたのでシーツには薄く黄色い染みが何重にも広がっています。
部屋には児童特有の酸っぱい様な臭いがこもっていますね。
「利穂、起きたの!?」
部屋に来たのは妹さんですかね、あぁ今はお姉さんになるのでしたね。お姉さんは一目で状況を把握したようで、母親を呼びに行ってしまいました。おや、スグに母親が来ましたね。表情から見れば呆れと怒りが混じったという感じでしょうか。
「利穂、あんた寝るときオムツ履かなかったのね!?」
利穂は必死に若返った事や昨夜に起きたことを説明しようとしているのですが、お姉さんもお母さんも理解に苦しんでいるようですね、あたりまえです。
「だからっ、わたしは!高校生で!ちっちゃくなっちゃったの!はんにんをつかまえないと!」
説明の仕方も非常に幼稚ですね、股間を盛大に濡らした児童が熱弁しているのでは説得力にも欠けるというものです。
「朋美!あんたはシーツ外してお布団干してきて、私は利穂を叱るから」
どうやら母親は聞く耳を持ってくれなかったようですね。お姉さんは指示通り利穂の粗相した布団を片付けていますね……おや、これはこれは、母親は利穂の濡れた服を全て脱がすと体を抱えて手のひらでお尻を思いきり叩き出しましたね。
録画にもこの軽快な音が撮れていればいいのですが、以前でしたら母親よりも身長、体格ともに上だった利穂も今では楽々体を持ち上げられて全裸でお尻を叩かれているのですから、さぞ複雑な心境かと察します。
「利穂っ!その年でもおねしょが治らないのは怒らないけどなんでオムツ履いて寝ないの!?」
「ちょっとぉ痛いよぉっ!……ごめんなさい!ごめんなさいってばぁ!」
そうこうしている間に、利穂のお尻は真っ赤ですね、小さくなって肌も弱いのでしょうか、見ているだけで痛みが伝わってきそうですね。おっと利穂も涙を流しているみたいですね、どうやら涙腺も緩くなっているみたいです。
「さっさと、体洗ってご飯食べちゃいなさい!」
叱り終えると全裸の利穂を部屋に置いて母親はリビングへいってしまいましたね。

179yumu2015/08/13(木) 14:46:18.69ID:K5XaFW09
もちろんシャワーの最中もしっかり映像は保存しておきました。
混乱は続いているようですが、着替えのときに着る洋服のデザインが幼すぎて戸惑っているみたいです。
昨日まで着ていたような服なんてありませんからね。羞恥しながら着替えている姿は初月様も喜んでくれそうです。
本人はブラジャーも化粧もしないという事に違和感を覚えているみたいですが、記憶にはブラジャーの付け方もメイクの仕方も忘れてしまっているので結果としては同じでしょう。
味覚も幼くなっておりますので、朝食の際、口に入れたものの味にとても驚かれていました。
以前でしたら普通に珈琲を飲んでいたのでしょう、ミルクを入れたからといって珈琲を口にした表情は以前の大人びていた利穂からは想像できないユニークなものでした。
もちろんこれもしっかり保存済みです。
さて、ランドセルを背負った姿はとても小学四年生とは思えませんね、おっと今はまだ三年生でした、四年生になるのはもう暫くしてからですね。どちらにしても年相応には見えません。
利穂は思ったよりもすんなりと小学校に行きました、おそらく複雑に物事を考えられないうえに、今の体が小学校に通っている経験に流されているせいかと思います。
以前に世界が変化したときの真帆子の時もそうでした。
頭では分からないことでも、肉体が覚えている経験によって勝手に意図せず動いてしまうというのは、何度見ても滑稽なものです。
クラスに入った利穂もどうやら状況を把握したようです。きっと思考を読むとするなら
『同学年のはずなのに、みんな大きい……』
いえいえ、あなたが小さすぎるのですよ。クラスでは利穂の身長が一番低いみたいですね、背が高い女の子と比べると頭一個分以上も差があります。来ている洋服のデザインが幼いせいか、より年齢が低く見えますね。
これは初月様の相手に恥辱を覚えさせたいという気持ちの一つ一つがこういったところに反映されているのでしょう、素晴らしいですね。
利穂の高校生としてのプライドはしっかり残っているみたいです、小学生一人一人を馬鹿にしているような目をしますね、きっとみんな幼稚ね、とでも思っているのでしょう。
すましている姿は事情を知っている者から見れば、吹き出してしまいそうなものです。
おや、気が付けば朝礼も終わって授業が始まるみたいですね、利穂は背が低いせいか一番前の席に座っています。
一時間目は理科ですね、内容は昆虫についてですか、なるほど。しかしこの授業でしたら低学年程度の知識でもある程度は理解できるはずですね。
……と、私はそう思っていたのですが利穂の様子は違いますね……あぁなるほど分かりました。教科書を開いてこう思ったのではないでしょうか?
『読めない漢字がいっぱいある……』
教科書を覗いてみると、どうやら「重力」や「校庭」、「化石動物」など漢字が二つ続けて書いてある部分の読み方が分からないみたいですね。
授業はもちろん利穂を待ってはくれませんから、どんどん進んでいきます。
推測をしてみると、小学校低学年、特に一年生の授業では殆どの教科書が、ひらがな表記となっており、漢字が含まれている文章を読むという事に慣れておりません。
その影響でこういった漢字が多い文章を読もうとしていると頭が混乱して追いつけないのではないでしょうか。
利穂も授業がなかなか理解できないことに気づき始めたみたいでノートを取ろうとしていますが、字はお世辞にも上手とは言えません。流石低学年レベルと言えましょう。
先ほどまで見下していた同級生たちがスムーズに授業についていけているのにも驚いているようですね。
今まで楽に勉強を覚えていたのかもしれませんが、今ではもうすぐ四年生になるというのに低学年レベルを理解するのにやっとな程度しか勉強をしてこなかったという事になっております。
たかだか小学生の授業とはいえ今の利穂がクラスの中でどの程度の成績なのかはご理解いただけるかと思います。

180yumu2015/08/13(木) 14:48:51.82ID:K5XaFW09
二時間目の国語の授業ではより悲惨な結果となりました。何せ、順番で教科書を音読しなくてはいけなかったのですから。
前もって自分が読む場所も分かっている、しかもたかだか6行程度の文章、しかし利穂は「両手を上げる」「お店を開ける」「五分間」「荷物をもつ」こんな難しい漢字を読むことはできません。
それどころ文字を読むことすら危なっかしく、ところどころ読めずにいれば教師から読み方を教えてもらい、ようやく読み終えたかと思えばこの先生も利穂に対して酷い事を言いますね。
「ではこの“がっくりした”とはどんな気持ちですか?」
そう言われて利穂は泣きそうになりながら。
「わかりません……」
消えるような声で呟きました。利穂の後ろからはクスクスとした笑い声が聞こえます。利穂は耳まで赤くなっていますね。
昨日まであれほど威勢のよかった彼女が今ではこんなに可愛らしくもなるのですから変われば変わるものです。変えたのは私ですが。
クラス内で利穂の立ち位置も、女子の誰かが面倒を見てあげなくちゃいけない劣等生といった雰囲気があります。
これがバレー部の部長で成績優秀者だった人物かと思うと、面白いほど立場が逆転した学園生活かと思います。
次は体育の授業みたいですが、男女が一緒に着替える事に驚愕しているみたいですね。そして着替えている最中は同い年との女の子と自分の発達の差にも愕然としております。
今まで同級生の中では発育も早く、スタイルの良かった彼女からしたら初めての感覚でしょう。
早くも縊れや乳房が発達し始めている生徒がいる中、利穂は年下の一年生と並んでも負けていないスタイルなのですから。
これからコンプレックスというものを意識して生活を送らなくてはいけませんね、是非とも頑張ってください。
体育館に移動しての縄跳びや跳び箱、これも先ほどの授業と同じくかなりお粗末な結果でした。
縄跳びでは腕と足の動きが噛み合わず、両足同時に飛び跳ねるのも難しそうでした。
跳び箱では手を付いて飛び越えるどころか、跳び箱の上に飛び乗ることさえ上手くできないのですから。
同級生からしても笑っては悪いと思ってしまうぐらい運動能力の低さは目立っています。
おや、思ったように出来ない事に対しフラストレーションがたまってきたのでしょうか?授業の途中なのに別の女子と何か言い合っています。
「でも、バレーだったら、わたし、とってもうまいんだからねっ!」
「へぇー、バレーってどんなスポーツなの?」
「えっ……」
おっと、どうやらバレーという単語は覚えていたようですがどんなスポーツなのか説明できないでいますね。当然ですが、今の利穂はバレーというスポーツをやったことすらないのですからイメージはあっても具体的に教える事なんて当然できません。
「こう、ボールを落とさないようにしたり……あみにひっかからないようになげたりとか……」
とても経験者とは思えない説明ですね。話を聞かされている女の子の残念そうな子を見る顔も見ものでしたので保存しておきました。
四時間目の算数には説明を省かせていただきましょう。昨晩初月様から出された問題にすらまともに答えられなかったのですから大凡の予測は出来るかと思います。
基本も出来ていないのに、より複雑で応用を必要とする問題なんて解ける訳がないのです。
今の利穂はスポーツで言うなれば、野球というスポーツの説明を一回聞いただけで試合に出場している様なものです。
普通に考えて出来るはずがありません、絶対的に経験と知識が不足しています。
授業の最後に出された宿題を受け取った利穂の表情は今にも泣き出しそうでした。正確に言うと少し泣いていましたね。
この様子ですと本日のダイジェストを初月様に提出したとしても、あと数日間は利穂の様子を観測したほうがいいかもしれません。
利穂にとって久しぶりの小学校生活初日はとても苦い経験となりそうですね、おめでとうございます。
初月様の影響なのか、給食や掃除を行っているときも利穂の動きは他の子どもと比べて非常に不器用でした。
まだ頭と体の動きに慣れていないせいもあるのでしょうが、以前の彼女とは思えないほど、なにをする時も幼稚な仕草でした。
まぁクラスで目立っているという意味では同じかもしれませんね。

181yumu2015/08/13(木) 14:51:45.05ID:K5XaFW09
学校から帰ってからの生活もまとめてみると、疲れているのに勉強しようと机へ向かっていきましたが、わずか数分間しか集中力が続かずスグに絵を描いたり絵本を読んだりしていました。
宿題に取り掛かっても基礎が出来ていないのでかなり時間が掛かってしまい、結局三分の一も終わらせられなかったようですね。
かつては平均的だと見下していた妹は今では姉という存在になり、今から勉強しないと苦労するわよと指摘を受けてなにも言い返せずにいました。
かつての進学校で模範生徒となっていた利穂の転落ぶり、プライドと高校三年生で優等生だったという記憶だけは持ち合わせている分、今の環境はさぞ耐え難いものかもしれません。
しかしこれで今まで味わう事の無かった刺激的で劣等感に浸れる毎日を過ごしてもらえるというものです。
これからは初月様が与えてくださった世界で存分に退屈ではない学校生活を満喫してください。
私からは先日の真帆子のときを思い出し、利穂に対して性欲に関する興味を少しだけ強くしておくことにしました。初潮もまだみたいですね、面白くなるのはだいぶ先になりそうです。
しかし、こういったアクセントを加えることによって依然と同じく高校三年生になったときどれほどの差異があるのかというのも長い年月を通して初月様が楽しんで頂ける余興になるかと思います。
あと面白かった場面と言えばそうですねぇ……寝る前に紙おむつを履く利穂の姿ぐらいですかね。
当然大人用の紙おむつなんて履けるわけがなく、用意されていたのは利穂からすれば恥ずかしすぎるほどの幼稚なデザインの女児用紙おむつ。
今朝に受けた母親からのお仕置きを思い出して、苦渋の表情を浮かべながら履いた時の情けない顔といったら本日一番の写りだったかと思います。
寝る前にトイレに行ったみたいですが、どんなに頑張ったとしてもあと4〜5年間はほぼ毎日、夜の失態に悩まされ続けることでしょう。もちろん頑張らなければそのままです。
初月様には明日の朝、その恥ずかしいデザインの紙おむつを、自らが汚してしまったときの利穂もしっかりと保存してから見せることにしておきましょう。
寝る前におむつを履いた利穂はきっとこの様に思っている事でしょう。
『もし、クラスの子や年下の子にまだおねしょをしている事がばれたらどうしよう……』
初月様の言った通り、今後はかなりスリルのある生活になりそうですね。
今の利穂は朝が弱いみたいなので、せいぜい“寝ぼけて紙おむつを履いたまま登校する”なんて事が無いように気をつけてもらいましょう。
紙おむつを履いたまま学校へ行くときにスカートを履いて行ってしまったり、着替えなどがあったとしたら、とっても大変かと思います。
もしも、そんな面白い事態になったらその様子を初月様にお伝えしなくてはいけませんね。もしもの話ですけどね。
おっと、どうやら初月様は新たな標的を発見したようで、また世界の改変を望んでおられるみたいです。私の仕事にも力が入るというものですね。
次の人物はどのようにして私を、そして初月様を楽しませてくれるのでしょうか?高ぶる高揚感を抑えるのもこの仕事の辛いところです。
さて本日はこれぐらいにしておきましょう。御機嫌よう。

182名無しさん@ピンキー2015/08/13(木) 21:49:43.82ID:FEn5LMta
性欲をプラスな辺りにGJと言わざるを得ない

183名無しさん@ピンキー2015/08/14(金) 21:07:35.91ID:8lsfBz9+
新参だけど知能低下ものならこのシリーズを貼っていきたい
まだ途中だけど一人称視点なのが非常にツボ
http://novel18.syosetu.com/n9852co/4/ 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be20a4887bc3d3353f527d3636c44e3)

184sage2015/08/14(金) 21:08:50.65ID:8lsfBz9+
うわsage忘れた、面目ない

185名無しさん@ピンキー2015/08/14(金) 22:14:34.53ID:jqwyJMCo
>>182
実に乙乙
「同じく高校三年生になったときどれほどの差異があるのか」って一文がすごくツボだった
依然とは似ても似つかない卑屈で劣等感にあふれてた子になったり
優等生どころか卒業すら危うい劣等生になってるのかな、とか妄想するだけで興奮する

186名無しさん@ピンキー2015/08/15(土) 06:46:12.45ID:uMIJ+3Pz
性欲がプラストとかすごい興奮する
プライドが高いから、以前の自分を取り戻すために勉強しようとするけど
理解できない上に、オナニーが止まらないとか
男子のことばっかり考える、恋愛脳になってたりとか最高だわ
以前の記憶があるのがいいね

187名無しさん@ピンキー2015/08/15(土) 17:33:49.18ID:1RVJhB4u
さらだのロリ漫画に出てくるような貞操観念の低いエロガキになったりするのか

188名無しさん@ピンキー2015/08/15(土) 19:56:07.51ID:AThzeEXH
元が優秀であればあるほどギャップが映えるよね

189名無しさん@ピンキー2015/08/16(日) 20:38:31.45ID:8G8T5Jjd
頭がいい女の子は、それまで才能で乗りきってて、たいした苦労をしていないんだから
強制的に知能低下されて、頭の弱い女の子にされちゃうのも仕方ないよね

190名無しさん@ピンキー2015/08/17(月) 14:09:47.48ID:n4idpzUP
よく分からない理屈だな

191名無しさん@ピンキー2015/08/19(水) 22:06:53.35ID:iN/ACAhX
輸血で知能低下やらよく思いつくよなー。

192名無しさん@ピンキー2015/08/22(土) 11:55:47.12ID:85Y7H/vu
理系で頭の良い女子が
平凡以下の典型的な文系女子になっちゃう話はよ

193名無しさん@ピンキー2015/08/25(火) 00:19:19.79ID:ogPRGvgt
友達数人が頭よかったのになぜか声優目指すとか…。もったいねぇ。

194名無しさん@ピンキー2015/08/25(火) 01:38:37.55ID:sR/rHKoX
意識はそのままなのに、
今までできていたことがどんどんできなくなる絶望感と
増幅される怠惰さとか、性欲とか、そういうの最高

195名無しさん@ピンキー2015/08/27(木) 09:54:48.63ID:r2rqdffY
怪しげな雑貨屋で買ったキャンディで
知識だけ、入れ替わる幼なじみふたり。

196名無しさん@ピンキー2015/08/28(金) 12:39:37.05ID:39KFaCfK
そのネタどこかで見たな
スタイルの良い人気者の女の子と、
脇毛の処理もしてない太めの女が入れ替わる話

197名無しさん@ピンキー2015/09/07(月) 00:00:16.57ID:ABmS6izE
>>196
ほんとに?どこのサイトだろ。

198名無しさん@ピンキー2015/09/07(月) 03:49:45.18ID:86a1iWai
>197
現行スレにあった
これだな
http://nasu.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1394662901/36-40

199名無しさん@ピンキー2015/09/09(水) 01:03:00.44ID:cui/fQMs
今まで簡単だったことが
理解しようと思ってもできなくなるって最高だな

200名無しさん@ピンキー2015/09/12(土) 10:39:44.50ID:dt8LuXak
>>199
痴呆と違うのか

201名無しさん@ピンキー2015/09/13(日) 02:58:28.40ID:GZUFm6X8
アルジャーノンとはちょっと違う

202名無しさん@ピンキー2015/09/20(日) 22:34:03.26ID:qqfeth3G
クラスのサイコパス女子の勝手な実験で弁当箱に知能低下起こす薬を入れられてみるみるバカになってしまい、学校にもいかなくなって美貌も失い性格もひねくれるお話。
生活環境チェンジで一週間だけクラスの人と入れ替わりをさせられ真面目な尊敬できる自分の母親から友達の駄目親を見て自らも堕落していくお話。そして戻される過程でミスが起こり知能低下したりそもそも自分の頭がわるかったとされる世界になっていたりするといったお話。

203名無しさん@ピンキー2015/09/20(日) 22:42:17.86ID:pKSDPCzH
実にいいねえ

204名無しさん@ピンキー2015/09/22(火) 00:25:53.14ID:LfvxKlMM
長編新作、続編書いてもらいたいよー。クレクレは逆効果なのは知ってるけども我慢できないー。

205名無しさん@ピンキー2015/09/22(火) 07:20:11.48ID:KI0y3ZF2
書く気が失せた

206名無しさん@ピンキー2015/09/23(水) 10:08:51.87ID:PnSWRvqq
全然抜けない

207名無しさん@ピンキー2015/10/03(土) 12:49:58.66ID:gT79vvyY
バスにのってたら小学生くらいでおかしな動きで遊んでいた子に話しかけられ返事をしたらその子自身になっていた。

208yumu2015/10/06(火) 16:17:05.87ID:e9q4PKpc
「……という事らしいのですが、いかがいたしましょうか?」
「はむっ……ちょっち待ってよ、今お昼食べてるんだし」
「それは、大変失礼いたしました」
わたしは頬張っていたハンバーガーを口の中に押し込むと、オレンジジュースで流し込んだ。
とりあえず、テストの結果もまぁまぁだったし、友達との付き合いもそれなりに順調だし、気に入らなかった人たちが色々といなくなってくれて快適な学園生活を送れてはいるんだけどさぁ。
「正直、他の学校の子とかぁ、あんまし干渉したくないんだけどねぇ……」
 なんで、こいつはこんな面倒くさい案件を私に報告するんだろうね?本人的には面白いと思っているんだろうけれども。
「しかし、お二人とも中学時代のご学友という事でしたので、一応念の為」
「ご学友ねぇ、まぁ……顔見知り程度だったけどねぇ……一人とは相性は悪かったよね、うん」
立花姫香、中学時代の同級生、頭は良かったし、身だしなみ整えて清潔感があって、いかにもお嬢様優等生。
別にわたしへ干渉してくる事もなかったし、問題のある行動をしていたわけでもないし。あんまし話したことが無いから性格までは正直覚えていない。
「それと……鈴美ちゃんかぁ」
間藤鈴美、こちらも中学時代の同級生、成績は正直まぁまぁってとこかな、わたしと同じくらい。
こっちとはそれなりの仲だった。気が利くっていうか、面倒見がいいっていうか、好き好んでパシリになってくれる様な子。
純粋過ぎて引くこともあったけど、確かにまぁ、悪い子じゃなかったかな。
「人は見た目によらないって言うけどねぇ……まぁ話をしてみて、面白そうだったら立花さんには頑張ってもらっちゃおうっかなぁ」
「そういう事でしたら、速やかに手配を取らせていただきます、初月様にはご準備が出来ましたらご連絡を……もちろん後でこの話を聞かなかったことにしてもらっても結構ですので」
そういうとあいつは写真をテーブルに置くと、とっとと店から出て行っちゃった。あいつが来てから至れり尽くせりの生活だけど、ああやって忙しないのはちょっとねぇ。
テーブルに置かれた写真には二人の女性が映っている。さっき話した立花と間藤、全裸で泣いている藤間の前で立花が笑いながら携帯の写メを撮っている、という様子を撮っている写真。いったいどうやって撮影したんだかねぇ。
立花なんて、絵に描いたような潔癖優等生って感じでこんな事やるなんてイメージじゃなかったけど、高校生活が合わなかったのかしらね。こういう人種の考えはよく分からない。
確か二人は有名大学の付属高校に合格して、わたしとは別の学校に通っている。卒業して以来二人にはあっていなかったけれど、まぁあんな気の弱そうな鈴美ちゃんをイジメるっていうのはいけないよねぇ。
「えっとぉ……なんか予定入ってたっけ?」
わたしは自分のスケジュールを確認してみる、都合が良いのは明後日の放課後かな。残ったシェイクを啜りながら少しだけ頭を働かせる。
ほら、わたしって必要な時以外は極力考えないようにしているからさぁ、エコよエコ。そうこうしているうちにアイデアが浮かんだので、携帯であいつに話してみる。
「もしもし、あぁわたしわたし、さっきの話だけど、あのさぁあんたってさぁこれから言う事出来る訳?」
『…………なるほど、可能でございますよ、それでお日にちはお決まりに……はい、わかりました明後日の放課後でセッティングしておきますので、はい、失礼いたします』
さぁってと、立花と話す事をあとで考えておかなくちゃねぇ。わたしに勉強以外で頭を使わせたんだから、それなりに覚悟しておいてよね、まぁ冤罪だったらあいつをお仕置きしちゃうわけなんだけど。

209yumu2015/10/06(火) 16:18:25.59ID:e9q4PKpc
ここは駅の近くのカラオケルーム、目の前には立花姫香が座っている。高校に入って大分大人っぽくなったみたい。
膨らんだ胸元やスラリと伸びた足、顔つき、どこもかしこも成長していて、制服の皺や髪の先まで綺麗に整えられている。
ただし目線はぼんやりと虚ろな視線を漂わせている。私が目の前で手を振っても反応が無い。まるで目を開けたまま寝ているみたい。
ちょっとだけ制服のスカートをめくって下着を覗いてみると、綺麗な白のショーツ、人に見られない場所なのにちっとも面白くない下着履いているんだね。
「やっぱこう見ると、立花ってわたしと相性が悪い気がすんだよねぇ……」
「そうですか、こちらの準備は終わりました」
「あのさぁ、今回は本当に服を脱がせるのは勘弁してよね、いざってときのシチュエーションが大事なのよ、situation!」
「問題ありません、今回ばかりは私も時間をとらせて頂いたおかげで、初月様のお望みのシチュエーションで行うことができます」
「それに、本当にあんたの姿は見えていないわけ?」
「大丈夫です、この女性にも、防犯カメラにも誰一人として私を認識しているものはございません、唯一認識できるのは初月様だけです」
「なんかそれって、傍から見たら私がちょっと危ない女の子に見えてない?……まぁいっか、さっさと始めちゃおう」
「畏まりました」
そう言うととこいつは、指をパチンと鳴らす。次第に立花姫香の目に光が入り、ぼんやりとしていた表情に意識が宿っていく。
「あ……あれっ?」
「ん、どうしたの立花さん」
「あっ……あぁ、そうそう、そうだったよね……私、初月さんと町で偶然会ってカラオケに来たんだっけ……」
「そうだよぉ、放課後に偶然あったんじゃん、どうしたの?」
さあってと、これから上手く話を誘導させていかないとね。
「なんでだろう、私、今までカラオケなんて行ったことないのに意気揚々と初月さんと一緒に来ちゃって……ごめんなさい、迷惑だったかしら?」
「そんな事ないよぉ、それにわたしだって立花さんに聞きたいことがあったんだよねぇ……」
「聞きたいこと?」
「あのさぁ、藤間鈴美って覚えてる?」
立花の目が一瞬泳ぐのが分かった。
「え、えぇ、藤間さん、私と同じ高校に通っているのだけれども、最近不登校気味なのよ……正直心配していて……」
困った様な表情を浮かべたけれど、声からは演技かどうかは分からない。
「へぇ、そうなんだぁ、で、立花さんはさぁ藤間さんに何かしたりとかした?」
「……どういう事かしら、藤間さんとはあまり親しい間柄じゃなかったから……」
「立花さんさぁ、一応忠告しておくけどさぁ、嘘はつかないほうがいいよマジで」
「そんな、初月さん……本当に私は何も知らないの、ごめんなさいね……でも……」
「でも?」
「不登校の原因は、どうやら彼女、隠れて喫煙していたらしいのよ、それが原因で謹慎しているんじゃないかって噂だけど……」
「はぁー……あっそうだったんだ」
あのおとなしい子が喫煙ねぇ……私は立花の後ろにいるあいつに目線を移して合図をする。

210yumu2015/10/06(火) 16:20:39.41ID:e9q4PKpc
「もう一回言うけれど、藤間鈴美に何かしたの?」
「だから私は何も…………藤間鈴美ね、あの可愛い子ぶった、イライラするようなブリッ子でしょ」
立花は自分の口が勝手に喋りだしたので、驚いた表情を浮かべた。口を塞いでも本音はどんどんと漏れてくる。
「あの子ね、同じ高校っていうのも嫌だったのに同じクラスになるなんて最悪よ、男に媚びたような喋り方して、頭悪い癖に私達と友達になろうとすり寄ってきたりしてさ、だから良いように使ってやったのよ」
何とか口を塞いで、勝手に喋る口を押さえようとするけれど、声ははっきりと流れる様に漏れ続ける。
「最初は色々とおつかいを頼んだのよ、もちろん藤間のお金でね、そしたら途中からお金ないとか言いだすから、男に媚びて金を作ってきなさいってアドバイスしてあげたのに、それも嫌がるんですもの」
まぁ普通だったらそんな事しないよねぇ。
「だから自分の恥ずかしい写真でも撮影して売ったらいいじゃないって再度助言してあげたのよ、それなのにあの子は……本当に馬鹿で聞き分けがない、せっかく友達になってあげた私たちが手伝ってあげようとしたのに」
 まぁNOと言えない容量の悪い子だったし、大体想像はつくかな。
「小学生なみの頭なのに一貯前に私たちと同レベルと勘違いしているからあんな事になるのよ、せっかく遊んであげたのに急に学校にこないんですもの……もちろん学校にだって親にだってこの事はばれないよう徹底してやった事の証拠は隠蔽処理してあるわ」
立花は口を塞いで、これは違うと首を横に振っている。目には涙を浮かべて口の中に手を入れているのに声はどこからかしっかりと詰まることなく発せられている。その取り乱し方はさっきまでの優等生とは思えない変わりよう。これはこれで面白い。
「なるほどねぇ、で、おつかいって何を買わせたのよ?」
私は薄らと笑みを浮かべながら、必死で抵抗しようとしている立花を問い詰める。
「えーっと、あんまり覚えてないのよねぇ、確か藤間にはアダルト雑誌やタバコを買わせようとしたらお店で未成年はお断りって言われたとかで、代わりにコンドームとかローションを買わせて」
「へぇーそれからそれから?」
「あとは私たちの飲み物を買ってきてって言って隣町のコンビニへ飲み物を買わせにいったんだっけ、ちゃんとレシートを証拠としてね」
なるほど、まぁ典型的な女のいじめっぽいかなぁ。

211yumu2015/10/06(火) 16:25:22.10ID:e9q4PKpc
「そうそう、それでそのままだとつまらないから次のおつかいは薬局で浣腸を買わせて来て使わせたのよ、そのまま隣町までジュースを買いに行かせて戻って来た時の藤間の姿にはみんなで大笑い」
声は笑っているのに、本人は必死に口を押えつけようと必死になっている。
「生まれたての小鹿にみたいに足を震わせてさぁ、それでみんなこんな汚い飲み物飲めないってその場で捨てたときの表情と言ったら」
「あっ、もういいや、大体わかったし……次にさぁ、あられもない写真ってのは?」
カラオケの薄い烏龍茶を啜りながら、自分で喉を締め付けようとしている立花に問いかける。
おっと、ドアから逃げようと思っても無駄だからね。もうこの部屋からは逃げられないし誰も入ってこれないんだから。
「最初は煙草を口にしているところを写真に収めたのよ、火を使わなくていいからって言って上手くだましたところを写メでバッチリ撮って」
「なるほど、それを強請のネタにしたって訳ね」
「そうそう、それから全裸の写真でしょ、次は指でじぶんのおま○こを限界まで広げて見せているところとか」
立花の口は自慢げな口調でとんでもない告白を喋り続ける。
「校舎裏で犬みたいに四つん這いでおしっこしているところとか、後は普通だったら恥ずかしくて痴女まるだしのスケスケランジェリーで放課後の校内を歩いているところとかかしら……」
喫煙写真なんかで強請のネタにされるなんてあのおっとりした子らしいっちゃらしいか。
「そうそう、この間は誕生日だったからみんなで写真を撮ってあげたのよ、藤間のおま○こに蝋燭を指して火をつけてさ、両手をピースさせた姿を撮影したのよね」
立花はこれは嘘と言わんばかりに首を横に振り続ける。
「ハッピバースデーを歌い終わるまでピースしてなさいとか、ちゃんと息で蝋燭の火を消しなさいとか、人生で最高の誕生日だったんじゃない?涙を流して喜んでいたわよ」
既に泣きそうな顔の立花なのに、口調は今にも笑い出しそうなほど愉快で、声と姿で凄いアンバランス。
「大丈夫よ、体を傷物にして証拠を残すような事なんて何一つしていないし、ちゃんと本人からやらせてくださいって許可を得てやっているから」

212yumu2015/10/06(火) 16:29:11.34ID:e9q4PKpc
んーとぉ、まぁ、結果としては予想よりひどかったかなぁ、そりゃあ自分たちがこんな事していたなんて言いたくないよね。わたしは立花の後ろにいるあいつに視線を送ると目が光るのが分かった。
「ふぅーん、色々貴重な情報ありがとうね立川さん、もう教えてくれなくていいよぉ」
ようやく勝手に喋り出す口が止まって胸をなでおろしているが、目線は最初と打って変わって睨み付けるような眼光を飛ばしている。
「な、何よ今の、催眠術!?……それで、私をどうしようっていうわけ?」
「別に、ただ立川さんの口から真実が聞きたかっただけだしぃ」
「真実ですって?証拠もないのに、今私が喋った事が本当の事だとでも?」
でもまぁ実際事実な訳だけどね、あれが嘘だったら逆に凄いわ。
「そんな酷い事、普通する訳ないでしょ!本人に確認をとっても、きっとそんなとんでもない事されていないって言うわよ!」
「まぁまぁ、落ち着いてさ、別にどうこうしようって話なんてしてないからさぁ」
そろそろ大丈夫かな?立花さんには貴重な体験談のお礼をしなくちゃいけないじゃん。
「ところで、今の会話をレコーダーで録音していたって言ったら驚く?」
「えっ……」
さっきまで強気な表情だった彼女の顔が急に青くなる。
「きゃはははっ、冗談だってぇ、いやぁ藤間さんも学校に行ってないから大変だと思うけれど、立花さんも大変じゃないのかなぁって思って」
「……私の何が大変なのよ、なにがお望みなのよ?交渉にはそれなりに乗るつもりよ」
最初に会った時の冷静な表情は既に崩れている、クールな印象の彼女から焦りの色が出ている事は、このわたしが見たってわかるっつうの。
まぁ生憎だけど、交渉に応じる気なんてさらさらないしぃ、それに彼女には交渉に値するカードがあまりにも少すぎるかな。
『立川さんってさぁ、高校中退でしょ?藤間と同じ学校行っていない同士じゃない』
いつもと同じ感じ、カラオケボックスの中が重い空気で充満する、重力が増したみたいに雰囲気が変わる。いつの間にか隣の部屋から聞こえていた音もなくなっている。
「はぁっ?」
思わず鳩が豆鉄砲食らったような顔を浮かべる立花。
「何言っているの、私は国立大学の付属高校に通っているし、退学なんてしていないわよ?」
『えー?だって立花さん、制服着ていないじゃん、そんな裸みたいな恥ずかしい私服でよく言うねぇ』
立花は自分の服を見て驚く、さっきまでビシッとしわの無い制服を着こなしていたのに今着ているのは……。
うわぁ、膝上30cm近いデニム生地の極ミニスカートに、上は胸元がユルユルのチェニックブラウス。
寄せ上げた胸の谷間は正面からでも十分強調させているし、丈が短いからおへそがチラチラと覗いている。靴もローファーから底の厚いヒョウ柄のピンヒールに変わっている。地肌全開、露出度高めの格好。
「ひゃあぁっっ!?」
思わず声をあげて自分の身を抱きしめる様に地肌を隠すけど、だけどそんな足を上げる格好になったら下着が丸見えなんだよねぇ。

213yumu2015/10/06(火) 16:32:16.36ID:e9q4PKpc
『なんだ、立花さん、さっきはスケスケランジェリーを藤間さんに着せたって言ってたけどさぁ、自分の下着だって十分痴女みたいなヤバいの履いてんじゃん』
さっき見えたときは普通の白いショーツだったけど、今彼女のスカートから見えるのは生地が薄くて、紐みたいな紫色のショーツ。しかも股間の部分だけは、まるでティッシュペーパーみたいに極端に薄いやつ。
おかげで彼女のアンダーヘアーも、目を凝らせばその奥まで丸見えになりそうな普通の子だったら絶対履かない様な下着に変わっている。てかあんなの何処で売ってんだろ?
「えっ?えっ!?」
立花は身に起こる変化に対して完全に混乱しているから、このままわたしのペースで勧めさせてもらおうっと。
『髪も染められていいよねぇ、綺麗なゴールドブラウンでパーマもあてているからふわっふわだよねぇ、うちだったらスグに退学ものだよ』
黒のストレートだった髪は、ゆるふわで派手な色に染められた明るめの髪型に変わる、正直この年代がする髪型としてはかなりバカっぽく見える。
『それに……ネイルも派手だよねぇ、わたしだったらそんな長い爪していたら勉強なんかできないよ』
清潔に整えられていた爪は今や魔女みたいに長くて、ジェルやパールで装飾された派手なネイルに変わっている。あれじゃあペンだって持ちづらいし、本だって読みにくいんじゃない?
「ちがうの、何この格好、えっ?えぇっ!?」
『それにその肌、日焼けサロンに行っているんでしょ、小麦色っていうか薄い赤茶色?そんな肌だとやっぱり立花さんみたいな派手なメイクが似合うよね』
色白だった彼女の肌は昔で言うガングロ?一気にギャルっぽく変わる、こっちの方が健康的で露出度の高い服装にピッタリだよね。
『マスカラバッチリで、アイシャドーバッチリで、ド派手なリップにショッキングピンクのチークなんて、色白だとそのメイクは派手すぎるもんねぇ』
「メ、メイク?え、あれ、肌の色が変なんだけど……ちょ、ちょっと待って!!」
『アクセもたくさんつけられて、普通の高校生だったらここまで派手なファッションで遊ぶことなんて出来ないよねぇ』
何を言っているのか分からないといった顔をしている立花はもはや別人、誰が見たって付属高校に通っている優等生なんかじゃなくて、昼から遊んでいるギャルにしか見えない。
露出狂みたいな下着がチラチラ見える極ミニスカに、寄せた胸元が全開のブラウス、おへそは殆ど見えていて、アンクルにアンクレットにネックレスにピアスといたるところにゴールドアクセを付けている。
ピアスもへそピもつけているし、ネイルは手も足もバッチリ。パッと見で分かるぐらいド派手なギャルメイクはまさに遊び人といった風貌に変化している。
ゆるふわな髪型も、カラフルなメイクも、服装もいたるところからおつむの弱い、バカギャルといった印象を与えてくる。
うん、これからの立花にはピッタリじゃない!

214yumu2015/10/06(火) 16:37:45.13ID:e9q4PKpc
『ほら、立花さん、自分の姿を見てみれば?』
私はカラオケルームのガラスを指さしてみる。
「ひゃぁっ!!きゃぁぁぁあっー!?なんで、いきなり服装も髪も変わっているのよ!!何が起きているの!?あなたの仕業なの??」
立花はガラスに映る自分の姿に驚愕している。まるでガラスに映っているのが自分じゃないみたいに髪や顔を触っている。
さぁってと、もう少し清楚なイメージは払拭しちゃったほうがいいよねぇ。今の立花には清楚なお嬢様キャラなんて似合わないじゃん?
『まぁ立花さんって昔から面倒臭がりだったのに、メイクとかはバッチリだよねぇ、やっぱりあれ?汚れとかを隠すため?』
「面倒くさがり、私が?」
振り返ったギャルが鼻で笑っている。いやぁこれだけでも凄い変わりようだよね、うん。
「幻覚なのか手品なのか、どうやって、私をこんな恰好にしたのか分からないけれどこれ以上私を侮辱したら警察呼ぶわよ……。」
どうやら目は本気みたいだけど、ここでそんな行動をとっても立花にはどうする事もできないんだけどね。
「高校でも清潔で真面目な模範生徒として活躍しているのに、こんな恥ずかしい恰好にするなんて許さない!」
『清潔ぅ?不潔の間違いでしょ、だって立花さんは一週間もお風呂に入らないのとか当たり前じゃん』
「ば、ばば、馬鹿にしないでよ!!」
怒りからか呂律が回っていない。だけど少しずつ体も記憶も変わってきているはず。
『じゃあ、最後にお風呂に入ったのはいつ?』
「今朝にシャワーを浴びてっ……あれっ?違くてっ、きっ昨日の夜にっ…………あれっ、昨日……じゃなくて……あれっ……一昨日……だったっけ?」
立花は必死に思い出そうとしているけど、もう現実は滅多に風呂に入らない汚ギャルになっている。
髪だって、ボサボサの固まった髪を必死にパーマでごまかしているだけだし、地肌が出ている腕や足は薄汚く汚れている。それに、臭いをごまかすためか、強い香水の匂いが立花から香ってくるけれど本人は気づいていないみたい。
『やっぱり思い出せないんだ、面倒くさがりやの立花さん』
「だ、黙りなさい!!」
日焼けで黒くなった立花の顔が青くなり焦っているのが分かる、彼女の記憶からは体を清潔にするという記憶がスッポリと無くなっている。丁寧な体の洗い方や髪の乾かし方、お肌の手入れだって覚えていないから、かなり不潔な肉体になっちゃってるね。
『立花さんは、歯だって滅多に磨かないし、トイレで紙を使う事すら面倒くさがるらしいじゃん』
「そ、そんな事……!!」
頭が痒いのか、立花は時折長い爪で髪の中を掻いている。
『部屋だって、散らかしっぱなしで友達も呼べないみたいだし、服も下着も洗濯しないで着まわしていたりしてるんでしょ、ご両親も大変だね』
目の前にいるのは、純潔といった印象のあった立花ではなく、自信の不潔をメイクや香水で隠している完璧な汚ギャルになった。

215yumu2015/10/06(火) 16:38:15.09ID:e9q4PKpc
続きは明日。

216名無しさん@ピンキー2015/10/06(火) 22:02:48.13ID:1oCrXleg
パンツ下ろしてスタンバイバッチリだったのに・・・

217名無しさん@ピンキー2015/10/06(火) 22:42:06.15ID:w0Fvrl/8
パーマに行ったら髪だって洗うよね?

218名無しさん@ピンキー2015/10/07(水) 05:36:13.22ID:tv1i9Bq4
新作だ!
個人的には不潔化は好きなんだけどあたり風強そうだな・・・・・・

219yumu2015/10/07(水) 17:49:39.35ID:70i10HdZ
わたしの目の間にいるのは可憐な優等生ではなく、高校を中退した哀れで汚い元同級生だった。
「こんなの嘘よ……夢だから……」
完全に混乱しきっているみたい、まぁいきなりこんなふしだらな風貌にされたら発狂したっておかしくないよね。まぁそうならないようにあいつには上手くバランスとらせているんだけれども。
『まぁまぁ、落ち着いて一服すればぁ?わたしは気にしないしさ、そういえば退学の理由も喫煙だったんだっけ?』
「いっぷくぅ!?き、きききつえんん!?」
茫然とした表情で裏返った声を上げるから少し驚いた。泡を食うってああいう様子を言うんだろうね。
『えっ?だって喫煙がばれて退学したんでしょ、それにほら、自分も今火をつけて吸っているじゃん、変な立花さん』
「ふぁっ!?へっ、何コレ、ち、違うって!!あれっ!?」
いつの間にか立花の口元には火のついたタバコが咥えられている。立花も当然の様にタバコをふかしていたのに指摘した瞬間、慌ててタバコをカラオケルームの隅へ投げ捨てた。
「ちょっとぉ、火事になったらどうすんのさ、ちゃんとそこの灰皿に捨ててよね」
「こ、こここれって……灰皿のこれって私が吸ってたの……?」
「え、さっきまで落ち着くからってスパスパ吸ってたじゃん、覚えてないの?」
灰皿には既に十本近いタバコが山になっている。
立花の記憶にも影響してきたようで、吸ったつもりは無くても、タバコに火をつけた感覚、煙を肺から出して落ち着く快感、灰皿にタバコをこすりつけて火を消した記憶はバッチリと植えつけられている。
これで未成年にして立派なニコチン中毒の女の子になったわけ、おめでとう。
「こんなの……学校にばれたら…………お願い、このことは誰にも言わないでください、初月さんお願いします!」
まだ自分は高校生のつもりらしい、退学を恐れて震えだしている。まぁもう辞めちゃっている訳だから、そんな心配することないのにね。
『そういえば、立花さんて昔から口調もあんまり丁寧じゃなかったよねぇ、むしろ昔は乱暴気味な喋り方だったし』
「何よそれ、私が必死にお願いをしているのに乱暴な喋り方ってどういうこと?それよりもぉ、姫香はぁ、頭のいい学校に通ってんのぉ!こんな変な恰好でこれから学校にいけるわけねぇじゃん、どうしてくれんのマジで!」
お、なかなか今の格好にあった喋り方になってきたかな。
「えっ、ちょっ、何コレ、なんで姫香の口調まで変わってんの!?おかしくない!?初月の仕業なんだろ!?」
「まぁ、もうわたしの仕業とかもどうでも良いじゃん」
「良くねぇよ!それに、あの付属高校に受かるためにどんだけ姫香が頑張ったか、あんたわかってんの?それを退学だとか本当勘弁してほしいんだけど、早く元に戻せよ!」
『付属高校?何言ってんの?立花さんが辞めたのって、“偏差値の低い私立の馬鹿女子高校”だったじゃん』
「はぁっ!?」

220yumu2015/10/07(水) 17:55:46.84ID:70i10HdZ
口調が変わると、表情も結構変わるんだね、さっきまで平静を装っていたのが嘘みたい。マンガみたいに面白い顔になっている。
『ププッ、あんな偏差値の高い付属高校に立花さんが通っていたって冗談でしょぉ、成績が良くないから高校受験のときにどこにも受からなくて、やっと偏差値30くらいの私立女子高が運よく受け入れてくれたから入学したんでしょ』
そう、県でも有名な、色々と問題を起こしたり勉強が周りより遅れていたり、トラブルが会ってまともに進学できない子がしかたなく通う様な底辺女子高校。
『でも、そこも退学するなんてねぇ驚いちゃった!』
「あ、あ、ありえないし!姫香の偏差値60以上だし、そんな底辺高校行くわけないじゃん!!」
『えぇー、でも今の立花さん学生証もないし、制服も無いし信じられないなぁ……中学時代から成績悪かったじゃん』
「こんだけさぁ姫香のこと馬鹿にしておいて、タダじゃおかないからね!パパやママ……警察に訴えてやるんだから!」
馬鹿にしてって……あんた自分が思っているよりもかなり馬鹿になっているから。そろそろ自覚してもらおうかな?
「んーと、Please teach English to me」
「はっ!?プリー……へっ?今なんつったの?」
「わたしに英語を教えてって言ったんだけど、立花さん自分で頭良いとか言っているのにこんな簡単な英語も分からないんだぁ」
「ふざけっ!!わ、分かるし!」
「じゃあ水曜日は英語でなんて言うんだっけ?」
「す、水曜日でしょ!そんな簡単なの分かるから……!!」
立花が分からずに答えられないので優しいわたしが手助けしてあげましょう。
「分からないのー?水曜日は、cockdayじゃん!」
「そ、そうだよね、水曜日はコックデイだよね、知ってたから!」
「あれぇ本当に分かってたぁ?じゃあ木曜日はDickdayだって知ってたの?」
「当たり前じゃん、木曜日はでー……でぃっくでい、でしょ!常識だってぇの!」
プッ、もう英語の発音も怪しくなってきている。
「はぁ……立花さん、今のは二つとも嘘だよ、やっぱり勉強できなかったんだねぇ」
「えぇっ!?今の嘘だったのかよ!だましやがって!」
『ねぇ立花さん、自動車の燃料って何だか知っている?』
間髪入れずにスグに別の問題を出してみる。
「へっ?自動車!?えっ、えっと……自動車だからぁ……で、電気?燃料はエンジンでしょ!?」
『残念でした答えはガソリンだよー、あまり知識が疎い立花さんには難しかったかなぁ?』
「ちがう、ちがうって!知ってるから!今のわざとだからぁ!」
『じゃあねぇ……千円札の野口英世って何をした人か知っている?』
立花は野口?だれそれ?といった顔でポカンとしている。もう小学生でも知っている様な事も彼女にとっては十分難問みたい。
「えっとぉ……知ってるから!……あのぉ……あれでしょ、そうりだいじん?いや、だいとうりょうだっけ?お札の人なんだからえらい人でしょ!?姫香は頭いいから知っているし!」
ようやく立花も見た目に会った低能になってきたじゃない。本人は認めたくないみたいで涙目だけど。

221yumu2015/10/07(水) 17:57:46.37ID:70i10HdZ
まぁ考えれば考えるほど自分の頭の悪さを実感しちゃうんだから泣きたくもなるよねぇ。
清楚な時だったら、あんな回答は冗談で通じたかもしれないけれど、今の姿格好で珍解答を答えている立花はどっからどう見てもお馬鹿な汚ギャル。
さて、疲れてきたし、もうそろそろ仕上げの段階に入りますか。
『立花さんはやっぱり頭が悪かったんだね、でもただ悪いだけじゃなくて一般常識も分からないお馬鹿さん』
私はゆっくりとなだめる様に語り掛ける。
「ま、真顔で……なな何言ってんの!?」
『立花さんは簡単な計算問題だって分からないし、世界地図のどこにアメリカや中国があるかも分からない、画数の多い漢字は読み書もできないし英語なんてスペルもちゃんと書くことの出来ない可哀そうな子なんだよね』
「や、やめてよ……やめろって!!」
『興味があるのはメイクとかファッションとか遊ぶことばっかりで、それ以外のことはとってもだらしなくて、人から軽蔑されちゃうような可哀そうな子』
「やめろっつってんだろ!」
立花はわたしに襲い掛かろうとしてくるけれど、あいつの力で私には触れる事も出来ない。てか、そんな汚い手で触ってほしくないし。
「はぁっ……はぁっ、なんで殴れないんだよ!?」
『でも、そんな可哀そうな立花さんでも人より優れている事があったよね』
「な……なんだよ?」
『立花さんってセックス大好きな超絶ビッチだったんだもんね』
「び、びび、ビッチ!?姫香がビッチ!?」
『しかも、裸みたいな恰好で外に出て興奮したり、人に犬みたいに扱われて興奮したり、おま○こに異物を入れられる事に興奮する変態さんなんだっけ?』
「はぁっ!?」
『おま○こも、お尻の穴も、乳首も、耳も、全身が遊びまくりで開発済みな、とっても敏感に感じちゃう淫乱女だもんね』
「ちちちちち違うぅ!!ありえないしぃっ!!」
既に彼女の身体は散々遊びまくった開発済みの変態体質になっている。自分の純潔がそんなに大切だったのか、立花は必死に否定しようとしてくる。
『変態な事をしている自分の写真を撮って興奮したり、セックスできない日は一日に何回もオナニーしちゃっているんでしょ?』
さっき藤間にさせていたことは立花の好きな変態プレイという事に置き換えてあげるね。
『そりゃあ勉強なんて出来ないよねぇ、勉強しようと考えたり本読んだりしているうちに、勝手に手が伸びてオナニーしちゃうんだから捗るわけないよねぇ』
「違うって!姫香は、まだ処女だしぃ、自分のあそこだって……」
ふとももをこすりつけて、身をよじらせて抵抗しているみたいだけどまぁ無駄な努力だから。自分でも体が変わっているのが分かるみたい。

222yumu2015/10/07(水) 18:02:45.45ID:70i10HdZ
『ほら、自分が変態な行為をしているところを想像しただけで、もうお股ビショビショなんでしょ?下着の替えもってきている?鞄の中見てあげよっか?』
「ちょっ!勝手に私のカバンに触るなよっ!」
わたしは聞こえなかったふりをして立花の鞄をあさる。環境によって変わったのか通学鞄ではなく、派手なブランドバッグに変わっている。
『へぇ、バッグの中には財布、携帯、化粧ポーチにえーと……これってローターにディルドかな……ローションにコンドーム、流石遊びまくりの立花さん!あ、ちゃんと替えの下着も入っていたよ、バッグの中身も下着もいかにも遊び人の立花さんにピッタリだね!』
立花はその場に座り込んで、動く事ができないみたい。
「そんなの……違うからぁ……ひ……姫香がさぁ……いったい……なにしたっていうのさ?」
『何したってわたしは立花さんの事について喋っただけだよ?』
「う、嘘よ……こんなのが姫香だなんて全部うそだし、嘘っぱちだし……!!」
『それに最初の話も信じているよ、藤間さんをイジメることなんてできないよね、同じ高校でも無ければ学力的にも立場的にも全然違うんだから、立花さんが藤間さんと接することなんてあるわけなかったんだよねぇ』
「と、藤間さんのこと!?ごめん!あやまるってマジで!あいつにやった事をやられてもいいから……お願い元の姫香にもどしてよ!」
「あやまるって何を?イジメてなかったんでしょ、証拠もないし、大丈夫だって立花さんを信じてるから」
「ごめんなさい!姫香がぁ、藤間さんをイジメていました!!ごめんなさいぃっ……!!」
もう恥もプライドも無くなって土下座をしてくる立花、なんか冷めてきちゃった。わたしもいっぱい喋って疲れたし。
「別にわたしにそんな事をしてもらっても困るから、やめてよ立花さん」
「ひっく……ご、ごめんなしゃ……」
うわっ、汚い顔で涙をこぼしているからメイクが流れてヤバい事になっているし……。
「まぁこれから大変だよねぇ、頭の悪い人の人生なんてわたし分からないけどさぁ、悪いなりに頑張ってよ」
「そ、そんなぁ……こんなの嫌、嫌ぁ……」
「んー、じゃあそんな立花さんと別れる前に面白い事をしてあげるね!」
「えっ!?」
『立花さん、自分の名前を言えるかな?』
「…………」
『言えないよねぇ、今の立花さんは自分の名前を思い出す事ができなくなっちゃいました!うわぁ大変―』
「なんでよ……私の名前……思い出せない……なんでぇっ!?」

223yumu2015/10/07(水) 18:05:04.20ID:70i10HdZ
「そうだよねぇ、大変だよねぇ、だからわたしが立花さんに新しい名前をプレゼントしてあげるね!」
わたしは自分の鞄からメモ帳を取り出し鉛筆で文字を書く。フフッ、せっかくわたしが考えてあげた新しい立花の名前。
「姫に……愛、波……?ひめあいなみ?」
『そう、これが立花さんの新しい名前!“姫愛波”と書いてキュアナって読むの!とっても可愛くて馬鹿っぽい名前でしょ?』
「なっ!?これが新しい名前?冗談でしょ!!こんな恥ずかしい名前になんてなるわけないじゃん!ありえないし!!」
『これはさぁ、手品や催眠術だと思うなら勝手に思って構わないから、でもあんたの名前はもうキュアナちゃんだから、ほら、もう前の名前を思い出せないんでしょ?』
「違うし、キュアナなんて名前じゃなくて本当はぁ……えっとぉ……キュアナじゃなくてぇ……あれ、あれっあれっ?わたしの本当の名前はぁっ!?」
はい、もう彼女は立花姫愛波(たちばなきゅあな)っていうちょっとアレな名前になっちゃいましたー。
今はキラキラネームって言うんだっけ?まぁそんな私だったら恥ずかしくて全力でお断りだけどね。世界はもう立花姫愛波っていう名前として変化しちゃっているわけだから頑張ってねぇ。
これなら名前を見ただけでどういう人物なのか判断しやすいし、名は体を表すっていうしね。より馬鹿っぽい雰囲気が出ていてよくない?
『ほら、中学のときも自分の名前で苦労したとか、偏見の目で見られるとか、馬鹿にされるとかぁ、そう言ってたじゃん、覚えてないのー?』
「お、覚えてないしっ!!名前なんてそう簡単に変わるわけないし!!」
「まぁ、いいや、立花さんもエキサイトして疲れたでしょ、さぁしばらく眠っててよ、メイクもボロボロだから後で治しておいた方がいいよぉー」
「ちょ、ちょっと待ってよ!初月ぃぃ、あんた絶対許さないから!殺してやるんだからねっ!!」
『……んーとさぁ、立花ぁ、あんたが起きた時にはもう私の事を顔も名前も忘れているから……ほら、瞼も重くなっているみたいだし、眠っちゃいなよ、眠っちゃって忘れちゃいなよキュアナちゃん』
「ねむくなんか……ないし……こ、ころっ……し……」
『あんたは目覚めたら、新しく生まれ変わるわけ、馬鹿で不潔、エッチな事が大好きな変態痴女、立花姫愛波として生きていくの』
立花は何か言いたそうにしているけど、もう声も出ないみたい。
『でも安心してね、高校時代の記憶に限っては以前の上品で純潔な優等生だった時を思い出せるようにしてあげる、その堕落しきった汚い身体で以前の自分になれるように記憶をもとに頑張ってみればいいじゃん』
「…………」
ありゃ寝ちゃった。

224yumu2015/10/07(水) 18:12:16.36ID:70i10HdZ
「それじゃあねぇ、せっかくだからカラオケ代くらいは払っといてあげるね、わたしって優しぃー」
「お疲れ様でした初月様」
部屋の影に隠れるようしていたあいつが姿を現した。いきなり出てくるからちょっとビビった。
「本当ぉ、マジ疲れた、もう他校の生徒に絡むのは勘弁だわぁ……」
「しかし、流石初月様です惚れ惚れするような働きだったかと思います」
わたしは眠った立花を放ったままカラオケルームの外に出る。閉ざされた部屋は繋がり他の部屋からの騒音も、店員の会話声もしっかり聞こえてくる。
「……そういえばさぁ、立花があんな馬鹿な汚ギャルになった訳だけどさぁ、この世界で藤間美鈴はどうなってんの?」
歩きながらこいつに尋ねてみると、眉間にしわを寄せて何かを探っているみたい。
「藤間美鈴は……おや、あまり変わっていないみたいですよ、されたことは違えど結局別の人物にいじめを受けて不登校になっている様です」
「んーまぁそうなるよねぇ、知ってた知ってた」
わたしはカラオケ代の支払いが終わると外に出て伸びをした。もう空は日が沈んですっかり暗くなっちゃってる。
「何か彼女に対して行う事はございますか?たとえば性格とか立場とか……」
「いいよ別にぃ、ああいう子は何をしたってイジメられるし、そう簡単に変わらないもんだって、自分が変わらないで世界が変わってくれるまで勝手に部屋に籠ってろっつうの」
イジメの根本的な原因なんてあるわけないんだし、藤間は結局なるようにしてなった訳だよね。
「なるほど、ではこのままで……」
「まぁ、今回はああいう平気な顔してイジメとかしている奴が気に入らなかっただけだから、やるならわたしみたいに正面から正々堂々とやりなさいよねぇ」
汚いメイクの崩れた立花の顔を思い出して、わたしは空に向かって正拳突きをかます。
「仰る通りでございます」
「あぁっ!」
「どうかなさいましたか?」
「そういや立花さぁ、全身性感帯みたいに敏感にはしてあるけど、穴とかは全然いじってなかったじゃん」
「穴……そういえばそうですね、感度はかなり高くなりましたし外見も変わりましたが、人から見えない場所の変化は然程ではありませんね」
「だからさぁ、遊びまくって自分の指なんかじゃ満足できないようなユルユルおま○ことアナルにしてあげてよ、そう簡単には満足しない方が面白いじゃん!」
「かしこまりました」
「やっぱ意識的には優等生だけど、肉体はビッチっていう方が立花も楽しい生活を送れると思うのよ」
「なるほど、良いお考えかと、目覚める前に処理しておきます」
「じゃあわたし帰るから、あとよろしくねぇー、それと私についているタバコの臭いはしっかり取っておいてよね」
「かしこまりました、後一分もすればカラオケルームに入る前の状態と同じになりますので」
「そんじゃまぁ、お疲れさーん」
わたしは今後の立花の生活を想像してみようとしたけど、ああいう子の行動なんて理解できそうにないし考えるのをやめた。そもそも中学時代のときだってよく知らなかったわけだし。
さってとぉ、帰ってご飯でも食べよっとー、今日は肉がいいなぁ、肉が食べたい気分なんだよねぇ。なんかあいつは今後も面倒くさい案件を報告してきそうだし、私も勉強頑張っておこうっと。

225yumu2015/10/07(水) 18:14:16.59ID:70i10HdZ
ダイジェストは知らんがな。全国の姫愛波さんごめんなさい。

226名無しさん@ピンキー2015/10/07(水) 18:16:37.79ID:yLfidDjj
乙です。リアルタイムで読ませて頂きました。
もしかしてyumuさんって73.4cmの世界の方ですか?

227名無しさん@ピンキー2015/10/07(水) 19:24:30.71ID:r22qQFy9
新作乙でした
相変わらず容赦のない転落させっぷりにすごく興奮する・・・
美人がそうでなくなったり優等生がバカになったりってのも好きだけど、
清潔感のあった子が汚ギャルになるというのもいいなあ

228名無しさん@ピンキー2015/10/07(水) 19:35:43.14ID:4zpMftcx
汚ギャル×知能低下ものははじめて読みましたがなかなか良いですね。
さぁーて次はどんな子を堕すのかな。

229名無しさん@ピンキー2015/10/07(水) 20:47:59.44ID:FAGULbCk
面白かったです
前作の幼児化よりギャル化・ビッチ化の方が好きです
ただ、できれば姫愛波が目覚めた後の様子も少しで良いから書いて欲しかった

230名無しさん@ピンキー2015/10/07(水) 22:05:02.09ID:NHHRJ6SP
このシリーズとても楽しみにしています。
今回もすごく良かったです。

231名無しさん@ピンキー2015/10/07(水) 23:12:36.55ID:AX4pIDdY
やっぱり徐々に口調がバカっぽくなるのは最高だわ
直接的なエロがないのに興奮しまくる

232名無しさん@ピンキー2015/10/08(木) 23:59:44.33ID:0jY+Vy6E
いいねぇこういう話

233名無しさん@ピンキー2015/10/12(月) 01:41:36.06ID:acqPEnnd
調子に乗ってる女の子が馬鹿になるのも最高だし
非のない女の子が、借金のカタとかで知能低下するのも興奮する

234名無しさん@ピンキー2015/10/21(水) 21:59:44.23ID:I2Yzje9M
Yumuさんお疲れ様です。
幼児化もギャル化も、表現がすばらしく読んでいてイメージが浮かびます。
もしまた気が乗ったときでよろしいので、次の作品が読みたいです。

235名無しさん@ピンキー2015/11/01(日) 22:21:06.66ID:yb7lrvu2
優秀な姉と劣等生な妹が朝起きたら知能が入れ替わっていて学校で大恥をかいてしてまうお姉ちゃん。

236名無しさん@ピンキー2015/11/21(土) 14:23:23.39ID:AU0CdV/y
エネルギー補給飲料をのんだら
エロエネルギーが補給されて知能はすっからかんに。

237名無しさん@ピンキー2015/12/13(日) 01:26:08.51ID:F9mafjnB
新作はしばらくないのかな。書き込みすらないけど。

238名無しさん@ピンキー2015/12/13(日) 22:45:53.92ID:31pRmtVn
駄作あげて荒らしって言われたくないけど237みたいな人いるなら繋ぎにでもと軽く書いてみたから次から落とします

239慌てん坊のサタンクロース2015/12/13(日) 22:47:17.44ID:31pRmtVn
どうも、サタンです。
地獄の支配者である筈の我輩にメールが届いたのだが、話を聞いて欲しい。
差出人は女だ。生まれて二十年ほどか?
受け取った後に調べたのだが、まいにち数えきれんほどの人間の魂を扱っておるのでな…強いて特徴という特徴の無いやつじゃ。
そんなつまらん人間から受け取った手紙に時間をかけてる理由なんだが、
『友だちが欲しいです』
私に言われても困る。
おそらくこの時期にサンタへの手紙が誤送されたのだと思うのだが…差出人にサタン様って書いておるし。
人間は生まれて二十年生きれば、大人というものになってサンタなんぞ信じん様になるのじゃろ?
サンタをサタンなんて書き間違える訳がないのじゃろうし。
頼まれてホイホイと願いを叶える存在でも無いが、信仰していただいておるもんを無下にはできまい。
そこでお主らに相談なんじゃが…

なるほど、頭の悪いやつほどトモダチが増えるのじゃな?
簡単な話じゃ、こんなことに態々手を煩わせたのぅ。
使い魔よ、何ぞ軽い褒美を……この人間の先行きを知らせるだけで良いと?ぬしも可笑しなやつよな。
私も暇ではない故、また後日使い魔に報告させよう。

240慌てん坊のサタンクロース2015/12/13(日) 22:48:18.50ID:31pRmtVn
櫻井 桜、自分の名前に桜が2回も入っているのに産まれが4月だったからだ。
大学三回生になる。21歳。黒髪ロングのワンレンに赤縁のメタルフレームのメガネ。服はほとんどベージュか白。バイトは塾の講師で週に3日ほど。特記する事項は友だち無し。

12月25日以前のわたしのプロフィールだ。

25日に世界が変わった。
というよりわたしが変わった。
端的に言うと頭が悪くなった。しかも極端に。
それはテレビをつけた瞬間だった。
天気予報の地名が分からない。やっているニュースが暗号に聞こえる。
バラエティのコーナーでゲハゲハ笑える。
わたしのアイデンティティが唐突に壊れていた。
起きた時から股のあたり…正確にはアソコがむずむずと痒い。
触りたい衝動が堪えきれずに左手がついつい伸びてしまう。
そこまで落ちぶれたく無いと必死に抑えるが、一度指先が触れると我慢のタガが外れてしまった。
はじめは指で、テレビがクッキングのコーナーに入ると冷蔵庫の中に入れていたニンジンを取り出してそれでグリグリと…最後には中に突っ込んで…ぁぁぁ

そのままぐったりとテレビを見ながら延々とオナニーに耽っていると占いのコーナーになった
何かが変わるチャンス!一歩外へ出てみよう!
ラッキーカラーはシルバー!
そしてテレビはファッションコーデのコーナーに
煌びやかなオシャレな女の子たちに嫉妬する。
以前は頭の良さから彼女たちを見下していたのに、今じゃあ憧れの気持ちが胸を満たして目が釘付けになってしまう。
鏡が視界に映るとそれが増長していくのが分かる。
野暮ったい黒髪に眼鏡に奥二重に鼻筋に、全部に苛立ちを覚えた。
しかもこれでいて頭が悪いときた。最悪だ。
わたしは一念発起してオナニーをやめると(決意してから10分はかかったが)着るものを着て電車に乗って街へと繰り出した。

241慌てん坊のサタンクロース2015/12/13(日) 22:50:41.83ID:31pRmtVn
電車の窓に映るわたしはベージュの膝丈ロングコートに高校から履いている赤いコンバースとダッサださだった。
隣に立っているJKの可愛さに軽く自己嫌悪を覚えた。自己嫌悪という言葉自体はこのとき完全に忘れていたが、そんな気持ちでいっぱいだった。
つり革につかまって車内の広告や止まる駅の広告を見るけれど、やはり難しい文字が全く読めない。
英語が入るとbとdとかpとqだとか、なんの記号なんだろうと目がチカチカする。
そこに来て大変なことに気づいてしまった。
降りる駅が分からない。乗った駅も分からないけれど、わたしはどこに向かってるのだろう。
気づいた途端、急激に怖くなった。頭が悪いどうこうのレベルじゃ無い。
ってかこれどんどん進行してない?時間が経つにつれて教養のレベルどころの問題に収まらない範囲でバカになっていっている。
シブヤー、というアナウンスと共に動き出した人並みの中、隣にいたJKの腕をついつい掴んでしまった。
混乱しているJKはわたしの顔を見た瞬間に驚きの顔を浮かべて何か喋りかけてくれる。
「大丈夫ですか?」
大丈夫…ってなにをもって大丈夫、なんだろう。
「…大丈夫じゃないです」
酷く率直な言葉が口をついて出てきた。

私は気持ち悪さの中、JKに肩を貸されながらシブヤの街へと降りて行った。

242慌てん坊のサタンクロース2015/12/13(日) 22:51:47.93ID:31pRmtVn
「めっちゎ嘘くさいよ桜さんww」
っと一蹴されても仕方が無い突拍子も無い話だと思う。
むしろカフェまで連れてきてくれて話を聞いてくれたJK…向日葵(ヒマワリ)ちゃんの優しさこそ嘘くさいレベルの話だとも思える。
「でも顔色も良くなったし、一安心かなぁ」
笑顔が太陽の様に眩しい!金色に染めてる髪やまっすぐな目線が本物のヒマワリみたい。
と、わたしは思ったのだが、少し着崩した制服とルーズソックスも含めて周りからは不良少女にしか見えないルックスをしている。
もちろん無知になっているわたしは学生時代に話したことも無い様な垢抜けた少女を制服を見てJKと一緒くたにしか見れなくなっているのだった。
「じゃあさぁ」
向日葵ちゃんは面白いおもちゃを見つけた様な目でわたしを見つめる。
イエローのカラコンやつけまつげで印象付けられた魅力的な目元に見つめられて、同性ながらアソコがムズムズする。
流石にこんな人前で触るわけにもいかない。
「せっかくシブヤに来たんだしぃ、あたしが案内してあげよっか?」
断る理由どころか、地獄に降りてきた蜘蛛の糸の様な申し出だった。
(はて、蜘蛛の糸って誰が書いて結末はどうだったかしら?)
カフェ代はもちろんわたしが払った。
その際に、引き算が分からないことが判明。
赤っ恥でとりあえず一番大きな数字が書いてあるお札を出して小銭が大量に返ってきてしまった。
店を出て向日葵ちゃんがお金のお礼を言ったあとに口を開く、
「これから行くとこ、あたしとかあたしのダチが行くようなところだからぁ、桜さんにはちょっと子供っぽいかもだからさ」
その柔らかそうな唇からやっぱり止めようか、という言葉が続き、糸が切れて落ちていく錯覚に囚われてしまった。
「あたしの新しいダチってことで、年は18ってことにしません?」
ダチ…トモダチ?
言葉も出ずに首を縦にブンブンと振って肯定する。
「じゃあ桜って呼び捨てにするから、あたしのことはヒマワリとかヒマちゃんとか適当に呼んでくれていいよ、サクラ」
親以外からの初めての呼び捨てに飛び跳ねそうになった。実際体が上下に弾んだ気もした。理性が効かない分で素直に感情が出てしまう。

ここにきて、サンタさんに手紙を書いたことを思い出した。
サンタさん!ありがとう!早速友だち届きました!!!

実際に叶えてくれたのはサタンさん。
サンタに願えばたぶん、もっと上手な形で叶えてくれたことは間違いない。
頭が悪くなることの恐怖心と友だちができた嬉しさを同時に考えられないほどに知能が下がってきているのだと、桜は気付くことはまだなかった。

243慌てん坊のサタンクロース2015/12/13(日) 22:55:36.01ID:31pRmtVn
ごめん。濡れ場まで行けそうにないんで反応次第でここで止めとく。ROMに戻るからあとは宜しく。

244名無しさん@ピンキー2015/12/15(火) 19:14:31.26ID:VjIQXPfr
>>243
こういうどんどん知能落ちていく系結構好きですw

245名無しさん@ピンキー2015/12/15(火) 21:00:15.45ID:Ih4zxl9a
乙乙
本筋の感想とは異なるが悪意0っぽいサタンに吹くw

246名無しさん@ピンキー2015/12/19(土) 15:53:58.04ID:AS8FP5h4
噛むだけでBimboficationするBIMBOガム。
一口噛めば、肌を露出しまくる服に、原色系のエロ下着、身体は巨乳巨尻に変化。
二口噛めば、肌は小麦色、髪は金にピンクに緑のまだら、指輪にピアスにゴテゴテのシルバーアクセ。
三口噛めば、メイクはド派手なケバ化粧、頭の中はファッションとゴシップ、男の気を引くことしか考えないバカ女に。
BIMBOガムは常習性があり、ショッキング・ピンクのガムを始終クチャクチャ噛んでいる。

知能低下と、頭の悪いエロエロなビッチに変化というのは、微妙に違うかもしれないけど……

247名無しさん@ピンキー2015/12/23(水) 00:49:19.80ID:rfBmmYT1
清純な女の子が待ち合わせ場所に向かう途中でBIMBOガムを噛み
彼氏を素通りして街に繰り出しちゃうとか

248名無しさん@ピンキー2015/12/25(金) 22:55:46.97ID:ZfsAC1JW
名門私立校にトップで合格した優等生だったが、両親の急死によって学費が払えず自主退学。
優等生は親戚に引き取られたが、そいつらは子供を金儲けの道具としか考えていないDQNだった。
AV女優同然の、着エロアイドルとしてデビューさせられる優等生。
カメラの前できわどい水着姿や下着姿になり、胸や尻、股間を強調するエロポーズを披露。
当然のように出演料はすべて養父母の手に渡る。
そればかりか高額を出した「ファン」に、ファンサービスという名の売春までさせられる。
名門校に入れるほど頭が良かった優等生だったが、すさんだ生活に脳みそは磨耗。
ストレス解消のために手を出した煙草やドラッグのせいで、ますます知能は低くなる。
最終的には風俗嬢にまで堕ちる。
その表情には知性のかけらも無く、金やブランド物のことしか考えていない底辺女の顔だった。

249名無しさん@ピンキー2016/01/22(金) 23:22:45.82ID:YK/LkXtR
新作期待。

250名無しさん@ピンキー2016/01/27(水) 00:01:02.07ID:ZTms6GDr
容姿端麗、将来が有望な18歳の女子高生が、事故か何かで脳に大ダメージを負う。
今までできていた事が急速に出来なくなり、20歳の頃には5歳児、30歳を迎える頃には知能レベルが生後5ヶ月と同等に退化。
介護用ベットに寝かされ、ツナギのような介護服を着せられ、オシメは毎日交換。咀嚼もできず食事は離乳食と牛乳のみ、夜泣きも含め泣くのが仕事。
体はアラサー、中身は殆ど赤ん坊

251名無しさん@ピンキー2016/01/27(水) 00:02:27.35ID:ZTms6GDr
…ここまで書いて思ったが、さすがに退化しすぎたかな?
超巨大な赤ん坊、あるいはリアル赤ちゃんプレイになりそうだが

252名無しさん@ピンキー2016/01/27(水) 01:06:16.73ID:PtNlsAMF
個人的には幼稚園あたりまでが好み
元の意識はあるのに行動・知能が退行してるとかだともっと最高

253名無しさん@ピンキー2016/01/27(水) 13:40:30.18ID:HvsA8b9h
そこまでいくと単純に不幸な障害を負ってしまった人っていう風にしか思えなくて同情してしまう
真面目で県内有数の進学校に通う優等生→九九も怪しく名前さえ書ければ入学できる底辺高の劣等生みたいな、
その年齢の中での最底辺クラスの知能に落ちるって方が好みだ
ついでにいうとその変化した理由が嫉妬だとかただのイタズラだとか、誰かの悪意によるものだとより興奮する

254名無しさん@ピンキー2016/02/06(土) 23:51:48.71ID:coPzrQ7N
>>253 スレタイの"知能低下"というぐらいだから、
俺はてっきり>>252みたいなレベルまで落ちるのかと考えていたわ
底辺校レベルまで堕落するのも面白い
"アルジャーノンに花束を"の一方通行みたいな感じが欲しいな…

2552542016/02/07(日) 00:09:41.23ID:CEhTxos4
長くなるので一旦区切った。
アルジャーノンryの一方通行っていうのはこんな感じ
とあるお嬢様校、もしくは>>253のような進学校が舞台
超できる、あるキザな優等生(やまだ はなこ※プライバシー保護のため仮名)が主人公
>>252のシチュがベース
1.妬む誰かから変な毒か何かを盛られる
2.忘れ物が増える
3.今まで得意だった科目で赤点連発
4.さっき勉強したことが覚えにくくなる
5.今まで皆勤賞だったのに、寝坊遅刻が増えだす
6.通い慣れた学校なのに、内外とわず迷子
7.自分の名前が漢字で書けなくなる
8.行動などが幼稚になる
9.言葉が、文章ではなく、1言2言で出るようになる
10.医師の診断によると、3〜5歳児レベルまで知能が低下。回復の見込みなし
後に彼女が記した日記が発見され、自分の知能が急速に低下していく恐怖が
、その時点の知能レベルで記されていた。
芸術作品のような素晴らしい字から漢字が消え、
字形が崩れ、ひらがなが多くなっていく。
そして最後に書かれた、かろうじて読める文には
「はなこ(筆者注:仮名にしています) あたま よくない
  どうしよ  あかちゃん に なっちゃう(後はミミズのようにのたうって読めない
現在の花子(仮)は、幼稚園児年少組程度の知能らしい。
巨大な幼稚園児となった花子は、末っ子の妹とともに、オママゴトで楽しく遊んでいるようだ…
最後のかゆうまレベルの文章を作るのは、素人には難しいな…

256名無しさん@ピンキー2016/02/07(日) 08:41:16.30ID:by3Gj+JE
>>255
アルジャーノンry
ってどこのサイトに書いてあります?

257名無しさん@ピンキー2016/02/07(日) 10:17:45.15ID:6kCClNB1
>256
「アルジャーノンに花束を」はダニエル・キイスの有名なSF小説だよ。
何度か日本でもドラマ化されてるね。
電子書籍版はあるかもしれないけど、ネットでは公開されていないと思う。

258名無しさん@ピンキー2016/02/07(日) 11:38:58.63ID:by3Gj+JE
>>257
ってきり、エロパロ版があるのかと思って聞いちゃいましたw
ドラマ版は去年もやってましたね。

259名無しさん@ピンキー2016/02/07(日) 21:47:29.09ID:ivc9CHF/
まともな図書館なら多分置いてあると思うよ

260名無しさん@ピンキー2016/02/09(火) 21:08:05.71ID:EVAgBCUm
かつて存在した優等生堕落スレのような、ケバ化とかギャル化はここでやっていいんですかね?

261名無しさん@ピンキー2016/02/09(火) 21:22:33.71ID:ZngAIk6r
知能低下要素があればOKじゃね

262名無しさん@ピンキー2016/02/09(火) 21:35:36.14ID:EVAgBCUm
>>261
知能低下って難しいんですよ、淫乱化とは違うし。
Bimboficationは知能低下+淫乱化って感じだけど。
あとケバ化、ギャル化の外見変化に、豊胸とかのネタいれると、人によってはグロになっちゃうし。
今考えてるネタは、やり手の女社長が部下に会社を乗っ取られたあげく、Bimbo Secretaryになるの。

263名無しさん@ピンキー2016/02/09(火) 21:53:07.35ID:EVAgBCUm
今思うと喫煙スレや悪堕ちスレで聞くべきだったかもしれない。
スレを汚してすみませんでした。

264名無しさん@ピンキー2016/02/09(火) 23:29:03.98ID:DiDXsmJa
>>263
とりあえず書いてみましょうよ。

265名無しさん@ピンキー2016/02/09(火) 23:30:02.37ID:ZngAIk6r
おっちゃん横文字に弱いから何言ってるのかあまりよくわからないよ…

266名無しさん@ピンキー2016/02/11(木) 01:30:11.30ID:vlP3GBwy
>>263
今悪堕ちスレは荒れてて聞けるような状況にない
ということでここで書いて下さい

267名無しさん@ピンキー2016/02/11(木) 01:41:30.98ID:zj8CljyG
>>262
タバコがキーアイテムじゃないならこのスレでもいいんじゃないですかね?
個人的には、知能低下の結果、他のことできなくなってエロにはまって淫乱化っていうならこのスレの本道
エロにはまった結果バカになるのはまあ範囲内ってことじゃないかと
喫煙スレはあの世界観のタバコは知能低下と淫乱化と人格改造までする謎麻薬だから判断難しい

268名無しさん@ピンキー2016/02/12(金) 00:16:20.49ID:eIPGyXPd
薬物みたいに、セックスして精液が膣の中に溜まった時だけ優等生に戻って激しく後悔、無くなったら知能が最低レベルまで退化して、ショタから大人まで誘う援交ギャルな小説よみたい

269名無しさん@ピンキー2016/02/12(金) 06:06:01.53ID:vMD27pwX
単純に頭悪くなるだけでも大歓迎

270名無しさん@ピンキー2016/03/08(火) 22:50:19.12ID:xQXOIeDY
1.とある超難関校のトップクラスの女の子が、2位以下の子に嫉妬されて毒を盛られる
2.忘れ物が増えたり、得意科目が減っていくのに恐怖
3.日々低下していく知能に怯えつつも、犯人探し
4.やっとの思いで突き止め、わずかに残った知能と、支援者のアシストのおかげで犯人を特定
5.犯人はすでに毒を大量に服用しており、植物人間状態で病院送り
6.ショックのあまり知能が5歳児レベルまで低下、記憶喪失。現在は施設で療養中。
皮肉にも犯人と同じ施設で、ときどき「おねえちゃん、めがさめないの?」
と無邪気な笑顔で両親に聞き、両親は複雑な表情を浮かべた。
…というSSが欲しい。
ビッチ化というのも面白いが、幼稚園児ぐらいの子どもと同程度まで知能が落ちるのも乙なもの
な気がする。

271名無しさん@ピンキー2016/03/11(金) 00:06:32.07ID:WvnJxndv
猫目さんみたいのが読みたい。

272名無しさん@ピンキー2016/03/12(土) 22:22:09.91ID:TXSiDvuw
>>271
確かに因果律のやつ続き読みたいな
あの人一回復活したけど荒らしのせいでまたやめちゃったからね

273名無しさん@ピンキー2016/03/12(土) 22:48:37.21ID:/HgMTMvB
そうなんだ。全盛期は大学生っぽい感じだったし今は社会人で忙しいだろうから新作は期待できないよね。

274名無しさん@ピンキー2016/03/25(金) 23:48:56.93ID:l3lkv/AU
やっぱりニッチなジャンルだから新作頻度おそいよね…

275名無しさん@ピンキー2016/03/28(月) 21:05:03.32ID:8d65Uhky
はたらくおんなのこシリーズ   -1-
テキスト、絵:LIBIDOS
冴子「校長先生! 生徒の携帯所持は、校則で禁止すべきです。」
ここは、とある名門私立高校の校長室である。声を上げているのは、高嶺冴子という若い教諭だ。
彼女は優秀な上、とても美しい女性であったが、他人に厳しく、能力の無い人間を嫌ったため、同僚や生徒からは、密かに煙たがられていた。
しかし冴子は、巨大企業グループTAKANEのご令嬢であり、この学校の理事長の娘であったため、彼女に逆らう人間は皆無だった。
校長「しかし、高嶺くん。いまどき携帯くらいは・・・。」
冴子「子供に携帯電話なんて必要ありません! 出会い系とか裏サイトとか、ロクな使い方をしませんわ! それに女生徒の濃紺ハイソックス。
あれも気に入りませんわ!」
校長「あれは清楚でいいじゃないか。以前のルーズソックスに比べたら・・・。」
冴子「校長先生は甘いです! 私、インターネットで調べたんです。ソックスとスカートの間の太腿の事を“絶対領域”とか言って、いやらしい視点で見ていますわ!
私達は、アニメとか漫画とか、そういうグロテスクなものから、生徒達を守る義務があります。ソックスは白の普通丈の物に統一すべきです。」
校長「しかし、生徒の自主性というものを・・・。」
冴子「無知な子供達に、そんなもの必要ありませんわ! 場合によっては、理事長である父に話さなければなりませんよ!?」
校長「困るよぉ・・高嶺くん・・・。」
年端も行かぬ小娘に、まくし立てられて、校長の腹の中は怒りで煮えくり返っていたが、表面上は平静を装っていた。
校長「あ、高嶺くん。この間の海外視察のお土産のグラニュー糖だよ。コーヒー好きだっただろ?」
冴子「こんなもので懐柔しようとしても無駄ですわ。まあ、せっかくですから、使わせて頂きますけれども。」
冴子は、表情を崩す事無く土産物を受け取り、校長室から出て行った。
校長(なまいきな女だ。理事長の娘だからって、調子に乗りやがって。しかし、某所で手に入れた洗脳薬を、砂糖に混ぜておいたからな。
あの薬が効いてくれば・・フフフ。)
その日の夜、帰宅した冴子は、リラックスした時間を過ごしていた。肌を圧迫するタイトスーツを脱ぎ捨て、はだけたドレスシャツと下着のみという、
セクシーな姿になっていた。
冴子「全く、馬鹿ばっかりだわ。私がしっかりしないと・・。」
冴子はそう言って、後頭部に手を回し、髪留めをゆっくりと引き抜いた。彼女の長く美しい黒髪が、末広がりに降ろされる。
同時に、ほのかなコロンの香りが辺りを包んだ。
冴子は校長にもらった砂糖を、早速、試してみる事にした。
冴子「あら、上品な甘みね。あの校長にしては、上出来だわ。」
冴子は喫茶の時間を満喫した。コーヒーに洗脳薬が混入されているとも知らずに。
それから一週間ほど経った後、変化の兆候が遂に現れた。冴子が担当の数学の授業をしている時である。
冴子「ここは、単純に7+4するだけですから、ええと・・・7+4は・・・。」
生徒「11だよ! こんな問題も分からないなら、小学生からやり直したらぁ?」
問題児で通っている一人の男子生徒が、辛らつな野次を飛ばした。
冴子「うんっ・・。」
冴子は無垢な少女のように、素直な返事をした。彼女の予想外の反応に、教室の雰囲気は凍りついた。
冴子「はっ! や、山田くん! 先生をからかうものじゃありません! ちょっと疲れているだけです。」
必死なフォローの甲斐があって、その場は収束した。しかし、冴子の頭の中には、“7+4が分からない”、
“小学生からやり直す”というキーワードが、深く刻まれていた。

276名無しさん@ピンキー2016/03/28(月) 21:09:20.93ID:8d65Uhky
    -2-
次の日の朝、登校した冴子の姿は、信じられないような姿であった。明らかにサイズの小さい子供用の白いシャツを着ており、押さえつけられた豊満な胸が、
生地を押し破りそうになっている。下半身の赤いフレアスカートも子供用の物で、丈が明らかに足らず、パンティが丸見えの状態だ。
背中にはランドセルを背負っており、長い黒髪は左右にツインテールにして降ろされていた。両手で持った縦笛を口にくわえ、楽曲の練習をしながら職員室に入った。
教師「高嶺先生! なんて格好をしているんですか!?」
冴子「私は、簡単な足し算もできないような馬鹿である事が判明しましたので、小学生からやり直す気分でイメージチェンジしてみたのです。
生徒達は日頃、『明日からやればいいや』等と怠惰になりがちですので、私が迅速に行動して、よいお手本なれればと思いまして。」
教師「し、しかし、そのような格好では、学校の風紀が・・・。」
その時、学校のチャイムが、キーン、コーンと鳴った。
冴子「わーい。始業のチャイムだぁ。」
冴子は、呆れる同僚達をよそに、スキップして教室に駆けて行った。
冴子「よぉし、みんなぁ。授業はじめるよー。」
生徒達は、冴子のあられもない姿に、唖然として声も出ない様子だ。硬い氷のような美しさを誇っていた高嶺先生の、信じられない変貌ぶりであった。
冴子「えーとぉ。今日はどこからだっけぇ。えーとぉ、えーとぉ。おわっ!」
冴子はパラパラとめくっていたテキストを、うっかり床に落とした。全体的に要領が悪く、動作がとても鈍い。
冴子「あ、ここだぁ。うわぁ、漢字だらけで文字が小さいぃ〜。こんなに難しかったっけぇ?」
呆気にとられていた生徒達の中の一部の者は、次第にイライラしてきている様子だった。
冴子「きょうは、困った数ぶんかいをやりまーす。」
生徒A「因数分解だろ? 馬鹿じゃねーの。」
生徒B「先生! 私達は受験を控えてるんですよ! ふざけるのもいい加減にして下さい!」
山田「あんた、そんなんじゃ教師、務まんねーんじゃねえの? 今から言う問題に答えてみろよ。その代わり、答えられなかったら、何でも言う事聞けよ?」
札付きの生徒の山田は、なにやら面白い事が起こっているのを察知して、冴子に突っかかってみた。
冴子「山田くぅん! せんせーに向かって失礼だぞぉ。なんでも答えてやるぅ。」
山田「(24−15)÷3は? 中学レベルの問題だぞ。」
冴子「えー! さえこ、割り算はまだぁ・・・。うーん。ななぁ!」
山田「ぶー! 答えは3だよ。ホント、ばっかだなぁ。じゃあ、水をはったバケツを両手に持って、廊下に立ってろよ。
ついでに、そこに掛けてある“掃除中の札”の裏に『教師失格』と書いて、首からぶらさげろ。」
生徒C「山田くん! いくらなんでも、先生にそんな事させられる訳ないでしょ? やめてよ!」
たまらず、学級委員の菅原さんが、止めに入った。
冴子「菅原さぁん、いいの。さえこね、みんなの手本にならなきゃいけないの。だから約束は守るよぉ。」
冴子は、半笑いを浮かべながら、バケツに水を張りに、洗面所に駆けて行った。
菅原さん「先生・・。一体どうしちゃったの・・・?」
冴子は両手にバケツをぶら下げたまま、夕方まで廊下に立ち続けた。教師や生徒達が止めに入っても、「いやっ! さえこ、約束守るっ!」と言って譲らなかった。
生徒D「ぷっ、高嶺先生、まだやってるよ。」
生徒E「頭がおかしくなっちゃったのかしらねぇ。」
生徒達は次第に、冴子の事を、嘲笑と見下しでもって見つめ始めた。
冴子「うええぇん。みんながサエの事見て、笑ってるよぉ。でも、でもね、それはサエがバカだからいけないんだぁ。頭が良くなるために、もっと勉強しなきゃっと。
とけーの短い針がぁタンシン・・長いのがぁチョウシン・・うーん、ビョウシンは何だっけぇ?」
冴子の意気込みとは裏腹に、彼女の知能はどんどん低下し続けていた。

277名無しさん@ピンキー2016/03/30(水) 03:13:47.07ID:2Fm6GQIa
>>276
無断転載はダメだろ
ページが閉鎖して何年かたってるとしても

278名無しさん@ピンキー2016/03/30(水) 10:53:09.19ID:ChGamfZR
>>277
上の小説の続きが知りたい者なのですが、これの大元のものってどこに掲載されていたものなのですか?
よろしければ教えていただけるとうれしいです。

279名無しさん@ピンキー2016/03/31(木) 07:16:45.25ID:QErpZAE6
絵は良くて文字はダメってのもよくわからん

280名無しさん@ピンキー2016/04/01(金) 01:08:09.77ID:Vmivb2As
>>279
いや絵もダメだろ
なあなあになってるだけで

281名無しさん@ピンキー2016/04/01(金) 01:22:40.62ID:Vmivb2As
>>278
この話短編だから続きはないよ
LIBIDOSてサイトで掲載されてた
馬鹿堕ちて言葉発祥したのに満足したのか作品販売終了とともにサイトも閉じちゃった
73.4cmの人とか猫目さんといいニッチなジャンルなのに書いてる人結構やめてるなー

282名無しさん@ピンキー2016/04/05(火) 22:31:14.95ID:uvRXjN5o
攻殻の少佐をセクサロイド化するというのを考えたことがある。
電脳ウィルス+マイクロマシンで知能低下。
爆乳化などなど義体もエロエロにカスタマイズ。
義眼も文字通り「目がハート」にしてバカっぽく。
最終的にはゴーストダビングでセクサロイドMOTOKOを量産。

283名無しさん@ピンキー2016/04/08(金) 00:30:05.22ID:VOZHwQEV
アイドル改造性癖券?

284名無しさん@ピンキー2016/05/05(木) 23:52:17.24ID:nVLGlVwk
73,4cmの秦泉寺のデータお持ちの方いらっしゃいませんか

285名無しさん@ピンキー2016/05/30(月) 08:39:40.92ID:BiiEx5WO
新作でも閉鎖サイトのでもいいから読みたい。

286名無しさん@ピンキー2016/06/12(日) 09:21:29.35ID:pSLxlma/
久々にニンフになった優等生と
祖父と私の契約書読んだけどめっちゃ抜けるな

287名無しさん@ピンキー2016/06/12(日) 22:11:57.28ID:GESD+9JJ
猫目さんが居なくなった損失は大きいよなあ

288名無しさん@ピンキー2016/06/20(月) 17:10:56.74ID:xpziifl9
ほんとそれ。新作こねぇかな。

289名無しさん@ピンキー2016/06/20(月) 21:17:58.34ID:dMEroz5H
知能低下とはちょっと違うけど同人サークルで三毛蔵亭ってところの作品が好きだ
普通の常識を持っていた女の子がおバカで軽薄なケバビッチギャルに転落していく話が多くて結構ツボにくる

290名無しさん@ピンキー2016/06/22(水) 20:24:47.52ID:OvYaKuZH
>>289
俺も好きだわあそこ

291名無しさん@ピンキー2016/06/28(火) 00:45:15.26ID:8Zimxt+J
八百万百の知能低下これか?
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=56670676

292yumu2016/06/30(木) 20:49:37.22ID:AkVADbaw
長編書いていた息抜きにアイデアが浮かんだから、今までとは違うシリーズで短編書いてみた。

293yumu2016/06/30(木) 20:57:47.04ID:AkVADbaw
私はとにかく本を読むのが好きだった。ようやく志望していたH大の経済学部にも合格して、一人暮らしも始めた。
これでようやく好きな読書に没頭する事が出来た。寝る前や、ティータイムはもちろん、ちょっとした時間、こうして電車で移動している間にも大好きな作家の本を捲っていた。
「あぁ!チサトじゃない!?」
静かに電車内で本を読んでいると、目の前に見知らぬ女性から声を掛けられた。
いや、正確にいえばどこかで見覚えのある顔だった。可愛げはあるけど知性の無い様な、よく言えば天真爛漫で、悪く言えば馬鹿っぽい喋り方をする……。
「もしかして、マリンちゃん?」
「そうそう!久しぶりぃ偶然だねぇ!」
繁島マリンは私立中学の時の同級生で、三年間同じクラスだったけれども、正直そんなに仲良く無かった。喧嘩していたとかじゃなくて、ただ単に相性が悪かっただけ。
私は中学時代から静かに本を読むのが好きで、図書室に入り浸っていたし、彼女は友達とドラマや漫画の話をしている様な、住む世界がなんだか違っていた。
高校は別だったし、確かマリンは偏差値が低くて、校則も緩い学校に行ったはず。
「チサトは今何してるのぉ?」
久しぶりに会ったというのに、マリンは親しげにもズカズカとプライベートな質問を投げかけてくる。
「あ、えっと、S高校行って、今はH大の経済学に通っているんだけど……マリンちゃんは?」
「んっとぉ、私は今、専門学校に行ってぇ美容師を目指しているんだけれどもぉ、思っていたより大変でさぁ、最近ちょっとサボり中ぅ」
マリンは自分の事を答える時は退屈そうに答えた。やっぱりちょっと苦手だこの人。
「あっ、そういえばさぁ、ちょっと面白いアプリ見つけて、友達とやってるんだけどチサトもやらない?」
「えっ……ごめんなさい、私ゲームって苦手だから……」
「いやいや、無料だから安心して、それに友達紹介すると特典もらえるんだよねぇ」
「じゃあ今度教えてもらうね」
「えぇーいいじゃんいいじゃん!近くにお気に入りの喫茶店があるからさ、奢るから久しぶりに遊ぼう!」
中学時代から強引なところは全く変わっていなかった。
マリンは私の話なんて聞かずに、まぁ私も断るのが苦手な性格っていうのもあって、地元の駅近くでお茶をしながら教えてもらったゲームをレクチャーされることになった。

294yumu2016/06/30(木) 21:00:23.90ID:AkVADbaw
「ごめんねぇ、なんか無理矢理誘ったみたいでぇ」
なんだ自覚はあるんだ。
「大丈夫だよ、今日は特に本を買った後の予定も無かったし」
「それで、これがアプリなんだ“履歴ゲーム”っていうんだ」
マリンから教えてもらったアプリはスグに見つかりインストールしてみる。
最初の設定画面では履歴書みたいな内容が出て来た。
「えっ、これって個人情報じゃないの?」
「そんな事ないでしょ、住所とか電話番号とかアドレスとかは入れないし」
確かに画面には名前と性別の他、最終学歴とか趣味特技の欄などがあるだけだった。
「名前も、本名じゃなくていいし、まぁ自分のキャラを作る感じ?」
ちょっと怪しく感じながらも、趣味は読書、特技は料理、最終学歴までを記入すると自分に似た感じの女の子キャラクターが作成できた。
「これってさぁ、人生ゲームみたいなやつで、自分のキャラクターを成長させるんだよねぇ」
確かに作ったキャラクターのステータス画面には知性や体力の他、先ほど選択した趣味や特技の欄があった。
「チサトは初めだから、まずは私と通信して一緒にゲームしよっか」
マリンが人生ゲームと言っていた通り、サイコロを振ってマスを進める単純なゲームだった。
最初は幼稚園からスタートするみたいで、マリンのキャラクターと一緒にゲームを開始した。普段からあまりゲームをやらない私でもすんなりとルールを把握できる内容で少し安心。
ある程度、ゲームを進めてみるとイベントが発生する。
【チサトは絵本を読んでお勉強する事になった】
するとスロットの様なものが出てきて、何やら文字が縦にグルグルと回転を始めた。
「ほら、選択してスロットを止めないと!」
「あ、うん!」
画面をタッチするとスロットがゆっくりと止まって、ある文字が現れた。
【絵本を読んでもらったが、チサトはあまり理解する事ができなかったみたいだ】
そして、画面の下には知性+0と表示された。

295yumu2016/06/30(木) 21:02:51.96ID:AkVADbaw
「あぁ、残念だったねぇ、そうやって知性や体力を上げると先のイベントに有利になるんだよ」
「へぇ、そうなんだ……えっと他には何かあるの?」
「えっとぉ、品性とかモラルっていう項目もあるし、音楽や真面目っていう項目とか色々あるよぉ、それによってイベント内容も変わってくるからぁ」
気づくと、マリンのキャラクターは運動会で一等賞になったり、お遊戯会で目立ったりとイベントをこなして数値を上げていた。
始めてやるからか、私はなかなかキャラクターの数値を上手く上げる事が出来ずに小学生コースへ突入した。
【お受験イベント!私立小学校を受験しますか?】
「マリンちゃんはどうするの?」
「私は知性数値が高くなってきたから、受けてみようかなぁ」
「うーん、私も実際に私立に通っていたから、イベントに参加してみるね」
二人とも受験イベントへ参加する項目を選ぶと、スロットが現れる。
「あれっ?マリンちゃんのスロットと私のって、内容が違うように見えるんだけど……」
アプリ画面に表示されたスロットでは、マリンちゃんのスロットは八割以上が合格になっているのに対し、私のスロットはほとんどが不合格になっていた。
「そりゃそうよ、知性の数値が高い方が合格しやすいんだもん」
「そ、そっかぁ……初めに教えてほしかったなぁ」
当然だけど、マリンちゃんのキャラは私立小学校に合格して、私は落ちてしまった。ゲームとはいえ、なんだか悔しさが湧きたっていた。
【受験失敗してチサトは“サボり癖”がついた】
「あぁーマイナステ着いちゃったね、私は頑張り屋のプラステが着いたよー」
意気揚々と見せびらかすように、マリンちゃんは自分の画面を見せてくる。
それに、小学校の名前も実際に存在する名前だし、ゲームとしてかなり拘りがあるように思えた。

296yumu2016/06/30(木) 21:05:06.60ID:AkVADbaw
小学校コースになると、イベントの内容は少しずつ複雑になってきていた。
まず、定期的にテストイベントがある。知性ステータスが低い私のキャラは点数スロットが50とか60ばっかりで、マリンちゃんのキャラは90とか100が多い。
そして低い点数を叩き出してしまうと、次のテストではその数値付近が増えてくる。
つまり、60点を取ると、次のテストでは40〜80くらいの数値しか出て来なくなる。
ステータスが上がれば高い点数を狙えるけど、上がらなければ下がっていくみたい。あとは運の要素も大きい。
マリンちゃんが説明するには体力ステータスが高くても、運が悪いと走っていて転んでビリになったり、品性ステータスが高くても運が悪いと失敗をしてトラウマステータスが付いたりするみたいだった。
結局、小学校コースは一年生の平均点数が60点でスタートすると、六年生まで進める頃には平均点数が30点と劣等生になっていた。
体力ステータスとか元気ステータスはそれなりに稼げているけれど、品性や知性、モラルとかの数値は低空飛行だった。
一方マリンちゃんのキャラを見るとテストはほぼ満点だし、六年生では学級委員になっていたりと順調に成長させていた。
ゲームが進むに連れて画面に映るキャラクターの容姿も変わっていった、マリンちゃんのキャラは清楚で真面目な感じだし、私のキャラは遊んでいたり、お菓子を食べていたりとだらしない行動をとる。
「あ、次は中学受験イベントだって!チサトはどうする?」
「……んー、私のキャラだと失敗しそうだから、マリンちゃんだけ受けてみたら?」
「じゃあそうするー」
マリンちゃんのキャラはT大付属中がなんと首席で中学受験に合格して、私のキャラは公立中学に入ると、ステータス画面に不良という項目が追加された。
「あぁー不良ステータス着くと、テストで良い点取りづらいんだよねぇ」
「そ、そうなんだ」
なんだか一方的なまでにキャラに差が出てきて、何だか少しつまらなくなってくる。
キャラも私の分身みたいなものなんだから、せめて少しは色々と数値を稼ぎたいけれど、運が無いのか、中学三年で平均点数は15点まで下がっていた。
【チサトに好きな人が出来ました】
「えっ?」
ゲーム画面を見ると、チャラい感じの男性キャラクターが私のキャラに近づいてきていた。
すると、スロットの画面が強制的にスタートされた。私は仕方なく、ため息をつきながら選択する。
【チサトに彼氏が出来ました】
「良かったじゃんー私のキャラはまだ彼氏出来てないよぉ」
でも、男性キャラは茶髪で服も着崩しているし、なんだか嬉しいのか良く分からなかった。
ゲームを進めると、とんでもないメッセージが現れた。
【チサトは初体験を済ませた】
「はっ?」
思わず甲高い素っとん狂な声を上げてしまった。
【チサトの趣味がオナニーになった】
「ちょ、ちょっと!これって!」
「えっ、ど、どうしたの?」
私が立ち上がった事で、喫茶店にいた他のお客がジロジロと見てきていたたまれなくなってくる。ゲームで興奮しましたなんて恥ずかしくて、顔を赤くしながら椅子に座る。

297yumu2016/06/30(木) 21:08:04.17ID:AkVADbaw
「何か、ゲームで進展あったのぉ?」
マリンちゃんが私の画面を覗こうとしてくるので、慌てて隠す。
「な、なんでもない!ごめんね!」
これっていったいどういうゲームなんだろう、こんなオナニーなんて言うのも恥ずかしい単語が出てくるなんて……。
しかし、その後の項目も私を驚かせていく。
【チサトはK高校に進学した】
【マリンはT大付属高校に進学した】
私も知っている偏差値の低い高校に進学しても、テストの点数は低いし、勉強させようとしても遊んでばっかりいる。
彼氏も入れ替わってばっかりで、何人目かの彼氏が出来た際は【ヤリマン】という最低な称号まで付いてしまっていた。
趣味のオナニーも【道具を使ったオナニー】にランクアップしていた。
挙句の果てには……。
【チサトは援助交際が学校にばれて退学処分となってしまった】
と、いきなり高校を中退させれらてしまった。もう私はゲームに飽きていて、ただマリンちゃんの付き合いだと思って、機械的に画面をタップしていた。これじゃあ私のキャラはただのセックス依存症な馬鹿丸出しのギャルだ。
高校中退後のコースで私のキャラはしばらく夜遊びした後にお金が無くなり家を追い出されて、キャバクラに就職していた。姿格好も派手なメイクに、盛った髪型、未成年だというのに飲酒経験も済ませている底辺な人生を歩んでいた。
「そろそろ大学受験だね、あっ、チサトは中退しちゃったから関係なかったねぇ」
何だか馬鹿にされたようで腹が経つけど、ゲームのことで怒るほど私も短気じゃない。それに、マリンちゃんは中学生の時からそんな性格だ。

298yumu2016/06/30(木) 21:11:30.19ID:AkVADbaw
「それじゃあ課金アイテム使っちゃおうー!」
「えっ、課金アイテムあるの?」
課金アイテムを使ったマリンちゃんのスロットは合格率が70%ぐらいだったのに、ほぼ100%の合格率となっていた。
「やったぁ!T大入学って難易度高かったから、奮発してよかったぁ……!」
「奮発って……いくらくらい使ったの?」
「えっとぉ、今回のスロットは二百万円くらいで、チサトとのゲームでは二千万万円ぐらいは使ったかなぁ?」
「にっ、二千万?ゲームでっ!?」
ゲームでは怒らない私でも、これには驚いて声を上げた。何かの冗談でしょ?たかだか一回のゲームで二千万円も使うなんてありえない……。
どう考えても私をからかっているようにしか思えなかった。
「まぁ、私の家って結構裕福だし、他の子達も結構お金注いでいるよぉ?」
「へ、へぇ……」
ドン引きする私をよそに、マリンちゃんはゲームをサクサクと勧めていく。マリンちゃんのキャラは全てのステータス数値が上がっている。
頭も良いし、運動もできるし、人望もある、スタイルも良さそう。実際のマリンちゃんはあんな女性だけど、ゲームのキャラはパーフェクトだ。
そしてマリンちゃんのキャラがT大に入学する頃には、私のキャラは風俗嬢として遊んでは男と性行為をしてお金を稼いでいた。
「あ、もうそろそろ終わりかな?本来の年齢にキャラクターが達するとゲーム終了なんだよねぇ」
「そうなんだぁ、よかったぁ……私のキャラがこんな情けなくなっちゃってごめんね、なんだかせっかくアプリを紹介してもらったのに……」
「そんな事ないよ、私はこのキャラをこんなに成長させられて満足ぅ」
「本当凄いね、私のキャラなんて馬鹿だし、遊んでばかりだし……」

299yumu2016/06/30(木) 21:14:11.92ID:AkVADbaw
「実はね、今日電車で会ったのって偶然じゃなかったんだ」
「えっ?」
突然の発言に私は思わず聞き返してしまった。
「このゲームってさ、誰かと一緒にやらないといけないし、その誰かって言うのも自分じゃ選べないからさぁ、チサトがターゲットって分かってから探すの大変だったんだ、それって期間制限あるからさぁ」
「何……言ってるの?」
マリンちゃんはゲーム画面に視線を下して、無表情で話している。
「本当はさぁ、私もチサトと同じ経済学部だったんだよねぇ、学校はS大だったけどね、それが今じゃやりたくもない美容師の専門学校に行ってるんだから笑えちゃうよねぇ」
「マリンちゃん、だ、大丈夫?」
私が心配するけれども、マリンちゃんは私と目を合わそうとしない。
「はい、これでゲームクリアーチサトもお疲れ様、これから頑張ってねぇ」
「きゃぁっ!」
ゲームクリアの画面になると同時に、スマホの画面が輝きだす、目を開けていられないほどの眩しさに思わず顔を手で覆う。

300yumu2016/06/30(木) 21:17:11.10ID:AkVADbaw
「チサトさん、どうしたの?」
「えっ?」
私が目を開けるとそこにはマリンちゃんがいた……けれど何だか雰囲気が違うっていうか、さっきまでは馬鹿っぽかったけど、今はなんだか真面目っていうか、頭良さそうに見える。
「あぁ、ごめんねぇ、ゲーム終わったんだっけ?」
あれ、私ってこんな喋り方だっけ、でも何だかしっくりくるんだよね。
「えっ、何このネイル、やばくね?」
私がスマホを持っている手は長く派手なネイルが付けられているし、肌の色も褐色だし、結構良い感じのアクセが付けられている。
「はぁっ、何これ、私の格好どうなってんの、マジで!?」
私は立ち上がって自分の服装を見るけれど、胸元ガバガバのキャミソはヘソが出てるし、極ミニのデニムスカートに、高いヒールのブーツって、これじゃあマジでギャルじゃん!?
髪の毛とか、ピンクのエクステとかついて、超盛られているし。
「チサトさん、落ち着いて、皆見てるから!」
「えっ!?だってさぁ、私の格好が……えっとぉ……だから見て分かんないの!?」
「チサトさんは、今日会った時からずっとその格好じゃない」
「はぁ!?だってさっきまでゲームしててさぁ!」
何だか乱暴な口調になっちゃうけれど、何だか変だし、頭も上手く回らなねえし。
「あれ?ゲームの画面も違ぇし」
ゲーム画面で私のキャラはH大の経済学部に合格している、趣味も読書になっているし、これじゃあまるでゲームと人生が入れ替わってるみたいじゃん!
あっ、やっぱりそうだよ!マリンちゃんのキャラは美容師の専門学校に通っている事になっているし!
「ちょっと!これって、ゲームのキャラと入れ替わってんの!?」
「チサトさん……昔から勉強が出来ないのは知っていたけど、ゲームと現実を一緒にしちゃだめよ?」
マリンの野郎が私を馬鹿にする、私はお前よりも上の大学に行ってる優等生だよ!?

301yumu2016/06/30(木) 21:20:50.31ID:AkVADbaw
「馬鹿にすんなよ!私はH大のけーざい学部、だっけ?に通っている、超頭いいし!」
「だから、それはゲームの話でしょ……チサトさんはK高校を退学した後に、その……夜のお仕事されてるんでしょ?」
「違うし!ゲームと一緒にしてるのはマリンじゃん!」
「それじゃあ、チサトさん、掛け算で八の段は言える?」
「はっ!笑わせんなよな!八一が八、八二ぃが、じゅうろく、だろ、えっとぉ、八三がにじゅうし、あれっにじゅうしちだっけ?」
手で十六の後を数えるけれど、なんだか数字が出てこない、どうなってんの!?
「八四がさんじゅうぅ……えっとぉ……」
「もういいでしょ、掛け算もちゃんと出来ないあなたがH大に入れるわけないじゃない」
「だって……えっ、さっきまでは、こう、なんか違ったじゃん!」
ちゃんと説明したいんだけど、上手く言葉は出てこないし、本当に馬鹿になってるみたいじゃん、ちょっと、マジで勘弁してよ!笑えないって!
「他の方も見てますから、今日はこれで別れましょう、お題は私が済ませておきますから」
そういうと、マリンは勝手に金を払うと、店を出て行く。私は咄嗟に追いかけたんだけど、店から出たらマリンの姿はどこにも見当たらなかった。
私は、こんなギャルの格好のまま取り残された。

302yumu2016/06/30(木) 21:28:10.38ID:AkVADbaw
家に帰ると、マジで驚いた。本当に私はH大なんて通ってなくて、なんなら高校中退の風俗で働いてるギャルになってた。
マジで何言ってるのか分かんねぇと思うけど、参考書とか本とかはファッション雑誌になってたし、服も派手目で露出多めのギャルファッションばかりになってた。
覚えたつもりもないのに、派手系なメイクは手が勝手に動いて仕上げるし……なんだ、その、男性の喜ばせ方なんて経験も無いのに、手から口からパイズリの仕方まで全然思い出せちゃう。
それに、本当にまずいのが、今の私の頭がかなり悪いって事!ゲームでは確かにさぁ、小学校の時からテストの点が低かったけど、それが現実になると本当にヤバい。
テレビのニュースとかマジで意味が分かんなくて泣けてくる、ジーディーピーとかティーピーピーとか前はスグに理解できてたのに、今は単なる英語って事しか分からない。
キギョウシュウエキとかカブヌシソウカイとか、アナウンサーが言ってたけど全然、想像もつかない、マジで“為替”とか何て読むの?私、本当にけーざい学部とか行ってたの!?
英語だって結構話せるほうだったのに、今ではディスイズアペンぐらいしか分からない。
マイネームイズ、チサトって言えるけど、単語で書けとか無理だもん、頭悪すぎでしょコレ……。
泣いていたら、なんだか股の辺りがムズムズしてくるし、太ももこすりあわせていたらあっという間にショーツが愛液でグショグショになってきた。
股間の茂みの奥がヒクヒクとうずいて仕方ない、買ったことも使ったことも無かったはずのに近くにあった電動ディルドでオナニーを始めてしまった。
前の私って、そんなに性欲ある方じゃなかったけど、今のギャルの体はマジでヤバい、一回じゃ全然足んない!
テレビに映ってたダンサー見てたら、余計に興奮してきた、あの男性、結構デカいの持ってそうだし、右手でディルド、左手で乳首を弄って、いつの間にか、ほぼ全裸みたいな恰好でいっちゃった。
その後、シャワー浴びながらまた泣いた。前よりちょっと胸が大きくなっているのに喜んでいる自分がいてうざかった。

303yumu2016/06/30(木) 21:31:53.31ID:AkVADbaw
翌日に目覚めても、私は馬鹿なギャルのままだった。思いだしてスマホであの人生ゲームをやろうとしたんだけど、何でかクリアの画面から動かないし、ゲームのキャラはH大入学したところで止まってる。
昨日までの私はゲームの中にいる訳?じゃあ私は誰?それに、なんだかカウントダウンっぽいのが始まってるし、後一週間ぐらいあるけれど、これってマリンが言ってた時間制限ってこと?
でも、こっからどうしたらいいのか分からないし。誰か教えてよ……。
仕方なく朝飯作ろうかと思ったけど、なんか料理の仕方も忘れてたし、スウェットのままコンビニで朝飯を済ませた。
昨日まで……いや、マリンとゲームをするまでは読書が趣味だったけど、今は本とか読んでも頭に入ってこない。
コンビニにあった、単行本を手に取ってみたけど、一ページ目で体が拒否ってきて、一行読むのがやっとだったけど、訳わかんなかった。
作家の写真がカッコよかったから呼んでみたけど、なんだか変な名前。ちゃがわ……何とかノスケって名前。あっ、これで“あくたがわ”って読むんだ。
鹿鳴館とか舞踏会とか、フリガナ振ってなかったら読める訳ないじゃん。普通の女子だって、こんな難しい漢字読めないよね?
そっから、マリンを探そうと昨日の店とか大学の近くとか行ったけど駄目だった、私の探し方が下手なのかなぁ?
家に帰るとちょっとでも勉強しなくちゃと思って、家でネットの問題やってたけど、意味分からなすぎ。
前の私って、こんなのスラスラ解けてたの?てか私の知能がどんだけ低下してるのっ?小学校の問題も解けないんだけど!
因数分解とか解の公式とかなんとなく言葉は覚えてるけど、暗記できないってこんなの!無理無理っ!
三角形の面積とか円周率とか初めて知るって、教わった記憶ないもん。
それに小学生で世界地図とか覚える訳?日本の隣ってアメリカだっけ?中国だっけ?
タイワンとかチョウセンとかドコだよ!知らないし、新しく出来た国なの?あ、ここのインドは知ってる、カレー好きだもん。てかこんな場所にあったんだ。
何となく、字を書いてみるけれどかなり下手くそな文字になってて悲しくなった。
それに漢字とかも全然書けない……流石に中国くらいは書けたけど、合衆国とか連邦とか書けなかった。
てか実際の漢字を見ながらでもちゃんと書けなかったし下手くそで、どうなっちゃってんの?この頭ってどんだけ勉強してない訳?

304yumu2016/06/30(木) 21:39:24.86ID:AkVADbaw
なんか、頭悪くてかなりヤバい事は分かるのに、そのヤバさが頭悪いから真面目に分かってない感じがする。
それに今度は股だけじゃなくてアナルもうずくんだけど……てか何で今の私はアナルパールとかの使い方知ってるんだよ……!
勝手良さげにショーツを脱いで慣れた手つきでジェルで肛門を緩めるとゆっくりアナルパールを突っ込む。
「あぁっっっん!!」
イボイボがお尻を出たり入ったり刺激するだけで勝手に声とか漏れちゃう、てかこれだけだと全然満足いかねぇ。パーマあててゆるふわに盛っていた髪が乱れるけど気にならない。
メヒョウのポーズになりながら前と後ろで弄り続ける。体の中から快感が溢れてくる。
「んっ、ちょっ、これ気持ちよすぎる……あっあっあぁっん」
お尻も頭もなんだかジンジンしてくる、お尻にアナルパールを突っ込んだまま絶頂に達すると、潮が思いっきり吹き出てクッションに染みが出来た。
勉強していたはずなのに、気づけばオナニーして、今は下半身丸出しで、テレビ見ながらキャハハハって手を叩きながら笑っている、こんなの前の私だったらあえりえないっしょ。

305yumu2016/06/30(木) 22:02:32.19ID:DFnPbD+Y
夜になると、自然と支度して、メイクをバッチリしてから働いている風俗店まで向かう、こんなところ来たこと無いのに体はちゃんと覚えてる。
このエロい体と一緒で考える前に勝手に動いちゃうんだよねぇ……。
店の同僚とも気軽に挨拶できちゃう、本当に前の私だったら話しかけられなかっただろうねぇ。
みんなギャルばっかだし、店の名前もギャルコレ、どうやらギャル専門の店みたいだし当たり前か。オプションも制服とか教室プレイなんてあるし。
こんな店に来ている男性客なんて偏差値の低い大学に通っているような馬鹿そうな奴。
高卒の土方とか、まともな女性には相手にしてもらえないオタク君だったけど、まぁそんな奴等よりも今の私は馬鹿っていうのが悲しすぎる。H大って言ったら鼻で笑われるんだろうな。
会話をして、抱き着いたりペッティングしたりしてからいよいよ本番行為に入ると私は慣れた動きで器用に口を使って、舌で顎で元気にさせてあげる。
セックスの経験すらないのに体が自然と動くと言うのはちょっと不思議な感じがする。一人でするオナニーとは全然違うし。
んでもって、乳首とか裏すじとか玉袋とかを攻めて攻めてじらしてあげて、最後に自慢の膣で馬鹿な男どもを満足させてあげる。
男性客はいかにも私がバカなギャルだと思って、最初は色々賢そうだったり偉そうに語ってくるけれど、そんな事言われても、最後は下半身丸出しで粋がってんだから超ウケる。
以前の私だったら、イチモツを見ただけで絶叫してたんだろうけれど、ヤリマンの称号とかついてた今の私は、包茎でも短小でも早漏でもちゃんと丁寧にしぼり取ってあげられた。
男性の性欲に触れるだけで私もなんかこう、ムラムラしちゃうんだよねぇ。濡れちゃうっていうか、体が異性を求めちゃうっていうか。
確かに今の私だと風俗って天職かもしれない。とか考えちゃう私って、もうなんかヤバい。

306名無しさん@ピンキー2016/06/30(木) 22:10:48.24ID:jRse4DJ/
おお、お久しぶり!
下品な話で申し訳ないが何かいいオカズないかなって探してた所だったんで
すごくいいタイミングで嬉しいわ

307yumu2016/06/30(木) 22:10:54.64ID:DFnPbD+Y
仕事は朝の四時くらいまでで、帰ってビール飲んで寝てたら、気付いたら寝ちゃってた。起きたらもうお昼だし。
あぁっ、てか頭が上手く動かなくてイライラする。何をするにも、段取り良くいかないし、余計なことばっか考えちゃうし。なんでこんなに馬鹿なんだよ!
ボサボサの頭を掻き毟ってるとスマホが鳴った。あの人生ゲームが起動していた。
【次のゲーム参加者は○○○○です】
そんな事が書いてあった、これってこの名前の子とゲームすれば、逆転のチャンスがあるってこと?
そういえば、マリンは課金してたっけ、今の私ってどんくらい稼いでんだろ?だけど体売ってやらせてんだから、それなりにお金あるよね。
ゲームの課金画面を見ると、いろんなアイテムが売っていた、どれもパラメータを上げるのに有利なやつで、安くても百万くらいだし、最高額は一億円まである。数値をいじれたり、スロットを当たりやすくしたりと効果も様々だ。
お金借りようとうちの両親に電話したら、絶縁したんだから電話かけるなとか怒鳴られたし、どんだけ嫌われてんだろ。前の私の時はめっちゃ優しくて、大学行く金も出してくれたのにさ!
まぁいいや、とりあえずこいつを調べてゲームをする段取りつけなくちゃ。
後でネットで調べてみたら、塾の講師をしている同い年の女の子だった。てか、こいつ中学の時の同級生じゃん!
今の私だと私立じゃなくて公立中学の記憶に変わっちゃってるけど、何となく見覚えある気がするんだよね。
でもお腹も空いてきたし、何か食べて……んでもってとりあえず、ちょっと盛って来たからオナニーして支度しようっと。
あ、でもちょっとイケメンを逆ナンとかしてお持ち帰りしちゃうのも良さそうかも。ちょっと変態的なプレイとかさぁ、あぁんっ、考えただけで濡れちゃう……。
なんか、ヤリマンギャルになったらなったで、もう少し遊んでもいいかなぁとか思っちゃう。
前と違ってオナニーとかセックスとか、比較にならないほど気持ちいいし、なんかすごい満たされちゃってる。
馬鹿なのは分かるけど、頭悪いからなんか適当に悩まないで生きてられるし、それなりに面白いとか思っちゃう私ってもしかして結構ヤバくなってる?
だけど元に戻ればこんな感覚忘れちゃうと思うともったいないかも……。
まぁマリンの奴にはいつか百倍返しで仕返しをするけれどね。
でもまぁ、よくよく考えれば、とりあえずこの馬鹿なビッチギャル人生からは脱出しないと、人生終わるかもしんないし。
このゲームに出て来た子には悪いけど、ちょっと私の人生計画に付き合ってもらうからよろしくね!

308yumu2016/06/30(木) 22:13:29.96ID:DFnPbD+Y
これで終わり。
長い話を書いていると六万文字でもまだ話の半分とか、先は長いなぁ。
別のアイデアが浮かべば、短編で発散させられたらいいなぁ。

309名無しさん@ピンキー2016/06/30(木) 22:22:31.88ID:jRse4DJ/
改めて乙でした
何の咎もない子が理不尽に転落させられる様子は本当に興奮する・・・
ギャルに変化した後の浅はかな考え方がそれまでのキャラとのギャップが大きくてとてもいい

310名無しさん@ピンキー2016/07/01(金) 19:01:46.53ID:bP70dqkR
大満足っ。ありがとうございます。

311名無しさん@ピンキー2016/07/01(金) 20:54:59.02ID:6uBLaEHc
乙乙
自分の記憶だけを残して世界が改変されるってのは屈辱でいいよなあ

312名無しさん@ピンキー2016/07/02(土) 09:13:07.50ID:dkyKIaWs
yumuさん来た!これでかつる!

313名無しさん@ピンキー2016/07/03(日) 01:31:16.34ID:Otc7uScL
久しぶりの作品 嬉しいです

314名無しさん@ピンキー2016/07/05(火) 21:57:52.20ID:kupz0/mA
遅まきながら乙
yumuさんの容赦ない描写好きやわ
いやこれはまだ人生取り戻すチャンスがあるだけ有情だけどw

315名無しさん@ピンキー2016/07/27(水) 10:12:43.28ID:tvf23MHU
そろそろ夏休みだね

316名無しさん@ピンキー2016/08/13(土) 21:59:31.56ID:v4zJu7pb
もう終わっちまうぞ

317名無しさん@ピンキー2016/08/20(土) 14:12:28.77ID:aT3tWcTY
まだまだ夏は続きますよ!

318名無しさん@ピンキー2016/08/22(月) 03:04:12.29ID:iBcMwxLP
ネタがない

319名無しさん@ピンキー2016/08/22(月) 09:35:58.11ID:EHBijYI2
でも既存のは見飽きた

320名無しさん@ピンキー2016/08/25(木) 01:29:12.21ID:RQsGOMCq
英語読めれば海外の作品探せるんだけどなあ

321名無しさん@ピンキー2016/08/25(木) 17:53:40.19ID:0FU0ezGf
週刊少年チャンピオンの六道で「純粋でおしとやか」だった幼なじみが
初カレの影響ですっかり変わって眉無し褐色モンスターになってた
なかなか興奮した

322名無しさん@ピンキー2016/08/29(月) 00:24:41.58ID:x+jDJcRT
イラスト、マンガとかでもあればね。

323yumu2016/08/30(火) 13:34:46.37ID:LTFhGP/Z
駅内の喫茶店というものは総じてどこもガヤガヤとしているものですが、あちらの二人の声は皆の視線を集めるほど大きなものですね。
「ちょっと!人の服にコーヒーこぼしておいて、それだけ!?」
二人とも女性で、一人は気の強そうな顔をしております。
黒髪ロングは声を上げる度に美しく靡いており、デニムシャツなんてカジュアルなのに、何処かスタイリッシュに着こなせているのは、その佇まいや見た目からあふれ出ている知性からでしょうか。
「あべーめやぐしたなって言ったんじゃん!」
もう一人の女性はゴールドブラウンの髪をアップスタイル、俗に言う盛っているヘアスタイル。
胸元の開いた服、極ミニのスカートに厚底のパンプス、長く派手なネイルはまさにギャル、それも一昔前の流行。服装からして対照的です。
それに何といっても強烈な方言と訛りのある喋り方、おそらく地方出身の方でしょうか。
声の質からは「ごめんって言ったじゃん」という意味合いみたいですが、黒髪の彼女には意味が届いていない様です。
「…………うるさいんだけど」
おや、勉学に励まれていた初月様がようやくペンを折ろうかという握り方で私の方を睨み付けてきました。
「どうやら、派手な女性が、地味な女性にコーヒーをこぼして言い争っているようです」
「何それ、こぼされたからってあんなに怒鳴るなんて他の客の迷惑になるって事が分からないの?ちったぁ痛い目見て反省した方がいいんじゃない?」
「仰る通りで」
「私のバッグや、携帯にも掛かってるんだけどどうしてくれんの!?」
「そったきやごど言われてもさぁ……じぇんこもそったきやサ持ってねぇんだけどぉ」
怒る黒髪に面倒くさそうなギャル、二人の言い争いは終わる気配がありません。
「それに、あのギャルも何よ、あの喋り方もダサいし、格好も一昔前で古臭いし、あっちも少しは知性を付けてから出直せって、あんたもそう思うでしょ?」
「仰る通りで、それでは早速」
私は返事をして、颯爽と初月様の元を離れて言い争っている二人の元へと向かいます。
「後でちゃんと報告しなさいよ」
初月様がボソッと言うのも私は聞き逃しません。
後ろを振り返らなくても初月様がまた参考書へ目線を集中させたのが分かります。こっそりと、無くなりかけていたオレンジフラペチーノのおかわりを初月様のテーブルに用意しておきました。

324yumu2016/08/30(火) 13:38:10.01ID:LTFhGP/Z
「いい加減サしてし、きもやぐんだけど、マジで」
「さっきから、あんた何言ってんのよ!?ふざけないでよっ!」
「ちょっとよろしいですか?」
言い争う二人の前に手を差し込み、会話を止めさせます。
「何よあなた、ここの店員?」
「……あきや、結構格好いいだん」
パチンッ
差し込んだ手の指を鳴らすと、二人の意識が薄くなっていきます。目に力が入らずに軽い催眠状態とでも言うのでしょうか。
「ここでは、他のお客様のご迷惑となりますので場所を変えましょうか」
『はい……』
二人の返事がはもると、私は互いの席の荷物片付けさせてから、二人を連れて喫茶店を後にしました。
周りのお客様も驚いた用に出ていく私たちを見つめていますが、事態の悪化が免れたと思ったのか、ホッとした表情で見送ってくれました。
パチンッ
「……あれっ?」
「……ん……わ、どしたんだっけ?」
指を鳴らして二人の意識を覚醒させます。
ここは駅内の女子トイレです。二人とも立った状態で動けないようにしてあります。手や首や足も多少動かせますが、逃げたり、攻撃は出来ません。
もちろん誰も入ってこれないようにちょっとした細工がしてありますので、叫んでも暴れても無駄です。
「それでは先ずはお互いの自己紹介から始めましょうか」
「ちょ、ちょっと待って!体が動かせないんだけど事情を説明してよ!」
「そうし!訳が分がきゃねんだけど!」
「それは失礼、言い争う前に先ずは互いの事を知っておいた方が今後の為かと思いまして」
「そういう事じゃなくて!」
「おや、調べたところ、お二人とも二十歳で同い年なんですね」
私は初月様の指令通りに淡々と仕事を進めます。二人の話に付き合っていては時間がいくらあっても足りません。まぁ今はここのトイレに時間なんて概念はありませんが。
「黒髪のあなたは、沢尻由真さんですね、おぉ、T大に通っている現役女子大生でかなり裕福な家庭のお生まれの様ですね、成績も優秀そうだ」
「なっ……なんで私の名前を知ってるのよ!?」
「目立つ格好のあなたは白取……“優留姫”は“ゆるめ”と読むんですね、地方の高校を中退して、最近こちらに上京して風俗関係のお仕事をして生計を立てていると」

325yumu2016/08/30(火) 13:45:05.85ID:LTFhGP/Z
「フフフッ!」
「ちょっ、何がおもしぇんだよ!」
「だって、ユルメなんて名前、高校中退したうえに風俗で働いているあんたにピッタリだと思ってさ」
「馬鹿サしねでし!殴るかきゃよマジで!」
「あんたの訛りがさっきから酷過ぎて、何て言ってんのかさっぱり分かんないんだけど!?もっと標準語を覚えてから上京してきなさいよね!!」
また二人の言い争いが始まりましたね、これが犬猿の仲というやつですかね。それにユマは学歴や偏差値は高いみたいですが利口ではないようですね。
常に喧嘩を売っていくスタイルみたいです、まぁそういう性格の方は嫌いではないですよ。
「それでは私の初月様から与えられた指令を始めたいと思います」
「初月様って……誰よ?」
質問には答えず、私は指を鳴らします。
女子トイレの空間がズンと重くなっていきます、纏わりつくような空気に息をするのも苦しいような空間は彼女たちも流石に気づいたようで少し慌てている様子です。
「何……あんた一体何者なのよ……?」
「そうですねぇ、差し詰めあなた方に対する人生の転機みたいなものですよ」
「何言ってらの……?怖いんだばってさっきからさ!」
「それではえっと、ユマさんとユルメさんですけれども……まずは今までの生き方から交換してみましょう」
『はぁっ!?』
先ほどの初月様の台詞を思い出してみましょう。ユマは痛い目を見て反省させる、ユルメは知性を付けさせて出直させるでしたね。
それならお互いの知性などを交換させてしまえば万事解決、一石二鳥、一箭双雕というやつですね。
「まずはユマさんは地方の高校を中退、ユルメさんは都内の進学校に通っていたという事にしましょう」
コンマ何秒という時間ですが、二人の体が固まり場の空気が張り詰めて二人の纏うオーラを変えていく。
「さっきから何言ってるのよ、私が地方の高校なんていく訳ないでしょ!」

326yumu2016/08/30(火) 13:59:15.93ID:LTFhGP/Z
こういった内面の変化は本人にも気づきにくいかと思いますので、いくつか質問をしてあげましょう。
今のユマは先ほどまでのユルメと同じ知力になっています。
学力でいえば小学校の二、三年生ほど、英語はもちろん計算問題や漢字、一般常識なども並み以下のものになっているはずです。
「それではユマさん……今の状況を分かってもらうために問題でも出して見ますか、一キロメートルは何メートルでしょうか?」
本当に小学生でも分かるような問題を投げかけてみます。
「へっ!?」
突然の問題にユマの表情が口を開いたまま固まりました。先ほどまでは引き締まっていた顔つきも、聡明さを失うだけで何ともマヌケなものになってしまうのですね。
「えっ……えっと、あの……一キロだから……あれっ、キロって重さじゃなかったっけ!?」
「プッ!こったきやの簡単の問題だし、お前ぇほんま大学生なのっ!?ウケるんだけどっ!」
一方ユルメは先ほどまでのユマの知力を得ているので、先ほどと変わって簡単な問題を答えられないユマに対し余裕の嘲笑を浮かべています。
「分からないようですね、それでは次の問題です、日本のことわざで塵も積もれば何になると言うでしょうか?」
「はぁっ?チリもつもれば……って何それ、そもそもチリって何よ!?そんな日本語聞いたこと無いんだけど!?」
「ププッ!キャハハハハッ!そったきやの小さのガキでも知ってっきゃ、ほんまバガけだし!」
ユルメの方は笑いを堪え切れずに大きな声でユマを指さして笑っています。さっきまではあなたの方がこんな問題も分からなかったというのに、都合が良いと言うか適当なものですね。
「ちょっ!笑わないでよ!何かさっきから変なんだけど……なんか上手く思い出せないっていうか、考えがまとまんないんだけどぉっ!?」
ユマは混乱しているのか、頭を抱えて思考を巡らせているみたいですねぇ。
まぁ難関の大学に合格するレベルから、地方の底辺高校中退レベルまで頭が悪くなっているのですから、精神が軽く錯乱状態になっているのでしょう。
「思っていた以上に取り乱していますね、それでは最後の質問は……そうですねぇ、日本の大統領の名前は言えますか?」
「日本のぉ、だいとおりょおぉ……でしょ、えっと……知ってるハズ……私、超頭良いから知っているし……えっとね……変だし、あれ……あれぇっ???だいとおりょおって……!?」
思っていた以上に馬鹿になっていますね。もしかしたら以前のユルメよりも頭が悪くなっているかもしれません。

327yumu2016/08/30(火) 14:11:10.55ID:LTFhGP/Z
私の目の前には頭を抱えたまま俯くユマに、ゲラゲラと笑っているユルメ。
「にっ……日本の大統領って……!!ほんまバガだなっ……キャッハッハ!!」
見た目からして真逆の二人ですが、今では清潔感があり真面目そうな格好なのに劣等生なユマと、派手な格好で、何処か垢抜けていないギャルなのに秀才なユルメという、中身と外見でかなりギャップのある二人となりました。
泣きそうになっているユマと抱腹絶倒のユルメ、女子トイレの中はまさに異様な空間になってきました。
さて……それでは、ユマの混乱を解く為にも記憶も変えておきましょう。
「それではユマさんのこれまでの人生を詳しく説明致しましょうか……小さなころから頭が悪くて物覚えが苦手、中学校でも成績は底辺、それを恥と思ったご両親は地方の高校へあなたを入学させたそうですね」
「違うし!えっと、私は進学校に通って……あれっ……なんで地方の底辺高校の事しか思い出せないのぉ!?」
今ユマが思い出しているのは、荒れた学校で小中学校の復習のような問題を必死に解いている自分の姿、同じクラスの生徒は不良ばかりで誰も真面目に授業を受けていない。
地方の頭の悪い生徒と交じって勉強をしているのに、そんな不良たちよりも頭の悪い自分に恥辱を通り越して情けなくなってくる日々。
掛け算は間違えるし、難しい漢字は書けないし、英語なんてハローすらもスペルで書けない、そんな記憶ですね。まぁ結局はそんな学校生活に嫌気がさして退学して、風俗嬢への道を辿るわけですが。
「そしてユルメさんは、中学生の時は地方の進学校に通い、高校からは上京して上位の難関校に入学、そして勉学に励み見事T大受験に合格、ファッションは浮いていましたが、しっかりと知識を身に着けて今に至ると」
「あれ、言われて見れば何だかそったきや記憶があるん……英語も方程式も漢文もなんが分かるし!凄くない!?」
「ちょっとそれ!私の記憶!っていうか私の人生なんだけど!戻してよぉっ!返してよぉっ!」
ユマが五月蠅く騒いでいるので、もう少し変化を進めてみましょう。

328yumu2016/08/30(火) 14:24:48.90ID:LTFhGP/Z
「ユマさんは高校を中退して、地方の風俗店で年齢を偽って働いていたと、それで上京資金を貯めてこちらに戻ってきたのですね……だいぶ性についても詳しくなったようで」
「はぁっ?何それっ!?」
「そちらの経験は今のユルメさんよりもかなり上みたいですね、肉体も生活に合わせて変化されたみたいで、ほらご自分でも分かっているんじゃないですか?」
「……えっ……!?」
頭が悪くなったとはいえ、流石に肉体の変化には気づき始めましたね。
何人、いえ何十人もの男性との性交渉、体位、愛撫、口や胸での奉仕、調教により、ユマの肉体はより快感を得やすく、そして性に依存しやすい体質に変わっているはずです。
一人で慰める行為もしっかりと肉体が覚えておりますので、今後発情した際には一人でも何とかなる事でしょう。
一方ヴァージンを取り戻したユルメの肉体は服の上からでは分かり辛いですが、綺麗なものになっていますね。また知性があると貞操観念も変わったようで、小まめなスキンケアもしているみたいです。
淫乱に変化したユマの肉体はどんな男性のイチモツでも受け入れられるほどの柔らかく広がった膣に、刺激させられ続けて肥大し黒ずんだ乳首。
首筋や尻、太ももまで非常に敏感に、そして性的興奮を得やすい肉体となっているので、今までと同じ生活をしていても、より情欲を催してしまうでしょう。
「てことはさぁ、これがきゃはさぁ、あんたが風俗嬢で、あたしがT大生どして過ごすって事じゃん!まぁせいぜいけっぱってねぇ!」
「あ、あなた……!そんな訛っている恥ずかしい田舎風俗嬢の癖に!私の人生返してよぉ!ば、馬鹿になんかなりたくないっっ……!」
「なりたくないと言われましても、ユマさんは既に馬鹿になっていますからねぇ……それでは歴史ももう少し変えましょうか」
「えっ!?戻してくれるの!?」
「訛った恥ずかしい田舎風俗嬢の癖にと言うんでしたら、そこも交換させましょうか」
「ちょ、ちょっとそれって……!?」
「ユマさんは地方の高校に入学してから、キツい方言と訛りが移ってしまい、ちょっとやそっとじゃ治らない程に喋り方が変わってしまった、そしてユルメさんは上京してから訛りが抜けて標準語で話せるようになった、と」
コンマ数秒の時間で世界は変化する。
「ちょ、何勝手この事ば言ってるのよ!んな事より頭良いあたしサに戻してしよ!……って何この喋り方……嫌ぁっだ、ちょ、治きやねんだけど!?」
「……う、うわぁ……今までの私ってこんな喋り方してたんだ……こうして聞いてみるとちょっとヤバいよね……そりゃあ、こっちのお店とかで会話した時に笑われてもしょうがないよねぇ……」
喋り方も交換して、ユマは必死で方言と訛りを直そうとしていますが、どうやってもイントネーションから変わっていますので、そう簡単には戻せません。
一方ユルメは普通の言葉使いですね、口調はまだギャルっぽいですが訛りも方言もすっかり抜けております。
「あたしが何じたって言うのし……こったき情けない人生嫌だんだけど……」
半泣きになりながら自らを卑下していますが、せめてもの慰めの言葉を掛けてあげましょう。

329yumu2016/08/30(火) 14:36:52.82ID:LTFhGP/Z
「まぁ訛っている女性が好きという男性もおりますし、記憶なんかはその内に定着して以前の事は忘れてしまうのでご安心ください」
「嫌ぁ、嫌ぁ、お前!あたしの人生返しまれしょぉっ!」
ユマが私とユルメに攻撃しようとしたので、再度動きに制限を掛けました。
「まぁ、私がこんな優等生になったのも正直ラッキーだったし、宝くじに当たったみたいなものだけどさ、あんたも日頃の行いだと思って一つ穏便に別れようよ」
清々しい表情で髪を直すユルメの姿はギャルなのですが、まるでどこぞのキャリアウーマンの様な悠然とした雰囲気を感じさせますね。
どちらも変われば変わるものです、まぁ変えたのは私ですが。
「後はそうですねぇ……初月様はあなたのそういう攻撃的なところに苛立ちを覚えていたようなので、少し被虐的な性癖を持ってもらいましょうか」
「ひ、ひぎゃくてきって……なに?どういう意味?」
「あぁ、知性の乏しいあたなには難しかったですね、マゾヒズムの性向というべきか、つまりは人に虐げられて興奮する性格になってもらうという事ですね、逆に人に攻撃的な行為をする事に対しストレスを感じてしまうようになるのです」
「…………??」
「えっとぉ、つまりあんたはこれから怒られたり罵られたりすると気持ちよく感じちゃう変態さんになるって事よ」
「まぁそういう事ですね」
これで、ユマは精神的にも肉体的にも色々と受け入れやすい、確か肉便器とでも呼ばれる存在になった訳ですね。
いつもだとここら辺で終わりにするのですが、最後に何か一つくらいアクセントを加えた方が良いと思うのです。初月様はいつもそういうところに関しては天才的な才能を発揮致します。
しばらく考えた後に、一つアイデアが浮かびました。
今まで機械みたいな思考しか出来なかった私ですが……初月様と長い間、行動を共にして自ら発想を得るところまで進化する事が出来たみたいです。
「最後の仕上げです、二人の“名前”を交換して終わりとしましょう」
私は掌を合わせて二人に私のアイデアを提案します。
指を鳴らしてまるで手品のようにカードや紙を二人の前に出します。
両手に現れたのは二人の身分証明正です。学生証や保険証、クレジットカードや電子カードなど二人の名前がそれぞれに書かれたものです。
「これを擦ると……ホラ!」
それこそ手品のようにカードの名前が記されている部分を擦ると、“沢尻由真”の名前は“沢尻優留姫”に、“白取優留姫”の名前は“白取由真”に変わりました。

330yumu2016/08/30(火) 14:50:08.72ID:LTFhGP/Z
ユルメは小さなころから名前にコンプレックスがあったようで、どうやらキラキラネームと呼ばれる恥ずかしい名前だったようです。
それならば頭の悪くなった今のユマこそ、その名にふさわしいと判断したのです。
「二人の記憶も変えて置きましたので、今後違和感もなく自分の名前を呼べるかと思いますよ」
旧ユルメ、今ではユマという名前になった秀才のギャルは、変な名前を付けた親を怨む記憶も、学校の教師に名前をちゃんと読んでもらえないという記憶も無くなりました。
旧ユマ、今ではユルメという名前の訛りの酷い風俗嬢は、子供の時に同級生に馬鹿にされたり、地方の高校に入学したときに自分の名前を言うのが恥ずかしかったりする記憶が加わりました。
「ププッ、クククッ……」
「おや、どうかしましたか?」
ユマという名になっあギャルが笑いを堪えている様です。知能が上がると笑いやすい性格になるのでしょうか。
「そ、それ、沢尻優留姫って……最高じゃん!さっきの私以上に風俗嬢にピッタリの名前だってそれ!」
……あぁなるほど、さわ“尻ユルメ”という事ですね、そこには私も気づきませんでした。
「そ、そったき変の名前なんて嫌ぁ!違ぅ!こ、こったき、やめぐせえ名前なんてのる訳ないからぁ!」
キンキンとなるヒステリーみたいな声もいい加減聞き飽きてきましたね、ここら辺で終わりにしておきましょう。これなら初月様にも良い報告が出来そうです。
パチンッ!
二人は立ったまま最初の催眠状態になると、空間の状態を元に戻して別々の行動を取らせました。二人とも静かに女子トイレから出て行きます。
この度、初月様の集中を妨げると言う罪を犯し、罰を受けたユルメにはせめてものご褒美として名前に相応しくお尻の穴を一番の性感帯にしておいてあげました。
異物を挿入する事でより激しく興奮し、アナルだけで激しいエクスタシーに達する事が出来るほどに敏感なものになっております。
きっと以前の薄らとした優等生の記憶を持ったまま、こんな変態的で自堕落で敏感な肉体を刺激されたら、驚くに違いありません。
もしかしたら、排泄中にも疼いてしまう可能性がありますが、まぁそれも含めてのご褒美という事にしておきましょう。
女子トイレの中では静まり返っていた空間も、外に出てみると活気のある声に溢れていました。忙しなく歩く人たち、喋る人たち、携帯電話で何かをしている人たち、しかし誰も私の存在には気づきません。
もう少しすれば、ユマもユルメも全然違う場所で意識を取り戻すはずです。ユマはきっと勉学に励みギャルファッションを楽しみ、ユルメは風俗嬢でMとしての性質を活かしながら愚鈍に働きへ出るのでしょう。

331yumu2016/08/30(火) 15:05:07.72ID:LTFhGP/Z
「こんなところで如何でしょうか?」
私は自宅に戻られた初月様に結果を報告致しました。
「うん、まぁあんたにしてはセンスあったじゃん、みんな馬鹿にするだけだと馬鹿で溢れて住みにくくなるから、あんなギャルでも頭が良くなって少しは世界も変わるかもね」
「そんな事までお考えで……流石でございます」
「それで……私が言った事忘れてないよねぇ?」
「もちろんでございます、事後報告でございますね」
私はテレビの電源を付けて初月様に様子を見せます。
テレビの中では、地方の貧しい環境から単身上京して、T大に合格したギャルというインパクトのあるドキュメンタリーを放送しておりました。
誰が見てもちょっとダサいギャルなのに、実は進学校でもトップクラスの成績で今はT大生というギャップが受けているようです。
ユマという名のギャルは「見た目で結構差別される事もありますけれど、これも個性の一つですから!将来は知識を活かして世の中の役に立ちたいと思っています!」とコメントしています。
この間まで馬鹿な風俗嬢だったとは到底思えない台詞ですね。
「うん……そっちは、まぁいいんだけどさぁ、私がイラついていたあっちは?」
「少々お待ちください」
どうやら初月様はギャルのユマにはあまり興味を示さなかったようです。スグに私はユルメという名の風俗嬢の状況を映し出します。

332yumu2016/08/30(火) 15:19:09.24ID:LTFhGP/Z
そこには、少々ハードな内容が映っていましたが、初月様は気にせずまるで、クラシックコンサートを聞くかのようにテレビを見つめておりました。
裸の男性に罵られながら体を弄られている女性。
男性が女性の体を刺激していきます。首筋、乳首、そしてお尻に触れられた時にユルメの体が敏感に反応しました。
酷い訛りでユルメも必死に否定し、抵抗していますが。しかし彼女の秘部は滴るほど湿っており、アナル付近を触れられるたびにヒクヒクと震えながら涎を垂らしています。
サディズムの気がある男性は、甚振るかのように悶えるユルメを苛めていきます。
「ば、馬鹿サしねでぃね……いっ、気持ちしぐなんがねぇし、あたしの方が立場が上のんだから!」
そうは言ってるものの、男性に笑われながら遊ばれている様にしか見えません。男性は嬉しそうにユルメのお尻を強く馬に対するみたいに強くパチンと叩くと、アナル付近を弄ぶように指先を動かしています。
「ひぃっん……んっ……あっぁん!そ、そこは触ってはいっぇぇ……んんっ!」
触るなと言っている割には、お尻を突き出して愛液を垂らしながら快感に身を捩らせています。
元々の強気な性格と口調が感じやすい身体とマゾヒズムな性癖によって、ツンデレとも呼べるような風俗嬢になったようです。
他の人との差別化は個性となり、上客にも恵まれているようです。本人も様々な穴から汁を流して喜んでいるので、結果良かったのではないでしょうか?
同性の同僚からも、頭が悪いうえに訛っている地方者として馬鹿にされながらも受け入れられているようです。
テレビ画面が切り替わり、事務所の様な場所で数人の女性が喋っています。どうやらユルメが働いている風俗店の待機室の様です。
大分皆から可愛がられているようですね、以前の彼女だったら軽蔑している様な連中も、今では仲良くしているようです。その様子を見てみると……。
「ユルメちゃーん、この間グァムに行ったおみやげだよ!」
「あ、ありがど、ございますぅ……」
「そういえばユルメちゃん、グァムってどこの国だっけぇ?」
集まっている女性たちがクスクスと笑っています。
「へっ?グ、グァムの……国は……えっとぉ……し、知っているし」
困っているユルメに別の女性がこっそり耳打ちをしています。
「グァムはオーストラリアにある島だよ」
「グ、グァムはオーストラリアの国だしっ!」
すると周りにいた女性たちが一斉に笑い出しました、ユルメは何が可笑しいのか分からっていない様で、顔を赤くしながら笑われているのを堪えています。

333yumu2016/08/30(火) 15:42:46.72ID:LTFhGP/Z
「そういえばさぁ、来年の干支は猫だから、ユルメちゃんも猫のグッズを買っておいた方がいいよぉ?」
周りの女性たちが期待している目でユルメを見つめています。
「えっ!?あ、うん、干支が猫だば、のんが買っておかなくちゃね!猫年だもんね!」
再度、部屋に笑い声が響きます、ユルメはようやくからかわれていた事に気づいた様ですが、怒るどころか身を震わせてプルプルと耐えていますね。
元々の勝気な性格から、こんな子達に馬鹿にされたくないと頭が悪いなりに答えを返しているのですが、毎度騙されて笑われているみたいです。
しかも性癖がマゾヒズムになっているため、感じたくもないのに皆から嘲笑されることに対して興奮を覚えているようですね。恥ずかしくて悔しいのに、精神的に欲情してしまう肉体に翻弄されております。
「ねぇーユルメちゃんはみんなのマスコットなんだからいいんだよぉ、頑張って必死に答えてる姿も可愛いねぇー!」
同僚の女性に頭を撫でられていますが、以前の彼女だったら絶対に考えられない光景でしょう。
「あぁ、うん、その辺でいいよぉ、ありがとさん」
「もうよろしいのですか?」
「まぁ、本人も少しは反省して、馬鹿な人生楽しんでくれるでしょ……ったく、勉強できるのに頭悪い奴ほど世の中の迷惑になっているものってないわよねぇ」
「確かに、初月様の仰る通りかと」
「受験も終わって時間に余裕が出来たら、馬鹿なクセにふんぞり返っている馬鹿な大人たちをもう一度教育し直していくっていうのも面白いかもね」
「とても良い考えかと思います、初月様の様な方がいればこの国もより良くなっていくと思いますよ」
「わたし、お世辞は嫌いだから、変な知識を身に着けないでよね」
「……失礼いたしました」
どうやら出しゃばりすぎたみたいですね、それでは私はまた初月様に呼ばれるまで静かに控えておきましょう。
また、何かしらの形で初月様のお役に立てるその日まで。

334yumu2016/08/30(火) 15:53:21.99ID:LTFhGP/Z
夏休みの課題は滑り込みクリアできたかな。他の作家さん来てくれるといいなぁ。
渋にあるピンクマンさんの魔法の履歴書とかオススメ。
さて長編頑張るか。

335名無しさん@ピンキー2016/08/30(火) 17:02:59.56ID:lv6wHXl/
yumuさん感謝

336名無しさん@ピンキー2016/08/30(火) 18:16:17.00ID:WKRu8AS5
魔法の履歴書いいですよね。

337名無しさん@ピンキー2016/08/30(火) 18:36:04.43ID:G5MqMCDc
yumuさん乙です
社会人なのにすばらしい夏休みのプレゼントだw

338名無しさん@ピンキー2016/08/30(火) 19:24:25.97ID:yVd5f5rK
久しぶりの作品。ありがたやありがたや

339名無しさん@ピンキー2016/09/02(金) 22:46:51.07ID:RCRvV18v
知性を失ってくだらない人間に落ちる女の子っていいよなあ
乙です!

340名無しさん@ピンキー2016/09/17(土) 22:54:28.79ID:J18bEVML
清楚なお嬢様系女子大生が、バカな黒ギャルにハメられて
海外SSにあるような「バカでビッチになるための学校」で
強制的にバカでビッチな黒ギャルにされる・・・・・・
というアイデアだけは降ってきたのだけど、形にできない

341名無しさん@ピンキー2016/09/20(火) 00:01:35.00ID:FhPhAiGP
>>340
そういう海外のSSとかってどこで読んでるの?
TGとかsissy関連しかなかなか見つけられなくて
TS好きだから別にいいんだけど他の作品読みたくても探せなくてなー

342名無しさん@ピンキー2016/09/20(火) 03:28:33.42ID:zzxIMNR+
>>340
指摘のとおり、TGやsissy関連ばかりですわ

343名無しさん@ピンキー2016/09/22(木) 00:06:25.89ID:anuLbIOT
>>342
やっぱりそうなのか…
後は上手く探せばmindcontrolでなんとか見つけられるくらいだしな
返信ありがとう

344名無しさん@ピンキー2016/10/02(日) 13:05:57.63ID:hpJZxPpC
優等生がギャル堕ちする話で厳密には知能低下からは外れるのかもしれないが、
寝取られた彼女ー風紀委員長三倉圭織ーって同人小説がかなりよかった
大まかなあらすじは優等生の風紀委員長がクスリで不良に快楽をたたき込まれ、
それに並行してタバコなんかも覚えさせられて外見も徐々に派手になっていって
最後にはヤクザに買われて乱交しちゃうようなクソビッチに

345名無しさん@ピンキー2016/10/19(水) 00:05:16.79ID:Dx5V6XlE
>>340
「バカでビッチになるための学校」が登場する海外SS、いくつかURL教えてくれると嬉しい

346名無しさん@ピンキー2016/10/24(月) 21:52:15.41ID:juSI+GHO
最近渋でちょこちょこよさげなSSがあって嬉しいぜ

347名無しさん@ピンキー2016/11/07(月) 16:01:58.24ID:iFouf/tE
英語のやつを和訳してほしいかなw

348名無しさん@ピンキー2016/11/07(月) 19:47:45.35ID:nDhV3Y4d
URL貼ってくれたら和訳くらいは自分でやるよ、Google翻訳と首っ引きだがw

349名無しさん@ピンキー2016/11/07(月) 20:10:48.21ID:hQf2si0V
TSやsissy関連ならあるが、普通(最初から女の子)の海外SSのURLに心当たりがない

350名無しさん@ピンキー2016/11/08(火) 19:08:18.46ID:658v6Si8
参考にしたいのでよろしければTSやsissy関連のURL教えてください

351名無しさん@ピンキー2016/11/08(火) 20:39:46.65ID:d3dn6CKn

352名無しさん@ピンキー2016/11/22(火) 12:56:28.53ID:krwI6RGW
暇なときにメモ帳に書き貯めてたのがきえてしまった…

353名無しさん@ピンキー2016/11/23(水) 21:01:40.47ID:PNjOH9+j
お使いのPCが知能低下してしまったのか

354名無しさん@ピンキー2016/11/23(水) 21:53:12.97ID:cR2syT8H
知能低下すんのは女の子だけにしてほしいわ

355名無しさん@ピンキー2016/12/01(木) 16:31:14.32ID:iHHBbSNB
新作期待

356名無しさん@ピンキー2016/12/12(月) 18:31:42.36ID:lfwsJOcc
73.4の世界の上水流陽菜子の新しき日常の後半が、txtで保存していたの残っていたんだけどいる?

357名無しさん@ピンキー2016/12/12(月) 19:40:06.11ID:N41WcVcZ
>>356
黙ってここから消えろ

358名無しさん@ピンキー2016/12/12(月) 20:32:53.33ID:oLOe+qDU
いるいる。

359名無しさん@ピンキー2016/12/12(月) 22:41:27.16ID:lfwsJOcc

360名無しさん@ピンキー2016/12/12(月) 22:42:07.31ID:lfwsJOcc
1週間のみ
あと上げてごめん

361名無しさん@ピンキー2016/12/13(火) 11:47:35.04ID:6eV/LS/1
赤木さやか、彼女はついこないだまで地元の有名高校に通う優等生だった。だがそんな彼女を妬む友人が彼女に様々な呪いをかけてゆく。
ひとつめの呪い、それは覚えるのが苦手になっていく。
ふたつめの呪い、彼女から落ち着き、冷静さを消し行く。
みっつめの呪い、彼女からの清楚さをけす。
よっつめの呪い、彼女の性欲を何倍にもする。
以上のような呪いを数日ごとに受けていく彼女…

362名無しさん@ピンキー2016/12/13(火) 19:29:59.79ID:zRtlnOjA
薬の副作用でクルクルパーになる話なら考えてる

363名無しさん@ピンキー2016/12/14(水) 16:32:46.20ID:7lKQNTAq
ひとつめの呪いを受けた日彼女は家に帰ってから変化に気付いた。
日課としての復習予習に非常に手間取ったのだ。いつもだったら授業でほとんどを理解できるのにこの日を境にどんなに時間をかけてもできなくなる。やがて以前は出来ていた簡単な計算もできなくなり、ついには小学生レベルにまでバカになってしまう。
ふたつめの呪いを受けた日彼女は学校で変化に気付いた。授業に落書きがしたくてたまらない、あそびたくてたまらない、友達と話したくてたまらない。気づくと彼女は感情のままに動いてしまっていた。授業中にたち歩き外にあそびにいってしまった。
みっつめの呪いを受けた日。彼女は言葉づかい、座りかたなにもかもがかわってしまっていた。今までは丁寧な言葉づかいだったのに。座りかもしっかりと足をとじていたのに。
よっつめの、呪いを受けた日彼女は学校にもいかず家でずっとあそんでいた。

364名無しさん@ピンキー2016/12/17(土) 22:27:28.44ID:G3YiOUdp
マジカルチンポで知能低下

365名無しさん@ピンキー2016/12/25(日) 19:39:27.14ID:nHwkcwFN
頭の悪い女の子に意識をダイブさせ何故悪いのか調べてあげようと思った女が副作用で自分もわるくなっていくはなし

366名無しさん@ピンキー2016/12/28(水) 00:38:59.44ID:L1zdCrM1
>365
アイディア的に非常に面白いと思う
ダイブ対象でバリエーションも付け易いし

367名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 13:58:09.52ID:HN9fWShB
今年もまたお馬鹿さんになっちゃう女の子がたくさん見れますように

368名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 14:00:10.23ID:HN9fWShB
言い間違えた。
今年も、才能豊かで才色兼備の未来有望な女の子が、
適当な理由で、取るに足らないその辺の女の子以下になっちゃう小説がたくさん読めますように

369名無しさん@ピンキー2017/01/04(水) 20:00:08.72ID:7nCs8ZHL
作家がほとんどやめちゃってるからねぇ

370名無しさん@ピンキー2017/01/06(金) 09:16:08.56ID:wP1EQwZ3
昔ブログだったりホームページを作っていた作者方はどこに消えたのか…

371名無しさん@ピンキー2017/01/08(日) 12:00:01.17ID:IbrrgO05
>>351
面白い場所だけど、検索に結構クセあるね
カテゴリ検索は充実してるけど単語単位の全文検索は出来ないのか?

372名無しさん@ピンキー2017/01/18(水) 20:57:14.00ID:3T1UYs4b
プレイ中のソシャゲで「バカって言ったヤツをバカにする能力」を持つ敵が出てきて、普段ツッコミ役の女の子がヘラヘラ笑うだけのバカにされてて割と股間に響いた

373名無しさん@ピンキー2017/01/18(水) 21:13:18.61ID:37xRDP9b
>>372
なんのゲーム?そのシーン目的でやりたいw

374名無しさん@ピンキー2017/01/19(木) 00:53:24.52ID:1XXbG+dj
>>373
黒猫のウィズの期間限定新イベント。基本的にギャグ系のイベント
あとバカ能力以外にも、主人公パーティがゲスパーティに参加するためにゲスのフリをするシーンがあって、それも見ようによってはバカっぽくていいかも

375名無しさん@ピンキー2017/01/19(木) 11:06:14.38ID:K5YcE3ZK
>>374
早速やってみますw

376名無しさん@ピンキー2017/01/19(木) 17:23:27.18ID:K5YcE3ZK
イベント多過ぎてわからんw

377名無しさん@ピンキー2017/01/19(木) 21:34:07.22ID:1XXbG+dj
「魔轟三鉄傑対地獄三十六歌仙」ってイベント。バカ能力は上級の敵

378名無しさん@ピンキー2017/01/20(金) 10:54:04.42ID:///IPFqv
>>377
必死にノーマルクリアしてみたわ、たしかにいいねwありがと

379名無しさん@ピンキー2017/01/21(土) 13:08:44.51ID:sQ5l7EfU
イベントだけみたいならイージーモードに切り替えればええんやで

380名無しさん@ピンキー2017/01/21(土) 22:24:13.63ID:jZDO3fqK
ファンタジー系知能低下か、良いかも

381名無しさん@ピンキー2017/01/21(土) 22:52:34.75ID:SLNy8nzm
新作に使ってくれることを期待w

382名無しさん@ピンキー2017/01/21(土) 23:03:10.52ID:JAADNw29
痴能低下、という単語が浮かんだ。
痴態という言葉もあるし?

383名無しさん@ピンキー2017/01/21(土) 23:17:55.52ID:+1/d5Xfv
それただビッチが改心するだけじゃねーか!

384名無しさん@ピンキー2017/01/21(土) 23:41:27.52ID:jZDO3fqK
優等生が道を踏み外すのも興奮するが、ビッチが更生するのも興奮する

385名無しさん@ピンキー2017/01/22(日) 01:29:21.39ID:l+2WClZa
優等生の知能とビッチの痴能を交換

386名無しさん@ピンキー2017/01/22(日) 11:21:39.98ID:VC0qux9n
>>385
ニンフになった優等生がまんまそれやね

387名無しさん@ピンキー2017/01/22(日) 12:28:42.90ID:Oa7Ur6HV
そういうシャレもきかせてたんかなw

388名無しさん@ピンキー2017/01/22(日) 22:01:47.30ID:JE1ESUr9
ここの作品、おおむね知能低下の理由はファンタジーだろ?
ファンタジー系世界観での知能低下という話なら別だけど

389名無しさん@ピンキー2017/01/28(土) 11:49:53.95ID:CW8iJn6r
「伝説のオウガバトル」というゲーム知ってる人いる?
けっこう昔の作品だけど、わりとビッグタイトルで何度かリメイクもされてるんだが

390名無しさん@ピンキー2017/01/28(土) 12:43:05.98ID:I/ogV7ka
名前しかしらないなー。

3913892017/01/29(日) 12:18:09.99ID:XNsTV0HO
答えてくれてありがとう
英雄らしくない戦い方をするとモラルや魅力が低下するというゲームシステムで
それをパロった作品を書こうとしたんだが年代的に知らん人も多くて当然か・・・

392名無しさん@ピンキー2017/01/29(日) 19:35:04.34ID:hfPgvRoJ
そんなシステムだったんだー。知らなくてもわりとすんなりわかるとおもいますよw

393名無しさん@ピンキー2017/01/30(月) 02:25:34.89ID:mpHDRHiw
カオスフレームか
タクティクスオウガも知らない世代とか時代を感じるな…

394名無しさん@ピンキー2017/02/02(木) 10:34:50.55ID:WXaxEuQq
プラスチックメモリーズの設定少し弄ればこのネタにつかえそう

395名無しさん@ピンキー2017/02/05(日) 11:18:42.25ID:xWm+ye1K
人造人間に人としての意識を持たせることに成功したがそれは寿命が非常に短く20年足らず…というのに開発者らは知らずにどんどん人の手に渡っていった。
その寿命が近づくにつれその人々は知能、体力、精神様々なものが退行、消滅していく。

396名無しさん@ピンキー2017/02/06(月) 00:58:24.52ID:ptfvWhDz
それ、ただの悲しい話

397名無しさん@ピンキー2017/02/09(木) 17:17:40.53ID:20LfKLPp
知能低下と痴呆はまた違うものだ

398名無しさん@ピンキー2017/02/16(木) 03:07:24.34ID:iHsFJ7Vx
逆に、頭が悪い不良女が真面目になり、1日5時間勉強するなど努力することが
苦にならないみたいな話の方が面白そうだと思う。

399名無しさん@ピンキー2017/02/16(木) 09:18:26.62ID:Fjk74Val
スレチやけどそれはおもしろそうやねw

400名無しさん@ピンキー2017/02/17(金) 00:31:00.14ID:jPt3fLQB
それ、ただのビリギャル

401名無しさん@ピンキー2017/02/17(金) 21:54:19.96ID:cGjOr3HD
その代償に才色兼備の清楚な優等生が知力を吸い取られていって底辺のクソギャルに堕ちるのなら大変よろしい

402名無しさん@ピンキー2017/02/19(日) 23:27:42.04ID:z93dinNo
なんかかいてくれwww

403名無しさん@ピンキー2017/03/05(日) 11:54:06.63ID:JEs70gk2
>402
あの避難所にいくつか来てたじゃないか

404名無しさん@ピンキー2017/03/05(日) 12:06:33.41ID:stFLiTUb
避難場所知らんのよww

405名無しさん@ピンキー2017/03/19(日) 23:50:53.86ID:L+NYpRO7
教えてくれたらありがたい

406名無しさん@ピンキー2017/03/20(月) 09:27:33.69ID:T+r6fIXO
知り合いのつてをあたってくれ
掲示板にアドさらすのは禁止されている

407名無しさん@ピンキー2017/03/20(月) 10:39:47.42ID:r1vFLf8j
優等生を堕落させたいスレの避難所にはちょっと前にSSの報告が来てたな
別にアド晒し禁止されてないから>>403はまた他のところなんだろうけど

408名無しさん@ピンキー2017/03/21(火) 02:12:34.94ID:E6SvDFNA
ニッチすぎて知り合いの伝もくそもないから>>404はここで聞いてると思うんだが…

409名無しさん@ピンキー2017/03/21(火) 02:20:39.22ID:E6SvDFNA
新作だとたまに渋にギャル化とかビッチ化で該当くるけどこのスレどんぴしゃかと言われると若干ちがうしなあ

410名無しさん@ピンキー2017/03/21(火) 18:38:57.69ID:+SS4enZJ
ギャル化はTSが混じっちゃうのが難だが稀に見つかる
ビッチ化に至っては単なる快楽堕ちをそう読んでいる場合が往々にしてあるのでホント見つけにくい

411名無しさん@ピンキー2017/03/22(水) 00:11:27.65ID:QAs9pCwZ
渋かなろう系しか投稿してる人最近いなくない

412名無しさん@ピンキー2017/03/22(水) 11:33:59.95ID:h09sJbse
やっぱり最近は避難所一択かな
月末に一気に来てうれしかった

413名無しさん@ピンキー2017/03/22(水) 14:02:36.90ID:QAs9pCwZ
くっそw検索ワードでいいからおしえてくださいおねがいします

414名無しさん@ピンキー2017/03/26(日) 20:05:14.77ID:8hNahq3s
知能低下というか優等生がケバギャルに転落する系統の話だけど
「真面目な私の転落人生〜強制陵辱×キメセク×黒ギャル化〜」ってのがなかなかよかった
真面目な図書委員の女の子がレイプをきっかけに嫌々調教されていくが
薬使われて快楽落ちした後は坂を転げ落ちるようにビッチ化していく

415名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 20:55:33.55ID:J9vhhFfB
避難所に投稿されるのは、どんな傾向の作品が多いの?
ここみたいに知能低下の描写に重きを置いてるのか、それともギャル化みたいな外見の変化が多いの?

416名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 21:35:50.46ID:twJO/PRV
避難所は心の中にしか存在しない

417名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 21:51:04.74ID:YuUmn6g8
色々だな毎週投下されるし

418名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 21:57:37.06ID:WduQ4mj4
という妄想

419名無しさん@ピンキー2017/04/14(金) 23:39:09.32ID:KkzWoWva
もうガセネタと思いこむわ。たどりつかんし。

420名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 07:24:55.14ID:9Xg7CjZ6
しかたないヒントやるよ
ここじゃない板の似た趣向のスレにリンクそのもんあるよ

421名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 18:26:21.70ID:qdEHjdQA
あっはい

422名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 20:08:06.25ID:UPeD8VE9
>>420
それってひょっとして、同じPINKちゃんねる内の他の板ってこと?

423名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 21:00:05.13ID:qdEHjdQA
今更だが誤爆してたことに気付いた
すまぬ

424名無しさん@ピンキー2017/04/18(火) 23:21:44.45ID:ccFUCw/6
優等生を堕落やら若返りやら喫煙やらむかしのしかでてこねぇ

425名無しさん@ピンキー2017/04/20(木) 07:15:18.02ID:QTRCIIkl
渋にも最近あったな。低下部分の描写はまいちだった。

426名無しさん@ピンキー2017/04/22(土) 02:08:56.29ID:cr5OkSPF
幼◯戦記みてて精神汚染で記憶がなくなってる部分〜の下りでその記憶の間に幼児退行したり淫乱になったり、お馬鹿になってて後でじたぱた後悔するってのを妄想した

427名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 13:34:11.83ID:KfpWj76K
やっーーーとみつけたわ避難所たしかにすげえ
だが>>420の書き方意地悪すぎる

428名無しさん@ピンキー2017/04/24(月) 13:44:56.95ID:RnFYRs4x
優しくしてくれ教えて

429名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 09:48:12.00ID:bWCcj1GC
mega w さんの引退きっついわー

430名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 18:50:10.10ID:6MabwfQk
マジかよ…本当じゃないか…トレスか
というかなんでトレスって分かったんだ?論文のコピペ見つけるソフトみたいなのでもあるのか

431名無しさん@ピンキー2017/04/25(火) 21:46:11.02ID:CM1kssg9
>>430
トレスは日々ジャンル問わずにチェックしてる人たちがいる
まー自業自得だわな トレスは最悪の罪

432名無しさん@ピンキー2017/04/26(水) 17:31:56.08ID:nG7h8WoG
トレス心底がっかりしたわ
二度とこのジャンルにこないでほしい

433名無しさん@ピンキー2017/04/26(水) 17:52:21.79ID:mWJ8Haxo
というかもう既に人がいなくて荒野な件

434名無しさん@ピンキー2017/04/26(水) 18:03:56.69ID:+1aDRanC
色々買ったけど微妙に好みに合わない作品が多かったなあmega w
でも「女が全て下品なビッチになった日常」の前編・中編は本当にクリティカルヒットで未だによく使ってるわ
念のために販売作品から消される前に再DLしておいてよかった

435名無しさん@ピンキー2017/04/27(木) 10:02:29.17ID:j0xzMuva
よくトレス野郎の作品なんかもってられるな

436名無しさん@ピンキー2017/04/27(木) 18:18:45.05ID:NIdEE9B1
作品に罪はないし正統に購入した消費者にも罪はないからのう
ASKAが薬物やったからってあいつの出したCDを手放さない奴が批判されたなんて話はきいたことないし

437名無しさん@ピンキー2017/04/28(金) 06:51:39.94ID:6EpbUWZ3
そりゃまあそうだ

438名無しさん@ピンキー2017/06/03(土) 00:39:42.29ID:zV3c5E76
新作まだー?

439名無しさん@ピンキー2017/06/04(日) 05:00:41.30ID:UkxmXEmv
引退復帰後の新作正直ちょっと微妙
ボリュームもそうだけどやっぱギャップだよなー

440名無しさん@ピンキー2017/06/04(日) 14:33:29.69ID:wt2UNdY7
渋を知能低下で検索したら久しぶりによさげな小説が投稿されてたわ

441名無しさん@ピンキー2017/06/04(日) 15:00:22.39ID:er0m6g25
あのシリーズもののやつか

442名無しさん@ピンキー2017/06/04(日) 23:48:56.71ID:Q/bX0Fkv
でもあれ新作じゃないしな…
あれ見ると復活する人は10年越しでも復活するからすごいよね

443名無しさん@ピンキー2017/06/06(火) 20:27:25.97ID:MFVJoo89
10年前の時のを知らんかったから新作として楽しめてありがたかったわ

444名無しさん@ピンキー2017/06/07(水) 13:05:56.54ID:Y4lwbViA
おれも。特におばちゃんとストーカーのほうも掘り下げてほしい

445名無しさん@ピンキー2017/06/07(水) 17:04:01.87ID:P54jn5WM
あのSSはは知能低下要素のある作品でもベスト5に入る位好き
言い換えると10年も前のSSがベスト5に入る位にこのジャンルは弾が少ない・・・

446名無しさん@ピンキー2017/06/10(土) 10:08:14.31ID:6pVbOZvD
>>444
わかるストーカーの依頼のはスゴくみたい
おばさんの方はかゆうま的エンドをむかえた話が過去ログ漁ると見られるよ

447名無しさん@ピンキー2017/07/10(月) 23:55:10.10ID:wrEaiM+P
なにかネタはないものか…

448名無しさん@ピンキー2017/08/06(日) 20:22:04.92ID:HmbqWsaK
底辺高と進学高の脳内入れ換えで知能低下

449名無しさん@ピンキー2017/08/15(火) 09:30:15.52ID:9+I1NWCR
逆転学園からもう5年ぐらいだっけ

450名無しさん@ピンキー2017/08/15(火) 09:49:46.49ID:vwcIOGOA
逆転学園ってなんだっけ
読んだことないので詳細わかるなら教えて欲しい・・・

451名無しさん@ピンキー2017/08/16(水) 00:39:59.34ID:fKenn7qz
進学校なのに中身が段々と底辺校と入れ替わっていって……段々と格好や見た目もチャラくなる的な話。いまいちそそらなかったな

452名無しさん@ピンキー2017/08/16(水) 02:33:22.73ID:ouHllwdn
エタってなかったっけ?

453名無しさん@ピンキー2017/08/22(火) 19:28:08.55ID:AJMFRL5k
小説ではなくてマンガだがこれは結構良さそうだと思うんだが
COMIC真激2017年10月号
runa『黒ギャル・淫サート』
友達を救う事を条件に、
『着るとギャル化するボディコン』を着せられたお嬢様の零華。
「絶対に屈するもんか!」理性と性欲が葛藤する彼女の胸の内とは…。
http://www.shingeki.jp/shingeki.html(このページの一番下)

454名無しさん@ピンキー2017/08/23(水) 20:31:42.11ID:KgbLhVum
>>453
情報サンキュー
調べてみたら電子版がおおよそ2ヶ月遅れで出るようだからそれを買うわ

455名無しさん@ピンキー2017/08/25(金) 11:05:02.78ID:pCgAcIoq
買ってみたけど、
黒ギャルの描写自体は悪くないんだが
構成が若干拙いって感じかな
でも商業でやろうとしたガッツは買いたい
なんにしろ情報サンクス

456名無しさん@ピンキー2017/09/02(土) 22:21:54.71ID:XhnIGsCR
スレ違いかもしれないが一応報告
知能低下ではなく催眠をかけられることで風紀委員長が「風紀を正すために」
ギャルっぽい服装になり繁華街でおっさんを誘うようになるってシチュがエロゲのモブ催眠であった

457名無しさん@ピンキー2017/09/08(金) 12:17:52.37ID:gb9CG7oD
渋もあんまりそそる新作がないなー

458名無しさん@ピンキー2017/09/18(月) 08:19:34.18ID:4eWUWSUT
>>440の人が渋でどんな喪失シチュが好きかってアンケとってて知能低下も項目のひとつに入ってるな
傾向が知りたいだけらしいが投票すればまた何か書いてくれるかも…

459名無しさん@ピンキー2017/09/18(月) 09:36:35.17ID:4eWUWSUT
ついでに>>453-455も調べてみたがまだ電子版発売されてないっぽいね

460名無しさん@ピンキー2017/09/20(水) 18:27:50.91ID:5eQj3H7E
やっと黒ギャル淫サートの号買えたわ
ページ数少ないなりに徐々に洗脳されてく感じは出ててよかったわ
抵抗してるのに口調が勝手に変えられちゃうのすごく好き

461名無しさん@ピンキー2017/09/24(日) 11:08:04.24ID:c6nuMjzI
古いヤツでもいいからおすすめなにかない?

462名無しさん@ピンキー2017/09/24(日) 16:01:03.27ID:2KzAlCLl
「ニンフになった優等生」はサイトは消えたけどアーカイブで読めるはず

463名無しさん@ピンキー2017/09/25(月) 20:28:27.41ID:s/wR0rC8

464名無しさん@ピンキー2017/09/26(火) 09:38:48.09ID:kepb5W46
際限のない遊びだけはじめてみかけたけどいいですねっありがとうございます。

465名無しさん@ピンキー2017/09/26(火) 10:08:10.87ID:ZuGlvbJe
>>461
該当するかわかりませんが
シール
http://mofusakura.blog.fc2.com/blog-entry-24.html
剥ぎ取り彼女
https://www40.atwiki.jp/odchange/sp/pages/237.html
他人と身体が入れ替わって口調や能力が変わるシチュが好きなんですが、
それも該当しますかね?

466名無しさん@ピンキー2017/09/26(火) 18:06:02.29ID:oRBnzDc1
際限のない遊びクッソ懐かしいな…
日付見たら13年前で笑った

467名無しさん@ピンキー2017/09/26(火) 18:18:28.20ID:kfvoKnGf
あとはみんなご存知かもしれませんが、過去に「優等生を堕落させたいスレ」というのがありまして。
そこの保管庫が
http://yutoseiwodaraku.wiki.fc2.com/m/wiki/トップページ
知能低下とは少し違うので人によっては趣味が合うかわからないけど

468名無しさん@ピンキー2017/09/26(火) 23:23:50.33ID:sCDi9vMk
>>462>>463>>465
ありがとう
>>467のはサイト落ちてない?
自分からもオススメ言わせてもらうなら
優等生からの転落
http://zaxon.80code.com/tmp/novels/tenraku_kazuya.htm
かな?
あと薄いけど
ビールズ・パニック
http://zaxon.80code.com/tmp/novels/viruspanic01.htm
も該当て最近気づいたな
皆さん知ってるかも知れないけど

469名無しさん@ピンキー2017/09/26(火) 23:27:45.36ID:KZRlEsT/
>>468
トップページ、まで含めてURLだから、自動リンクだと切れる
http://yutoseiwodaraku.wiki.fc2.com/

470名無しさん@ピンキー2017/09/27(水) 02:22:34.75ID:nq0c9b3a
ここの「強いられた身代わり」
https://www40.atwiki.jp/odchange/pages/12.html
女教師と不良ギャル生徒の入れ替わり
初めは体だけの入れ替わりだけで二人とも性格や知能はそのままだったが
その後それも入れ替わってしまう
そして二人とも元には戻れないで終わり

471名無しさん@ピンキー2017/09/27(水) 11:08:35.31ID:ITS8lQJn
幸せの扉
http://r13t.blog.fc2.com/blog-entry-144.html
これがめちゃくちゃ好き
淫乱ギャル化も悪くないけど、がっつり絶望して最後は壊れちゃう方がいいかな

472名無しさん@ピンキー2017/09/27(水) 18:04:26.54ID:OdNMNm3O
若返りによる変化が主体だけど「カナコ警官の桃色ランドセル」は
知能低下モノとしてもなかなか面白かったなあ
投下していた掲示板は落ちちゃってるけどアーカイブで拾えるはず

473名無しさん@ピンキー2017/09/27(水) 21:34:00.61ID:LE+MIQ1s
>>469
なるほど
ありがとう

474名無しさん@ピンキー2017/09/27(水) 21:39:22.06ID:LE+MIQ1s
Twitterに該当の画像上がってたな
頭の良い人と悪い人が入れ替わるODネタ

475名無しさん@ピンキー2017/09/28(木) 19:00:33.90ID:q9Keyba/
>>474
kwsk

476名無しさん@ピンキー2017/09/28(木) 21:55:49.28ID:v860FHp/

477名無しさん@ピンキー2017/09/29(金) 13:37:09.99ID:tfmSxU6U
むかしTwitterで頭良さそうなのにだめだめな眼鏡っ娘のイラストがあって裏付け設定考えてた

478名無しさん@ピンキー2017/09/29(金) 18:24:38.22ID:O1wBh7yF
>>476
d
本当にそのまんまで興奮した

479名無しさん@ピンキー2017/10/01(日) 02:59:56.64ID:C8tG4YAe
megawの復帰2作目なかなか良かった

480名無しさん@ピンキー2017/10/02(月) 23:21:22.18ID:R0joNlVG
>>479
本人乙
トレス野郎の作品なんて見るに値しねーわ

481名無しさん@ピンキー2017/10/03(火) 21:16:43.85ID:Hg9xTptJ
反省して謝罪もしてんだから許してやれよ

482名無しさん@ピンキー2017/10/04(水) 00:55:04.13ID:rGBEcvHN
『ギャル化・ビッチ化(淫乱化)調教』や、オムツ等を用いたエイジプレイによる『幼児化調教』とは異なる、『少女化調教』というのを考えてみる。
●考えたネタ
和服の似合う、老舗旅館の美人女将(40歳代)が、借金のために若い資産家(20代)の愛人にされる。
その男の趣味で女将はセーラー服を着せられ、さらには20も年下のその男を「パパ」と呼んで、甘えるような態度を取るよう強制。
だが、今まで女手ひとつで旅館を切り盛りしていた女将は、財力も権力もある男に支配され、支援される安心感に目覚める。
最初は異常な情事に嫌悪感を抱いていた女将だが、やがて精神的にも男に依存し始め、日常でも子供っぽい仕草が増え始める。
・・・ここまで書いたが、エロい展開に持ってくのが難しいな。

483名無しさん@ピンキー2017/10/04(水) 10:27:00.80ID:+l0FA92z
>>481
反省しているなら潔く引退してまた描こうとは思わないんだよなあ・・・

484名無しさん@ピンキー2017/10/04(水) 18:40:06.24ID:OL0vnuqI
>>482
このジャンルは直接的なエロがなくても知能低下した描写があるだけで十分エロいのさ
>>463あたりで挙がった作品も一般的な意味でのエロはまったくない作品多いし

485名無しさん@ピンキー2017/10/04(水) 23:27:06.93ID:WyBxNm4J
>>484
>>482に書いた通り、『ギャル化・ビッチ化・ケバ化(淫乱化)』や、『幼児化』とはまた異なる「強制的に知能低下」ということで、
「年甲斐もなく若い愛人に甘えるマダム」のようなシチュエーションの延長として、『(熟女の)少女化』というのを考えてみたのだが、
どうにもパンチが弱いというか、「知能低下」とは方向が違うような気がしてきたのよ。(自分でネタ振りしておいて申し訳ない。)
セーラー服やブルマの強制着用による『少女化調教』というのも、オムツやベビー服の着用による『幼児化調教』との差別化の為だが、
外見(装い)の変化による羞恥責めがメインとなってしまい、肝心の『知能低下』については「実年齢より精神的に幼くなった」ことを
示すため、「舌足らずな喋り方をする」等でしか表現出来ず、『幼児化』との差別化も出来ていない。
『幼児化』はさせずに、且つ、もっとはっきりと『知能低下』を表現するなら、
「文字は平仮名しか書けなくなり、綴り間違いもするようになる。」
「簡単な計算が出来なくなり、九九も言えず、一桁の足し算も間違えるようになる。」
「にもかかわらず、メイクの仕方等は覚えており、『女』として魅せようとすることは忘れない。」
等といったものになる。
上に挙げた『少女化』は、コスチュームの変化しか見せ場がなく、『知能低下』シチュ全体の中では、添え物にしかならないかなぁ。

486名無しさん@ピンキー2017/10/05(木) 14:01:25.53ID:mWGxxa6l
>>485
早い話『アルジャーノンに花束を』を一度読むべきだって事でFA?

487yuu2017/10/08(日) 22:03:40.51ID:TxZ0xxSB
元々、知識やスキルを活用しているような職業の女性の方が、少女化による知能低下の話は作りやすいかもですね。
例えば、産業スパイの女性を捕まえて、擬似的に平穏な女子高生の生活をさせて、平和ボケさせて知能も低下させて無力化するとか。
催眠術とか洗脳とかと組み合わせるとなんか話ができるかもしれないです。
この話がエロくなるかどうかはよくわかりませんが。

488名無しさん@ピンキー2017/10/09(月) 07:54:46.74ID:0TUXlJYg
もともとアホなビッチギャルがさらにアホになりました、だと別に興奮しないのは確かだな…

489名無しさん@ピンキー2017/10/09(月) 12:18:49.23ID:AuvNuvTY
その落差がいいわけだからねぇ。

490名無しさん@ピンキー2017/10/14(土) 03:54:51.22ID:CV++hfvt
>487
まさにそのシチュに近い、
「さらば麗しの女スパイ」ってタイトルのネット小説が昔あったんだけど、
今は作者のサイトも閉じてインターネットアーカイブにも残ってない状態なんだよなあ

491名無しさん@ピンキー2017/10/22(日) 02:46:24.06ID:9DCyDTiP
そしてまた静かになる

492名無しさん@ピンキー2017/10/29(日) 15:47:36.20ID:+3qv6GIm
大阪府立高校の女子生徒が、生まれつき黒い髪を金髪に染めるよう教師らに強要され
不登校になったとして、府に賠償を求める訴えを起こした。
訴状などによると、大阪府羽曳野(はびきの)市の府立懐風館高校3年の女子生徒(18)に、
生徒指導の教師らが金髪に染めるよう繰り返し強要。
不満を感じながら何度も髪を染めたが、教師らから「不十分」と言われ続け
シルバーアクセサリの着用やタトゥー施術等も強要され、去年9月から不登校を余儀なくされたという。

493名無しさん@ピンキー2017/11/03(金) 21:50:45.53ID:yCNEh3e4
妻や恋人を低脳馬鹿ギャル化調教し、あえて『正妻』ポジから『妾』に貶め、自分だけの淫乱ビッチ愛人として囲うってのは?

494名無しさん@ピンキー2017/12/02(土) 00:34:48.53ID:dtyKZ64g
バカ化ウイルスとかこわいよ

495名無しさん@ピンキー2018/01/10(水) 21:32:03.96ID:QIl7LoE0
該当が欲しい……

496名無しさん@ピンキー2018/01/22(月) 16:07:35.71ID:4l3Cq7zp
差別を無くすことに躍起になった日本は差別される側に優しく出来るように意図的に知能が低下する薬の入ったワクチンを小学校入学時に注射する国となった。
その薬は14〜20歳の間に効果を発現していく。
またその薬が発現するタイミングは国が把握しており発現する前日から2週間は国から派遣された人が動向を見守ったり発現することを伝えたりする。

497名無しさん@ピンキー2018/01/28(日) 00:50:20.39ID:StqoPQvb
>>496
この設定もっと対象年齢上げて
パワハラするエリート女上司が〜ってのでも楽しそう!

498名無しさん@ピンキー2018/01/28(日) 08:54:10.06ID:zh93enBn
誰が書いてくださいwアイデアは提供しますw

499名無しさん@ピンキー2018/03/03(土) 00:37:09.80ID:5Apc+PDU
ドラえもんの秘密道具でしずかちゃんがのび太レベルまで堕ちるとかいう毒電波を受信してしまった

500名無しさん@ピンキー2018/03/05(月) 00:11:12.67ID:3uG3ti8s
>>498
例えば?

501名無しさん@ピンキー2018/03/06(火) 01:42:06.82ID:Hma8YFxN
アイデアを提供してくれれば、とりあえず1つ書きます。

502名無しさん@ピンキー2018/03/06(火) 09:59:36.38ID:g9n228hh
上にかいてあるやつ使ってみたらー

503名無しさん@ピンキー2018/03/18(日) 03:07:56.82ID:iMfh44mP
>>476
こういう作風大好き

504名無しさん@ピンキー2018/03/21(水) 16:36:35.03ID:rEyXb4Zi
やっぱり入れ替わりが好きだわ。
頭悪い子と入れ替わって、どんどん自分もバカになっていくのが分かるみたいな。
今までできてたことができなくなったり、
思考の方法が短絡的になるのがいい。正直ケバ化はどっちでもいい。

505名無しさん@ピンキー2018/03/22(木) 02:24:45.94ID:nEcUi5sk
>>504
そういうシチュは好きだけど、徐々に知能が変わるよりも、
さっきまで馬鹿だった女の子が急に頭が良くなって、
性格や行動パターンも変わって、頭が悪くなった女の子を、
馬鹿にしたり騙したりするシーンが興奮する。
特に頭の中の描写もあった方が良い。
http://hiyokolabo.blog85.fc2.com/blog-entry-28.html#more
これは男女の入れ替わりだけど、女同士バージョンも見てみたい。

506名無しさん@ピンキー2018/03/24(土) 01:16:22.53ID:gfa+nmOV
なんかおすすめ教えて

507名無しさん@ピンキー2018/03/24(土) 17:23:21.71ID:8AdJUHqW
>>450あたりから読めばいくつか挙げられてる

508名無しさん@ピンキー2018/04/05(木) 05:55:23.48ID:UGoAEBSM
優等生がお馬鹿さんになっちゃう小説まだぁ?

509名無しさん@ピンキー2018/04/05(木) 21:09:49.01ID:25ofz0/d
渋とかノクターンとかなろうとかを定期的に知能低下で検索してるけどなかなか増えないものだ
なんか他にいい検索タグがあったりするのかもしれないが

510名無しさん@ピンキー2018/04/05(木) 23:17:28.84ID:CI1SY5EU
しゃーなしで幼児退行、AR、淫乱ですませてる

511名無しさん@ピンキー2018/04/09(月) 03:44:54.59ID:XlaJl5Fs
過去改変ものがもっとあっていい


lud20180424023744cこのスレへの固定リンク: http://2chb.net/r/eroparo/1348387199/
ヒント:2chスレのurlに http://xxxx.2chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

TOPへ TOPへ  

このエントリをはてなブックマークに追加現在登録者数177 ブックマークへ


全掲示板一覧 この掲示板へ 人気スレ | 動画:Youtube fc2 Tube8 xvideo pornhost >50 >100 >200 >300 >500 >1000枚 新着画像

 ↓「強制的に知能低下する女の子の小説->画像>11枚 」を見た人も見ています:
【男女】あべこべ世界妄想スレ【逆転】->動画>10本->画像>29枚
【JS】女子小学生 高学年画像スレPart31【JS】 ©bbspink.com ->動画>8本->画像>625枚
【監禁】囚われた女 3人目【拉致】->->画像>2枚
膨乳・巨乳化・おっぱい改造スレッド 3カップ目->動画>9本->画像>194枚
勝負に負けて犯される->->画像>1枚
女装SS総合スレ 第12話 ©bbspink.com ->->画像>2枚
え!?こんな時間に三次ロリ画像を!? [無断転載禁止]©2ch.net ->動画>4本->画像>56枚
最近韓国人の女子小学生〜中学生の全裸動画がよくアップロードされてるけど向こうで流行ってんの? [無断転載禁止]©2ch.net
妻が他人のオカズにされると興奮する人->動画>16本->画像>38枚
お前らアウロリ放出したらガチで通報してくれる? ->->画像>87枚
【BOINC】書き手も読み手もマターリ参加 22【分散】 (271)
【響け! ユーフォニアム】 で 【エロパロ】 2曲目 [転載禁止]©bbspink.com (77)
【放尿】おしっこしたい【おもらし】 (62)
【画像】JCのクパァ…【あうろり】 ->->画像>52枚
【喪無し限定】XVIDEOSの抜ける日本人動画 Part20 ©bbspink.com ->動画>214本->画像>24枚
ひっそりアウロリ画像スレ [無断転載禁止]©2ch.net ->->画像>3枚
小 学 生 と S E X が し た い 5 4 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>972枚
▼▼▼▼▼真性ブルマーフェチ30枚目▼▼▼▼▼ ©bbspink.com ->動画>12本->画像>315枚
【喪無し限定】XVIDEOSの抜ける日本人動画 Part19 ©bbspink.com ->動画>234本->画像>49枚
女子小中学生の膨らみかけのおっぱいwww->->画像>388枚
女子小学生高学年特有のエッチな私服wwwふともも丸出し、黒ニーモナ男シコらせるエッロいエッロいファッションwww [無断転載禁止]©2ch.net ->->画像>62枚
女子小学生の画像が大量に唐轤黷 [342992884]->動画>2本->画像>103枚
【画像】女子小学生のふくらみかけのおっぱい->->画像>180枚
女子小中学生の膨らみかけのおっぱいんごwwwww->->画像>147枚
女子小中学生の膨らみかけのおっぱい->->画像>208枚
女子小学生エロ画像15枚 女子中学生エロ画像30枚 女子高生エロ画像50どれが欲しい? [無断転載禁止]©2ch.net ->->画像>34枚
【カピゴリ】FC2ライブ カピゴリ先輩専用->動画>5本->画像>37枚
【JS最強】丸本凛【美少女】 ->動画>2本->画像>80枚
【yourfilehost】吐き気のする熟女【俺用メモ】->動画>191本->画像>390枚
☆* 加藤真輝子 Part39 *Jチャン&トリハダ(秘)スクープ*☆©2ch.net->画像>2335枚
【北朝鮮】「われわれに一方的に核の放棄だけを強要しようとするならば、米朝首脳会談に応じるかどうかを再考せざるをえない」★8 ->動画>28本->画像>10枚
妹が小学生だった時マンコむいーって開いて見せ付けてきてた [無断転載禁止]©2ch.net
波瑠->動画>30本->画像>1064枚
テレビに映ったかわいい素人! part23©bbspink.com ->->画像>34枚
今日保存した最高の画像を転載するスレ 756 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>8本->画像>964枚
【DMM.R18】FLOWER KNIGHT GIRL 〜X指定〜 part3263 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>59枚
【2次元】セックス画像総合スレ 4 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>19枚
【イン】子供同士でHしちゃってるスレ84【ピオ】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>4本->画像>261枚
月見里愛莉 ->動画>2本->画像>28枚
パチンコは完全な詐->動画>232本->画像>889枚
【画像あり】沢口靖子さん(50)美脚大賞特別賞を受賞 [736054726]->動画>2本->画像>33枚
【芸柏l】ナチュラルパンストに萌え 26足目【女子アナ】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>40本->画像>719枚
街中でみかけたそそる写真33体目 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>8本->画像>559枚
パンチラ対策のスパッツフェチ集合 ©bbspink.com ->動画>50本->画像>217枚
痴漢されてる画像集めよう!×45 ©bbspink.com ->動画>2本->画像>430枚
【スポーツ】 アスリートの画像スレ 【体育会】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>14本->画像>452枚
女子小学生に大人気 「おっちゃんプレハブ」 [604048985]->動画>2本->画像>39枚
【バック】ω四つん這いの尻最高14ω【ワンワン】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>2本->画像>1827枚
素人の流出画像や動画でオナニー part1 ©bbspink.com ->->画像>35枚
今日保存した最高の画像を転載するスレ 746 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>10本->画像>1162枚
姫初め2008->->画像>1枚
超魅力的な母親のHな画像34 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>2本->画像>424枚
【おしっこ我慢】前押さえフェチ22【おもらし寸前】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>9本->画像>9枚
【夫婦生活】奥さん画像181 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>462枚
このAVの女優の名前教えてくれ! [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>15本->画像>102枚
【夫婦生活】奥さん画像191 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>225枚
中出し(膣内射精)画像総合スレ Part66 (本スレ) [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>4本->画像>2444枚
近藤雅典、寺嶋智美へ業務妨害罪 真知宇 ->->画像>4枚
スクール水着について語ろう Part8 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>21本->画像>736枚
包茎イジメ->->画像>11枚
■ 児童ポルノ 通報・削除(うp女神関係)専用 ■->->画像>7枚
【画像】新宿駅西口に大勢の反安倍が集結してしまう [697536759]->->画像>29枚
着エロ・イメージビデオ総合スレ ©bbspink.com ->動画>88本->画像>444枚
【女装・ハプニングバー】女装子⇔NH⇔女性⇔男性->->画像>11枚
このAV女優の名前教えろください その7 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>15枚
【動画専用】これ誰と聞けば教えてくれるスレ 233 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>11枚

人気検索: 繝弱?繝代Φ 男子中学生 パンツ キメセク キャミ 小学生 xviedes 少女 女子小学生画像 女子小学生マンコ 干してある女子小学生の下着画像 投稿画像 夫婦 女子中学生のまんこ画像 自撮り
22:54:55 up 55 days, 4 min, 4 users, load average: 2.55, 2.36, 2.34

in 0.15956687927246 sec @0.15956687927246@e11 on 072211